(旧版)褥瘡予防・管理ガイドライン

 
第2章 褥瘡の予防と発生後のケア


褥瘡の予防と発生後のケア Clinical Questions
褥瘡発生後のケア
4.栄養管理


CQ1 褥瘡患者には栄養評価を行ったほうがよいか

推奨
推奨度 C1 栄養評価を実施し、必要な症例に対して栄養管理計画作成を行ってもよい。


【エビデンスレベル】
栄養評価の実施に関しては分析疫学的研究が1つ1あり、エビデンスレベルIVである。

【解説】
  • 褥瘡患者においても個々の症例に対して栄養評価を行い適切な栄養管理を行うことは栄養状態の改善に寄与する1。また、EPUAPのガイドライン2でも推奨されている。

【参考文献】
1. Donini LM, De Felice MR, Tagliaccica A, De Bernardini L, Cannella C. Nutritional status and evolution of pressure sores in geriatric patients. J Nutr Health Aging. 2005;9(6):446-54.
2. ヨーロッパ褥瘡諮問委員会(European Pressure Ulcer Advisory Panel:EPUAP)編著:Nutritional Guidelines for Pressure Ulcer Prevention and Treatment(2003),真田弘美,他 監訳:褥瘡予防と治療のための栄養ガイドライン(非売品).株式会社大塚製薬工場,東京,2007.



CQ2 栄養投与はどのような内容がよいか

推奨
推奨度 B エネルギー必要量に見合ったエネルギーと蛋白質を投与することが勧められる。


【エビデンスレベル】
褥瘡患者に対するエネルギー必要量についてはシステマティック・レビュー12があり、エビデンスレベル I となる。しかし、症例数が少なく、研究デザインが十分でない。

【解説】
  • 栄養介入に関してはいくつかのランダム化比較試験がある3456。褥瘡患者ではエネルギー必要量が増加していることが多い78。蛋白質とエネルギー補給を十分に行うことで褥瘡の治癒に効果があることがいくつかのランダム化比較試験で示されている。ただし、個々のランダム化比較試験の症例数は少なく、ランダム化比較試験のデザインが十分でない。

【参考文献】
1. Langer G, Schloemer G, Knerr A, Kuss O, Behrens J. Nutritional interventions for preventing and treating pressure ulcers. Cochrane Database Syst Rev. 2003;(4):CD003216.
2. Stratton RJ, Ek AC, Engfer M, Moore Z, Rigby P, Wolfe R, Elia M. Enteral nutritional support in prevention and treatment of pressure ulcers: a systematic review and meta-analysis. Ageing Res Rev. 2005;4(3):422-50.
3. Chernoff RS, et al. The eff ect of a very high-protein liquid formula on decubitus ulcers healing in long term tube-fed institutionalised patients. J Am Diet Assoc. 1990;90:A-130.
4. Benati G, Delvecchio S, Cilla D, Pedone V. Impact on pressure ulcer healing of an arginine-enriched nutritional solution in patients with severe cognitive impairment. Arch Gerontol Geriatr Suppl. 2001;7:43-7.
5. Breslow RA, Hallfrisch J, Guy DG, Crawley B, Goldberg AP. The importance of dietary protein in healing pressure ulcers. J Am Geriatr Soc. 1993;41(4):357-62.
6. Ek AC, Unosson M, Larsson J, Von Schenck H, Bjurulf P. The development and healing of pressure sores related to the nutritional state. Clin Nutr. 1991;10(5):245-50.
7. Taylor TV, Rimmer S, Day B, Butcher J, Dymock IW. Ascorbic acid supplementation in the treatment of pressure-sores. Lancet. 1974;2(7880):544-6.
8. Aquilani R, Boschi F, Contardi A, Pistarini C, Achilli MP, Fizzotti G, Moroni S, Catapano M, Verri M, Pastoris O. Energy expenditure and nutritional adequacy of rehabilitation paraplegics with asymptomatic bacteriuria and pressure sores. Spinal Cord. 2001;39(8):437-41.



CQ3 褥瘡患者に特定の栄養素を補給することは有用か

推奨
推奨度 C1 亜鉛、アルギニン、アスコルビン酸などが欠乏しないよう補給することを行ってもよい。


【エビデンスレベル】
褥瘡治癒にかかわる特定の栄養素の効果についてランダム化比較試験123があり、エビデンスレベルIIであるが、いずれも検討症例数が少ない。

【解説】
  • 褥瘡治療における亜鉛、アルギニン、アスコルビン酸投与の有用性を示したランダム化比較試験があるが症例数が少ない。

【参考文献】
1. Stratton RJ, Ek AC, Engfer M, Moore Z, Rigby P, Wolfe R, Elia M. Enteral nutritional support in prevention and treatment of pressure ulcers: a systematic review and meta-analysis. Ageing Res Rev. 2005;4(3):422-50.
2. Taylor TV, Rimmer S, Day B, Butcher J, Dymock IW. Ascorbic acid supplementation in the treatment of pressure-sores. Lancet. 1974;2(7880):544-6.
3. Norris JR, et al. The eff ect of oral zinc sulfate therapy on decubitus ulcer. J Am Geriatr Soc. 1971;19:793-7.



CQ4 褥瘡患者に栄養ケアのコンサルテーションは有用か

推奨
推奨度 C1 栄養に関するコンサルテーションは有用であり、NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)などの栄養ケア専門チームあるいは管理栄養士に相談を行ってもよい。


【エビデンスレベル】
NSTに関する本邦での記述研究が4文献1234あり、エビデンスレベルVである。

【解説】
  • 本邦の文献で70歳以上の高齢の入院患者817例についてのNST活動開始前後の褥瘡発生率を検討しているものがあり、NST活動前では褥瘡発生率が14.9%だったのに対し、活動後2年目には5.85%と約3分の1となったと報告している。他の施設でも同様の報告234がある。NSTが存在しない場合には褥瘡回診にかかわっている管理栄養士に相談する。
  • AHCPR、EPUAPのガイドライン567では栄養士や多職種ケアチームに助言を求めることが推奨されている。

【参考文献】
1. 奥出公美子,東口高志,福村早代子,奥村美香,野地みちる,川端千麻.【栄養療法の経済効果】 栄養療法に基づいた褥瘡管理の経済効果.静脈経腸栄養.2002;17(4):29-33.
2. 大檐克也,磯崎泰介,米川 修,鈴木一史,熊谷富子,古橋啓子,埋田聖子,石津こずゑ,松井乃利子,名倉祐子.NST活動の経済効果について.聖隷浜松病院医学雑誌.2004;4(1):23-7.
3. 當麻俊彦,北西正光,長谷川潔.大腿骨頸部骨折治療におけるnutrition support teamの関わり.中部日本整形外科災害外科学会雑誌.2005;48(4):659-60.
4. 小原 仁,栗原裕子,土肥 守.療養型リハビリテーション病棟におけるNutrition Support Teamによる栄養管理の有用性.医療.2005;59(6):300-5.
5. Robinson G, Goldstein M, Levine GM. Impact of nutritional status on DRG length of stay. JPEN J Parenter Enteral Nutr. 1987;11(1):49-51.
6. ヨーロッパ褥瘡諮問委員会(European Pressure Ulcer Advisory Panel:EPUAP)編著:Nutritional Guidelines for Pressure Ulcer Prevention and Treatment(2003),真田弘美,他 監訳:褥瘡予防と治療のための栄養ガイドライン(非売品).株式会社大塚製薬工場,東京,2007.
7. US Department of Health and Human Services. Public Health Service, Agency for Health Care Policy and Research. Panel on the Prediction and Prevention of Pressure Ulcers in Adult. "Pressure Ulcers in adult: Prediction and Prevention. Quick Reference Guide for Clinicians." AHCPR Publication, Rockville, Maryland. 1992;No92-0050.

 

 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す