(旧版)不整脈の非薬物治療ガイドライン(2006年改訂版)

 
III.心臓ペースメーカー

 
(4)徐脈性心房細動

Class I:
  1. 失神,痙攣,眼前暗黒感,めまい,息切れ,易疲労感などの症状あるいは心不全があり,それが徐脈や心室停止によるものであることが確認された場合.それが長期間の必要不可欠な薬剤投与による場合を含む
Class IIa:
  1. 上記の症状があり,徐脈や心室停止を認めるが,両者の関連が明確でない場合
Class IIb:なし

Class III:
  1. 症状のない徐脈性心房細動

失神,痙攣,眼前暗黒感,めまい,息切れ,易疲労感などの症状あるいは心不全の発症が,徐脈ないし心室停止によるものであることを確認することが重要である72,89,91,92,93).可逆的な原因によることが明らかな例は除くが,必要不可欠な薬剤の長期投与によるものも適応を考慮してよい.徐脈と症状との関連が明らかでない場合には,徐脈の程度や心室停止の長さ(参考値:覚醒時心室拍数<40/分,もしくは心室停止>3秒)を考慮するが,ホルター心電図を繰り返し記録して,両者の関連性を追究する必要がある.

 

 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す