特発性正常圧水頭症診療ガイドライン 第3版

 
 第1部 序章 Ⅱ 疫学
第1部 診療マネジメント編
序章
疫学

1-疫学

iNPHは,いずれの症状も高頻度に認められ,多様な病変で起こりうるため,診断が必ずしも容易ではなく,見過ごされる例も多いと考えられる。したがって,iNPHの正確な発生頻度については不確定な部分が存在するため,全国的な調査や地域住民を対象とするコホート研究の実施が望まれてきた。このような背景を基に,近年,iNPHの有病率調査は,hospital-based study以外に,population-based studyによっても行われるようになった。本邦では,いくつかのpopulation-based study1)-7)を基に重要な報告がなされ,有病率は0.2~3.7%,罹患率は年間およそ120/10万人と推定され,iNPHは,高齢者においては比較的頻度の多い疾患であることが明らかとなっている。また,hospital-based study8)-13)によると,受診率は,10万人あたり年間2-10人8)9)13),65~70歳以上に限れば年間30~60人10)13)と報告されている。したがってわが国では年間の発症者の数%~10%未満しか受診していないと推定される。

なお,これらの疫学研究は,調査方法や調査対象,調査年によって,臨床的および統計学的異質性heterogeneityがあることに留意が必要であるが,前回の『特発性正常圧水頭症診療ガイドライン 第2版』に比して,iNPHに関する疫学的裏付けが国内外で飛躍的になされたことは,特筆すべきことである。

2-MRIでiNPHの特徴を有する無症候性脳室拡大(AVIM)

無症状なのに脳MRIでiNPHの特徴を示すものは無症候性脳室拡大(asymptomatic ventriculomegaly with features of iNPH on MRI;AVIM)と呼ばれている14)。AVIMの頻度は,地域在住高齢者の1%14),0.5%15)と報告されている。本邦で行われた地域住民のコホート研究では,8例のAVIMを4~8年間追跡調査した結果,4例(6~12%/年)にiNPHの発症が認められたと報告された14)。その後,本邦で多施設共同研究(hospital-based study)が行われ,52例のAVIMから3年間で27例のiNPHが発症(17%/年)したと報告された16)。したがって,無症状なのに脳MRIでiNPHの特徴を有している人は,iNPHへ進展する可能性が高いので,注意深い経過観察が必要である。

[文献]
1)Hiraoka K, Meguro K, Mori E: Prevalence of idiopathic normal-pressure hydrocephalus in the elderly population of a Japanese rural community. Neurol Med Chir (Tokyo) 48: 197-199; discussion 199-200, 2008
2)Tanaka N, Yamaguchi S, Ishikawa H, et al: Prevalence of possible idiopathic normal-pressure hydrocephalus in Japan: the Osaki-Tajiri project. Neuroepidemiology 32: 171-175, 2009
3)Iseki C, Kawanami T, Nagasawa H, et al: Asymptomatic ventriculomegaly with features of idiopathic normal pressure hydrocephalus on MRI (AVIM) in the elderly: a prospective study in a Japanese population. J Neurol Sci 277: 54-57, 2009
4)Iseki C, Takahashi Y, Wada M, et al: Incidence of idiopathic normal pressure hydrocephalus (iNPH): a 10-year follow-up study of a rural community in Japan. J Neurol Sci 339: 108-112, 2014
5)Nakashita S,Wada-Isoe K, Uemura Y, et al: Clinical assessment and prevalence of parkinsonism in Japanese elderly people. Acta Neurol Scand 133: 373-379, 2016
6)Andersson J, Rosell M, Kockum K, et al: Prevalence of idiopathic normal pressure hydrocephalus: A prospective, population-based study. PLoS One 14: e0217705, 2019
7)Jaraj D, Rabiei K, Marlow T, et al: Prevalence of idiopathic normal-pressure hydrocephalus. Neurology 82: 1449-1454, 2014
8)Vanneste J, Augustijn P, Dirven C, et al: Shunting normal-pressure hydrocephalus: do the benefits outweigh the risks? A multicenter study and literature review. Neurology 42: 54-59, 1992
9)Tisell M, Höglund M, Wikkelsø C: National and regional incidence of surgery for adult hydrocephalus in Sweden. Acta Neurol Scand 112: 72-75, 2005
10)Brean A, Fredø HL, Sollid S, et al: Five-year incidence of surgery for idiopathic normal pressure hydrocephalus in Norway. Acta Neurol Scand 120: 314-316, 2009
11)Klassen BT, Ahlskog JE: Normal pressure hydrocephalus: how often does the diagnosis hold water? Neurology 77: 1119-1125, 2011
12)Muangpaisan W, Petcharat C, Srinonprasert V: Prevalence of potentially reversible conditions in dementia and mild cognitive impairment in a geriatric clinic. Geriatr Gerontol Int 12: 59-64, 2012
13)Kuriyama N, Miyajima M, Nakajima M, et al: Nationwide hospital-based survey of idiopathic normal pressure hydrocephalus in Japan: Epidemiological and clinical characteristics. Brain Behav 7: e00635, 2017
14)Iseki C, Kawanami T, Nagasawa H, et al: Asymptomatic ventriculomegaly with features of idiopathic normal pressure hydrocephalus on MRI (AVIM) in the elderly: a prospective study in a Japanese population. J Neurol Sci 277: 54-57, 2009
15)Nakashita S, Wada-Isoe K, Uemura Y, et al: Clinical assessment and prevalence of parkinsonism in Japanese elderly people. Acta Neurol Scand 133: 373-379, 2016
16)iNPH特発性正常圧水頭症診療ガイドライン 第2版改訂版補足.平成28年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業(難治性疾患政策研究事業)
 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す