(旧版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2006年版

 
 
CQ4 外科的治療法


CQ4-3 膵癌に対する門脈合併切除は予後を改善するか?

【明日への提言】
門脈浸潤の疑われる,あるいは門脈浸潤陽性例に対する場合は,少なくとも動脈浸潤を伴わず,切除断端および剥離面における癌浸潤を陰性にできれば,門脈合併切除により長期生存例の得られることがあると考えられる。

 

 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す