特発性正常圧水頭症診療ガイドライン 第3版

 
 第1部 序章 Ⅲ リスクファクター
第1部 診療マネジメント編
序章
リスクファクター

リスクファクター

iNPHのリスクファクターとして,エビデンスレベルの高いものは明らかになっていない。本ガイドラインではiNPHの発症年齢を60歳以上としているが,実際には70~80歳代の高齢者がほとんどで,加齢は明らかなリスクファクターの一つである。

症例対照研究からは,高血圧,糖尿病,低HDLコレステロール血症といった血管障害のリスクファクターや,息こらえ中の頸静脈逆流,緑内障といった静脈系の圧調節異常が,iNPHのリスクファクターとして報告されている1)-5)

最近,本邦の多施設共同研究により,Scm-like with four MBT domains protein 1(SFMBT1)遺伝子多型がiNPHの遺伝的リスクになる可能性が示唆された(オッズ比=7.94,95%CI;2.82-23.79,p=1.8×10-5)図16)7)。その後,この異常はノルウェー,フィンランドの多施設共同研究でもiNPHの遺伝的リスクとして報告された(ノルウエーのiNPH:オッズ比=4.7b,p<0.0001;フィンランドのiNPH:オッズ比=1.9,p=0.0078)8)

SFMBT1蛋白質は,脳室脈絡叢の上皮細胞,脳室壁の上衣細胞,血管内膜の内皮細胞,中膜の平滑筋細胞などに局在しているため,脳脊髄液(CSF)の動態に関与している可能性が示唆されている6)。しかし,SFMBT1遺伝子多型があると,なぜiNPHの発症頻度が高くなるのか,その病態メカニズムは不明である。

図1
SFMBT1遺伝子のイントロン2のコピー数欠失の頻度
(文献7より引用)
[文献]
1)Graff-Radford NR, Godersky JC: Idiopathic normal pressure hydrocephalus and systemic hypertension. Neurology 37: 868-871, 1987
2)Krauss JK, Regel JP, Vach W, et al: Vascular risk factors and arteriosclerotic disease in idiopathic normal-pressure hydrocephalus of the elderly. Stroke 27: 24-29, 1996
3)Kuriyama N, Tokuda T, Miyamoto J, et al: Retrograde jugular flow associated with idiopathic normal pressure hydrocephalus. Ann Neurol 64: 217-221, 2008
4)Jaraj D, Agerskov S, Rabiei K, et al: Vascular factors in suspected normal pressure hydrocephalus: A population-based study. Neurology 86: 592-599, 2016
5)Israelsson H, Carlberg B, Wikkelsö C, et al: Vascular risk factors in INPH: A prospective case-control study (the INPH-CRasH study). Neurology 88: 577-585, 2017
6)Kato T, Sato H, Emi M, et al: Segmental copy number loss of SFMBT1 gene in elderly individuals with ventriculomegaly: a community-based study. Intern Med 50: 297-303, 2011
7)Sato H, Takahashi Y, Kimihira L, et al: A Segmental Copy Number Loss of the SFMBT1 Gene Is a Genetic Risk for Shunt-Responsive, Idiopathic Normal Pressure Hydrocephalus (iNPH): A Case-Control Study. PLoS One 11: e0166615, 2016
8)Korhonen VE, Helisalmi S, Jokinen A, et al: Copy number loss in SFMBT1 is common among Finnish and Norwegian patients with iNPH. Neurol Genet 4: e291, 2018
 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す