(旧版)大腿骨頚部/転子部骨折診療ガイドライン

 
第8章 大腿骨頚部/転子部骨折の周術期管理

 


8.6 術後全身管理
8.6.1 術後合併症とその頻度は

解 説
術後合併症としては肺炎が3.2%と最も多く、ついで心不全である。
入院中の死亡原因となる合併症として肺炎が30〜44%で最も多い。

エビデンス
525例中何らかの術後合併症は44%に発生した。精神障害9.3%、肺炎3.2%、循環器疾患4.4%で、術後1年以内の死亡率3.6%であった。術後肺炎の発症は17例(FJ00577, EV level IV)。
246例中院内死亡例16例で、このうち7例(44%)が肺炎、次いで心不全が原因(FJ00968, EV level IV)。
92例中術後平均5年間(6〜93ヵ月)の追跡調査で死亡例27例中8例(30%)が肺炎、5例が悪性腫瘍、4例は腎不全が原因。これをシュミレーションすると、12ヵ月で16.3%死亡する(FJ01607, EV level IV)。
364例中入院後6ヵ月以内の早期死亡例22例中13例が肺炎または心不全が原因(FJ01830, EV level IV)。

文 献
1) FJ00577 鈴木聡美,田畑美織,村井邦彦ほか:高齢者大腿骨頸部骨折手術525症例の術前・術後合併症の検討.麻酔 1999;48:528-533
2) FJ00968 長久保淳子,猪股洋一郎,宮林宏:大腿骨近位部骨折手術例の治療成績 院内死亡例の検討.整形外科 1996;47:1501-1504
3) FJ01607 水野保幸,楊鴻生,根来秀明:高齢者大腿骨頸部骨折における術前の全身状態と生命予後との関係.整形外科 1992;43:925-928
4) FJ01830 後藤琢也,賀茂和典,中尾祥史:高齢者大腿骨頸部骨折患者における早期死亡例の検討.日災医会誌 1991;39:611-615

 

 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す