(旧版)胃癌に対するESD/EMRガイドライン

 
本文・書誌情報
※このガイドラインの改訂版が発行されています。
目次
はじめに
日本消化器内視鏡学会ガイドライン作成の基本理念
本ガイドライン作成の手順
   1) 委員
   2) エビデンスレベル,推奨度,ショートステートメント
   3) 評価の手順
   4) 対象
Ⅰ 適応
   1 .基本的な考え方
   2 .適応病変
   3 .適応外とされる病変
Ⅱ 術前診断
   1 .適応を決定するための診断
   2 .切除範囲を決定するための診断
Ⅲ 手技
Ⅳ 根治性の評価
   1 .治癒切除
   2 .非治癒切除
Ⅴ 偶発症
   1 .術中出血の対応
   2 .後出血の予防
   3 .穿孔の対応
Ⅵ 術後長期経過
   1 .治療後経過観察
   2 .ヘリコバクター・ピロリ菌除菌
Ⅶ 病理
   1 .切除標本の処理
   2 .病理所見の記載方法
利益相反
資金
このページの先頭へ
 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す