HOME » Mindsについて » 診療ガイドライン評価選定方法

診療ガイドライン評価選定方法

医療情報サービス事業 Minds(マインズ)では、日本で公開された診療ガイドラインを収集し、評価選定を行います。選定された診療ガイドラインの書誌情報をMindsホームページに公開します。さらに、著作者・出版社の承諾が得られた場合には、診療ガイドラインをMindsホームページ上へ順次掲載します。

Mindsの診療ガイドライン評価選定は以下の手順で行われます。

検索収集した文献から、二段階のスクリーニングを経て、診療ガイドライン評価ツールであるAGREE II(Appraisal of Guidelines for Research&Evaluation II)の評価対象となるガイドラインが絞り込まれます。

AGREE IIの評価項目は、6つの観点(@対象と目的、A利害関係者の参加、B作成の厳密さ、C提示の明確さ、D適用可能性、E編集の独立性)と全体評価から成り、ガイドラインの作成方法に焦点を当てた評価が行われます。

参考情報: AGREE II英語オリジナル版

上記のAGREE II評価結果を資料とし、外部有識者を中心に構成された専門部会である診療ガイドライン選定部会にて診療ガイドラインの選定が行われます。