(旧版)褥瘡予防・管理ガイドライン

 
第1章 褥瘡の概要


褥瘡の疫学
1.有病率・推定発生率
2006年6月に日本褥瘡学会が公表した方法3を用いて算出された。褥瘡有病率は、病院0.96〜3.32%、介護老人福祉施設2.47%、介護老人保健施設2.67%、訪問看護ステーション8.32%であった。施設別褥瘡推定発生率は、病院0.60〜1.76%、介護老人福祉施設1.66%、介護老人保健施設1.87%、訪問看護ステーション6.27%であった(表1

表1 調査施設における褥瘡有病率・推定発生率
施設区分 有病率(%) 推定発生率(%)
一般病院 2.24 1.31
一般病院1 3.32 1.76
大学病院 1.46 0.98
精神病院 0.96 0.60
介護老人福祉施設 2.47 1.66
介護老人保健施設 2.67 1.87
訪問看護ステーション 8.32 6.27
1:療養病床を有する一般病院

 

 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す