(旧版)大腸ESD/EMRガイドライン

 
 本文・書誌情報
※このガイドラインの改訂版が発行されています。

目次
はじめに
本ガイドラインの作成手順
   1)  委員
   2)  エビデンスレベル,推奨度,ショートステートメント
   3)  対象患者
Ⅰ 適応
   1 .基本的な考え方  
   2 .適応病変
   1)  癌を疑わない病変
   2)  癌を疑う病変
Ⅱ 術前診断
   1 .質的診断
   2 .深達度診断
Ⅲ 手技
   1 .ESD/EMR の定義  
   2 .ESD/EMR  
   3 .Non - lifting sign を呈する病変に対する内視鏡治療  
Ⅳ 偶発症
   1 .穿孔への対応
   2 .出血への対応
Ⅴ 内視鏡治療前後の周術期管理
   1 .抗血栓薬について
   2 .前処置
   3 .用意する器具・薬剤
   4 .術後管理
   5 .Postpolypectomy electrocoagulation syndrome
   6 .遅発性穿孔
   7 .後出血
   8 .劇症型壊死性筋膜炎(フルニエ症候群)
Ⅵ 根治性判定
   1 .Tis(M)癌
   2 .T1(SM)癌
Ⅶ 術後経過観察
   1 .局所遺残・再発
   2 .異時性病変
Ⅷ 病理
   1 .検体の取り扱い
   2 .病理所見の記載法
   3 .特殊染色・免疫染色の有用性
利益相反
このページの先頭へ



 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す