ガイドライン

(旧版)変形性股関節症診療ガイドライン

書誌情報
第6章 人工股関節全置換術(THA)


Research Question 7
高度架橋ポリエチレンはポリエチレンの耐摩耗性を改善したか

推奨
Grade C 高度架橋ポリエチレンを使用したTHAは,従来型ポリエチレンを使用したTHAと比較して同等の臨床成績を示し,X線学的には有意に低摩耗を示した.


解説
現在,種々のhighly cross-linked polyethylene(高度架橋ポリエチレン)が臨床上使用されている.工程として(1)γ線あるいは電子線(e-beam)を照射すること,(2)熱処理を加えること,の2つの特徴を有する.高度架橋ポリエチレンを使用したTHAの中期臨床成績は,従来型ポリエチレンを使用したTHAと同等であり,X線学的検討では有意に摩耗が少ないとする中等度のエビデンスがある(HF10595HF11891HF11893HF11889HF11888).しかし,長期成績については不明であるため推奨GradeはCとした.

  照射温度 照射量(γ) 照射線 熱処理 滅菌 総照射量(γ)
Longevity 〜40℃ 10 e-beam melted GP 10
Durasul 〜125℃ 9.5 e-beam melted EOG 9.5
Marathon RM 5 γ melted GP 5
Crossfire RM 7.5 γ annealed γ 10.5
XLPE RM 10 γ melted EOG 10
Aeonian RM 4 γ annealed γ 6.5
RM; room temperature, GP; gas plasma, EOG; ethylene oxide gas


サイエンティフィックステートメント
  • 高度架橋ポリエチレンは術後経過観察期間2〜5.7年で,従来型ポリエチレンに比べて有意に低摩耗性を示したとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).


エビデンス
  • セメント非使用ソケットのハイブリッドTHA 64関節とセメント使用THA 61関節を,無作為に2種類の高度架橋ポリエチレン(Longevity,Durasul)使用と非使用の2群に割り付けradiostereometry analysisにより摩耗とソケットの移動を計測した.経過観察期間はハイブリッドTHA群で2年,セメント使用THA群で3年であり,ソケットの移動に両群間に有意差はなかった.ハイブリッドTHA群では経過観察期間1〜2年での摩耗が,高度架橋ポリエチレンで有意に小さく,セメント使用THA群では経過観察期間3年において,高度架橋ポリエチレン群において摩耗が有意に小さかった(HF10595, EV level-IV).
  • 高度架橋ポリエチレン(Crossfire)使用THA 40関節に性,年齢,BMIをマッチさせた従来型ポリエチレン使用40関節を対照として摩耗を比較すると,平均47ヵ月で,高度架橋ポリエチレンでは,0.05mm/年(0.01〜0.09)であったのに対し従来型ポリエチレンでは0.12mm/年(0.02〜0.29)であり,有意に高度架橋ポリエチレンで摩耗が少なかった(HF11891, EV level-IV).
  • 高度架橋ポリエチレン(Durasul)使用THA 37関節に性,年齢,BMIをマッチさせた従来型ポリエチレン使用37関節を対照として摩耗を比較すると12週以内での摩耗には差がなかったが,12週以降の年間線摩耗は高度架橋ポリエチレン0.029±0.02mm/年,従来型ポリエチレン0.065±0.03mm/年と有意に高度架橋ポリエチレンが低摩耗を示した(HF11893, EV level-IV).
  • 高度架橋ポリエチレン(Crossfire)使用THAで最低4年(平均5年)追跡可能であった56関節とマッチさせた従来型ポリエチレン使用THA53関節を比較したところ,年間線摩耗は高度架橋ポリエチレン0.055mm/年,従来型ポリエチレンで0.138mm/年であり,高度架橋ポリエチレンは有意に低摩耗であった.またソケット周囲の骨透亮像も高度架橋ポリエチレンで有意に少なかった(HF11889, EV level-IV).
  • 高度架橋ポリエチレン(Marathon)使用THA 116関節と従来型ポリエチレン使用114関節に無作為に2群に分けて,年間線摩耗を術後平均5.7年で比較すると,高度架橋ポリエチレンでは,0.01±0.07mm,従来型ポリエチレンでは0.20±0.13mmと有意に高度架橋ポリエチレン使用THAにおいて摩耗が少なかった.また,骨溶解の発生頻度は高度架橋ポリエチレンで24%であったのに対し従来型ポリエチレンでは57.8%と,高度架橋ポリエチレンで有意に発生が少なかった(HF11888, EV level-IV).


文献

1) HF10595 Digas G, Kärrholm J, Thanner J, Malchau H, Herberts P. The Otto Aufranc Award. Highly cross-linked polyethylene in total hip arthroplasty: randomized evaluation of penetration rate in cemented and uncemented sockets using radiostereometric analysis. Clin Orthop Relat Res. 2004;(429):6-16.
2) HF11891 Krushell RJ, Fingeroth RJ, Cushing MC. Early femoral head penetration of a highly cross-linked polyethylene liner vs a conventional polyethylene liner: a case-controlled study. J Arthroplasty. 2005;20(7 Suppl 3):73-6.
3) HF11893 Dorr LD, Wan Z, Shahrdar C, Sirianni L, Boutary M, Yun A. Clinical performance of a Durasul highly cross-linked polyethylene acetabular liner for total hip arthroplasty at five years. J Bone Joint Surg Am. 2005;87(8):1816-21.
4) HF11889 D'Antonio JA, Manley MT, Capello WN, Bierbaum BE, Ramakrishnan R, Naughton M, Sutton K. Five-year experience with Crossfire highly cross-linked polyethylene. Clin Orthop Relat Res. 2005;441:143-50.
5) HF11888 Engh CA Jr, Stepniewski AS, Ginn SD, Beykirch SE, Sychterz-Terefenko CJ, Hopper RH Jr, Engh CA. A randomized prospective evaluation of outcomes after total hip arthroplasty using cross-linked marathon and non-cross-linked Enduron polyethylene liners. J Arthroplasty. 2006;21(6 Suppl 2):17-25.


書誌情報