「科学的根拠(evidence)に基づく白内障診療ガイドラインの策定に関する研究」厚生科学研究補助金(21世紀型医療開拓推進研究事業:EBM分野)

 
V.糖尿病白内障
 
文献 Ev level 対象患者と研究施設 目的と方法 結 果
Hennis A, Wu SY, Li X, Nemesure B, Leske MC: Lens opacities and mortality : the Barbados Eye Studies. Ophthalmology 108 (3): 498-504, 2001 II3427名、40-84歳、黒人
Barbados Eye Study
黒人における白内障と死亡率の関係を白内障のタイプによって評価すること。
4年間の追跡
細隙灯顕微鏡による眼検査(LOCSII分類)死亡率
コックス比例ハザード回帰分析
死亡原因は心臓疾患(3.6%)、悪性腫瘍(1.4%)の順で高かった。白内障のタイプでは、死亡率は、混合型(20.9%)、核混濁のみ(8.8%)、皮質混濁のみ(6.0%)の順であった。混合型白内障と同時に糖尿病を有する人は死亡率が2.7倍に上がる。
Zaczek A, Zetterstrom C: Posterior capsule opacification after phacoemulsification in patients with diabetes mellitus. J Cataract Refract Surg 25 (2): 233-237, 1999 III糖尿病者26名と対照の非糖尿病者26例(緑内障、ぶどう膜炎、極大散瞳瞳孔径6mm以下は除く。)
St.Erik Eye Hospital、ストックホルム
超音波乳化吸引術とヘパリン皮膜眼内レンズ挿入術後の後発白内障を糖尿病者と非糖尿病者で比較すること。
術後1年と2年にScheimptlugカメラで撮影した徹照画像(Nidek前眼部解析装置)の評価によって後嚢混濁を5段階に分類した。
Mann-Whitney 検定 Kruskal-Wallis 検定
後発白内障は、1年以内では両者に差はなかった。1年から2年では、糖尿病者の方が優位に低く、網膜症の程度が強いと発症率も低い。
Kruger AJ, Schauersberger J, Petternel V, Amon M: Inflammation after phacoemulsification in patients with type 2 diabetes mellitus without retinopathy: prospective study. J Cataract Refract Surg 25 (2): 227-232, 1999 III網膜症のない非インスリン依存性糖尿病者40名と年齢調整対照群40名
ウイーン大学眼科
角膜切開白内障手術後の炎症を、糖尿病患者と非糖尿病者において比べること。
術前と術後1、3、7、14および28日の非散瞳眼の前房フレアをレザーフレア細胞計で測定
FC-1000(Kowa)フレアメーター
Student's t-test
前房フレアおよび細胞数は術翌日が最大となった。術後28日後にも術前より高かった。両群に差はなかった。
Raskauskas PA, Walker JP, Wing GL, Fletcher DC, Elsner AE: Small incision cataract surgery and placement of posterior chamber intraocular lenses in patients with diabetic retinopathy. Ophthalmic Surg Lasers 30 (1): 6-11, 1999 IV糖尿病症例154眼。
開業医個人施設
小切開PEA白内障眼内レンズ挿入術が糖尿病症例におよぼす影響を見ること。
スネレン視力のみ。
術後6ヵ月以上経過した症例での最終視力は、スネレン視力で2段階以上上昇したのは154眼中61眼(40%)、悪化したのは38眼(25%)であった。
Leske MC, Wu SY, Hennis A, Connell AM, Hyman L, Schachat A: Diabetes, hypertension, and central obesity as cataract risk factors in a black population. The Barbados Eye Study. Ophthalmology 106 (1): 35-41,1999 III4314名、40-84歳、黒人
Barbados Eye Study
糖尿病、高血圧、肥満と白内障混濁の型との関係を調べること。
加齢性水晶体変化(LOCSII分類でグレード2以上)
ロジスティック回帰
オッズ比(OR)
糖尿病では皮質白内障が起こる。ORは60歳未満では2.30、60歳以上では1.63であった。糖尿病では後嚢下白内障もよく見られた。
Klein BE, Klein R, Lee KE: Diabetes, cardiovascular disease, selected cardiovascular disease risk factors, and the 5-year incidence of age-related cataract and progression of lens opacities: the Beaver Dam Eye Study. Am J Ophthalmol 126 (6): 782-790, 1998 II3684名、43-84歳
Beaver Dam Eye Study
糖尿病と心臓血管病患者の白内障発症を5年間調査すること
スリットランプ写真と徹照写真
カイ二乗検定 ロジスティック回帰
糖尿病では皮質白内障、後嚢下白内障がもっともよく見られた。糖化ヘモグロビンの上昇は、核白内障および皮質白内障の危険率を増加させた。後嚢下白内障に関しては、症例が少なく有意差はなかった。
Wagner T, Knaflic D, Rauber M, Mester U: Influence of cataract surgery on the diabetic eye: a prospective study. Ger J Ophthalmol 5 (2): 79-83, 1996 III223例223眼。そのうち、158例は糖尿病網膜症無し。45例は非増殖網膜症。20例は光凝固治療後の重症網膜症。対照は非手術眼。
Augenklinik der Bundesnappschaft
PEA+IOL白内障手術後の糖尿病網膜症の経過を見ること。
観察期間は6ヵ月間(205例)。
視力と検眼鏡的観察。
特に無し。
術前糖尿病網膜症無しで非増殖網膜症を発症したもの手術眼18.4%、非手術眼14.3%。
術前非増殖網膜症で進行したもの手術眼27.6%、非手術眼29.3%。 94.1%で視力は改善。2.4%悪化。3.4%不変。
Ninn-Pedersen K, Stenevi U: Cataract patients in a defined Swedish population 1986-90: VII Inpatient and outpatient standardised mortality ratios. Br J Ophthalmol 79 (12): 1115-1119, 1995 III1986年から1990年までLund大学にて白内障手術を受けた患者5120例
スウェーデンLund大学
白内障手術を受けた患者の死亡率が高いかどうかを知ること。
死亡率をスウェーデンの一般死亡率と比較した
Fisherの正確検定, Rao's score statistics, Cox's regression for life tables
入院患者は外来患者より死亡率は高かった。若年者および糖尿病患者では正常者の死亡率に比べ死亡率は高かった。老齢者では差はなかった。心臓血管病が若年者の死亡の大きな原因であった。
Klein BE, Klein R, Moss SE: Incidence of cataract surgery in the Wisconsin Epidemiologic Study of Diabetic Retinopathy. Am J Ophthalmol 119 (3): 295-300, 1995 IIウイスコンシン州の住民で糖尿病患者2990名、30歳以下で診断された若年発症糖尿病患者1210名、30歳以上で診断された高齢発症糖尿病患者1780名
ウイスコンシン大学眼科
糖尿病患者が白内障手術を受けた率の住民調査
試験開始後4年と10年に再検査し、白内障摘出術の発生率を記録
細隙灯顕微鏡の観察
Mentel-Haenszel 検定
10年間での白内障発症率は30歳以下で診断された糖尿病患者では8.3%、30歳以上で診断された糖尿病患者では24.9%であった。前者での統計的に有意な危険因子は、年齢、網膜症の重症度、蛋白尿であった。後者では、年齢とインスリンの使用であった。
Ionides A, Dowler JG, Hykin PG, Rosen PH, Hamilton AM: Posterior capsule opacification following diabetic extracapsular cataract extraction. Eye 8 (Pt 5): 535-537, 1994 III糖尿病90例(網膜症無し37例、非増殖糖尿病網膜症35例、停止増殖糖尿病網膜症18例)、非糖尿病症例263例
Moorfield Eye Hospital
PEA白内障術後の後嚢混濁を糖尿病と非糖尿病症例で比較すること
Kaplan-Mayer survival 分析 Mantel-Haenszel 検定
後発白内障の発生頻度は、糖尿病網膜症を有する症例では有意に非糖尿病症例より高かった。非増殖および停止増殖糖尿病網膜症症例は、網膜症なし糖尿病症例より高い傾向にあった。
Harding JJ, Egerton M, van Heyningen R, Harding RS: Diabetes, glaucoma, sex, and cataract: analysis of combined data from two case control studies. Br J Ophthalmol 77 (1): 2-6, 1993 II住民のうち糖尿病723例、非糖尿病1217例、50-79歳
Oxford Eye Hospital
Oxfordshire州住民の白内障発症率を糖尿病の有無によって調べること。
2つの症例対照研究のデータを解析
糖尿病症例の97%、非糖尿病症例の94%が調査できた。
面接票による質問形式
カイ二乗検定。
オッズ比
糖尿病は白内障の大きなリスクファクターである(オッズ比 5.04)。
理由は不明であり、有意さも無いが、女性のほうが男性より発症率が高かった。
Leske MC, Chylack LT Jr, Wu SY: The Lens Opacities Case-Control Study. Risk factors for cataract. Arch Ophthalmol 109 (2): 244-251, 1991 IV眼科外来患者1380名、40-79歳
マサチューセッツEye and Ear Infirmary
年齢による核、皮質、後嚢下、混合型白内障の危険因子を調べること。
LOCS分類による白内障の観察
ロジスティック回帰 Mantel-Haenszel 検定
糖尿病は後嚢下、皮質および混合型白内障の発症率を増加させた。
Knorz MC, Soltau JB, Seiberth V, Lorger C: Incidence of posterior capsule opacification after extracapsular cataract extraction in diabetic patients. Metab Pediatr Syst Ophthalmol 14 (3-4): 57-58, 1991 IV786症例939眼、202眼が糖尿病者
ハイデルベルグKlinikum Mannheim眼科
嚢外白内障摘出術(ECCE)後の後発白内障の頻度を見る。
平均観察期間26.3ヵ月
細隙灯検査
カイ二乗検定
糖尿病者の202眼のうち、21.8%が後発白内障を発症した。他に眼病の無い371眼では、発症率33.4%であった。年齢、性、近視、ぶどう膜炎、緑内障は無関係であった。
Mittra RA, Borrillo JL, Dev S, Mieler WF, Koenig SB: Retinopathy progression and visual outcomes after phacoemulsification in patients with diabetes mellitus. Arch Ophthalmol 118 (7): 912-917, 2000 III糖尿病者119例(150眼)、平均年齢62.2歳
ウイスコンシン大学
Eye Institute
PEA白内障手術後に網膜症が悪化するかどうかを調べること。
観察期間5年。
視力。眼底検査。
Fisher Exzct 検定
t検定
一変量およびステップワイズ多変量ロジスティック回帰解析
視力2段階以上上昇は117眼(78%)。 網膜症悪化は37眼(25%)。
Dowler JG, Hykin PG, Hamilton AM: Phacoemulsification versus extracapsular cataract extraction in patients with diabetes. Ophthalmology 107 (3): 457-462, 2000 III糖尿病患者で両眼白内障の46名
ロンドンMoorfields Eye Hospital
糖尿病患者のおける超音波白内障手術(PEA)と通常の嚢外白内障手術後の視力予後を比較。
ランダムに決定した片眼に、シリコン眼内レンズを用いたPEA、他眼に7mmポリメチルメタクリレート眼内レンズを用いた嚢外白内障手術を行った。
視力、術後炎症、PCO、臨床的に有意な黄斑浮腫(CSME)の発症頻度
超音波白内障手術後のほうが、術後炎症は少なく、PCOの頻度は少なかった。術後のCSME、網膜症の進展には両者に差はなかった。1年後の視力は、超音波手術の方がよかった。手術時のCSMEの存在が最も視力に影響を与えた。
 
ページトップへ

ガイドライン解説

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す

診療ガイドライン検索

close-ico
カテゴリで探す
五十音で探す