(旧版)科学的根拠に基づく「快適な妊娠出産のためのガイドライン」

 
Research Question

 
RQ1 プライマリー施設で分娩しているか

推奨
【推奨の強さ B】 プライマリー施設ほど妊娠期から産後のケアへの満足感が高い。ローリスクの女性は出来るだけプライマリー施設で満足な出産をすることが望ましい。
【推奨の強さ C】 プライマリー施設の医療担当者はリスクを適切に判断して、高次医療機関へ紹介することが安全性と周産期医療全体の観点から薦められる。プライマリー施設におけるリスクの判断方法はリスクスコア1),2),3)(中林班)を参考にすることが望ましい。
【推奨の強さ B】 一方、病院は工夫して、リスクがあっても出来ることから努力して満足度を上げることが薦められる。高次医療機関において満足度の低い項目のうち、コミュニケーション(対応、経過説明、意志尊重、安心)、産痛緩和、助産師による継続ケアや分娩介助、母児同室、母乳育児指導、リスクによっては終始自由姿勢、夫や家族の立ち会い、出産直後の母児対面、早期授乳などを再考することも必要である。



リサーチクエスチョン一覧へ戻る

 

 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す