ガイドライン

(旧版)変形性股関節症診療ガイドライン

書誌情報
第6章 人工股関節全置換術(THA)


Research Question 1
THAはQOLの向上に有効か

推奨
Grade B THAはQOLや歩行能力の改善に有効である.


背景
THAの治療効果は,わが国では日本整形外科学会股関節機能判定基準,海外ではHarris hip scoreやMerle d'Aubigné-Postel hip scoreなどの評価尺度を用い,疼痛や身体機能の改善効果を中心に医師が評価・判定を行ってきた.近年,患者の日常生活機能や満足度の評価の重要性が高まるとともに,THAの治療効果も患者自身が質問紙に自己記入で回答する健康関連QOL尺度の重要性が指摘されている.健康関連QOL尺度は,身体機能から心の健康にわたり広い領域を対象とするMOS Short-Form-36 Item Health Survey(SF-36)などの包括的健康尺度と,関節症などの特定の疾患に特化したWestern Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC)などの疾患特異的尺度の大きく2つに分類される.


解説
THAの日常生活機能などにおける治療効果は,代表的な健康関連QOL尺度(HF11643HF10913HF10826HF10827)をはじめスポーツ活動レベル(HF10240)や心肺機能(HF10840),満足度評価(HF10002)などのさまざまな指標を用い多角的に検討されているが,術後経過観察期間が5年以内の比較的短い研究報告が多く,THAを施行せずに経過観察された対照群と厳密に比較検討された報告例は乏しい.しかし,進行期および末期の変形性股関節症(股関節症)の自然経過(第1章RQ8を参照)を考慮すると,術後の日常生活機能に関する各指標で術前と比較して有意な改善効果が認められることから,THAはQOLの改善に有効であると結論した.QOLの改善度に関しては,術前のQOLスコアや患者年齢,手術待機期間などの影響因子が検討されている(HF11643HF10644HF10252HF10317).


サイエンティフィックステートメント
  • THA施行後3ヵ月から5年の調査で,QOL・歩行機能・スポーツ活動・心肺機能・満足度が向上したとする中等度のエビデンスが複数ある(EV level-IV).
  • THA術前のQOLが低い症例や手術妥当基準を満たさない症例は,QOLが高い症例や手術妥当基準を満たす症例に比べ,術後もQOLが有意に低いとする中等度のエビデンスが複数ある(EV level-IV).


エビデンス
  • 一次性股関節症で片側にTHAを受けた148例において,術前,術後3ヵ月・6ヵ月・12ヵ月にSF-36とWOMACを調査した.術後12ヵ月では術前に比べ,WOMACのすべてのsubscale(p<0.001),および全体的健康感以外のSF-36のすべてのsubscaleで有意に改善した.術後12ヵ月調査時,72歳以下の患者は73歳以上の患者より,WOMAC身体機能スコア(p=0.004)と体の痛み以外のSF-36のsubscale(p=0.002-0.04)での改善は有意に良好であった.術前のスコアが良い患者(上位1/4)は,スコアの悪かった患者(下位1/4)に比べ,術後1年の改善率は有意に高かった(p<0.0001)(HF11643, EV level-IV).
  • 股関節症患者188例で,THAの健康関連QOLに及ぼす影響をWOMACなど各種の健康関連QOLスコアおよび6-minute walk testを用い,術後2年まで調査した.術後3ヵ月に顕著な健康関連QOLと6-minute walk testの改善がみられ,改善効果は術後2年まで維持されていた(HF10913, EV level-IV).
  • 片側THA施行85例,片側人工膝関節全置換術(TKA)施行93例,および両側同時TKA施行65例のQOLの変化を術後6ヵ月,1年,2年にSF-36にて調査した.術後6ヵ月で有意にQOLの改善を認めたが,片側THA,片側TKA,両側同時TKA施行群で差は認めなかった(HF10826, EV level-IV).
  • THAまたはTKAを受けた114例を対象に術後2年のSF-36スコアの改善を調査し,術前のSF-36スコアから術後QOLの予測ができるかを検証した.SF-36スコアは術後有意に改善したが,術前SF-36スコアとの相関は弱く,術後QOLの予測指標とはならなかった(HF10827, EV level-IV).
  • 76歳以下のTHA患者420例とTKA患者389例の術後5年のスポーツ活動レベルを調査した.週1時間以上のスポーツ活動を行っている患者の割合は,THA患者では術前36%から術後52%に改善し,TKA患者は術前42%から術後34%に低下し,THAで改善効果を認めた.年齢,術前および生涯のスポーツ活動レベルが有意な影響因子で,患者がスポーツ活動を制限する主観的理由としては患部疼痛,他部位疼痛,医師による注意指示が主なものであった(HF10240, EV level-IV).
  • 股関節症に対するTHA施行群30例および変形性膝・股関節症に対する保存療法施行群18例に術前,術後6ヵ月,1年,2年に心肺機能を調査した.THA群で術後6ヵ月以降に有意な改善を認めたが,保存療法施行群は有意な低下を認めた(HF10840, EV level-IV).
  • セメントレスTHA365例の退院時および術後3ヵ月後にHarris hip scoreおよび研究のために作成された満足度質問(Satisfaction Questionnaire)を調査した.満足度調査は,手術により機能と日常活動は増加したか,手術の結果に満足しているか,などの6項目の質問から構成された.退院時および術後3ヵ月の追跡評価時において,満足度質問調査での全体的な満足レベルは非常に高かった(HF10002, EV level-IV).
  • THAを予定された股関節症患者99例で,手術までの待機期間が,術後平均4ヵ月の健康関連QOL(WOMAC)と移動能力(6-minute walk)に及ぼす影響を検討した.紹介後6ヵ月以内に手術を施行した短期間待機患者は,6ヵ月より長く待機していた長期間待機患者より,紹介時におけるWOMACのtotal index(p=0.002)と移動能力が有意に不良であったが,健康関連QOLの改善度が有意に高く,術後評価時の健康関連QOLと移動能力に有意な差はなかった(HF10644, EV level-IV).
  • 784例のTHA患者を対象に,独自の手術妥当性基準(年齢,骨質,手術リスクなどから判定)の手術後QOL改善度に対する影響を検証した.THA手術適応が妥当と判断された患者は,妥当と判断されなかった患者に比べ,術後6ヵ月のWOMACスコアの3分類(疼痛,機能制限,こわばり),SF-36の身体機能,日常役割機能-身体,身体の痛み,社会生活機能の分類で,改善効果が高かった(HF10252, EV level-IV).
  • THAまたはTKAを施行する変形性関節患者222例の調査で,術前のWOMACで身体機能が低い群は,高い群に比べ術後6ヵ月の身体機能スコアが低かった(HF10317, EV level-IV).
  • THAまたはTKAを施行した107例で,憂うつ,不安,疼痛,活動性,非公式のサポートおよび公式サービスの利用を術前,術後3ヵ月,9ヵ月に調査した.術後に,有意な不安と疼痛の改善および活動レベルの上昇が認められた.術後に介助が必要な行為は減少したが,公式サービスの利用と家族,友人などによる援助は,術後3ヵ月,9ヵ月とも増加した(HF11155, EV level-IV).


文献

1) HF11643 Nilsdotter AK, Lohmander LS. Age and waiting time as predictors of outcome after total hip replacement for osteoarthritis. Rheumatology (Oxford). 2002;41(11):1261-7.
2) HF10913 Laupacis A, Bourne R, Rorabeck C, Feeny D, Wong C, Tugwell P, Leslie K, Bullas R. The effect of elective total hip replacement on health-related quality of life. J Bone Joint Surg Am. 1993;75(11):1619-26.
3) HF10826 Ritter MA, Albohm MJ, Keating EM, Faris PM, Meding JB. Comparative outcomes of total joint arthroplasty. J Arthroplasty. 1995;10(6):737-41.
4) HF10827 McGuigan FX, Hozack WJ, Moriarty L, Eng K, Rothman RH. Predicting quality-of-life outcomes following total joint arthroplasty. Limitations of the SF-36 Health Status Questionnaire. J Arthroplasty. 1995;10(6):742-7.
5) HF10240 Huch K, Müller KA, Stürmer T, Brenner H, Puhl W, Günther KP. Sports activities 5 years after total knee or hip arthroplasty: the Ulm Osteoarthritis Study. Ann Rheum Dis. 2005;64(12):1715-20. Epub 2005 Apr 20.
6) HF10840 Ries MD, Philbin EF, Groff GD, Sheesley KA, Richman JA, Lynch F Jr. Effect of total hip arthroplasty on cardiovascular fitness. J Arthroplasty. 1997;12(1):84-90.
7) HF10002 Fortina M, Carta S, Gambera D, Crainz E, Ferrata P, Maniscalco P. Recovery of physical function and patient's satisfaction after total hip replacement (THR) surgery supported by a tailored guide-book. Acta Biomed. 2005;76(3):152-6.
8) HF10644 Mahon JL, Bourne RB, Rorabeck CH, Feeny DH, Stitt L, Webster-Bogaert S. Health-related quality of life and mobility of patients awaiting elective total hip arthroplasty: a prospective study. CMAJ. 2002;167(10):1115-21.
9) HF10252 Quintana JM, Escobar A, Arostegui I, Bilbao A, Azkarate J, Goenaga JI, Arenaza JC. Health-related quality of life and appropriateness of knee or hip joint replacement. Arch Intern Med. 2006;166(2):220-6.
10) HF10317 Fortin PR, Clarke AE, Joseph L, Liang MH, Tanzer M, Ferland D, Phillips C, Partridge AJ, Bélisle P, Fossel AH, Mahomed N, Sledge CB, Katz JN. Outcomes of total hip and knee replacement: preoperative functional status predicts outcomes at six months after surgery. Arthritis Rheum. 1999;42(8):1722-8.
11) HF11155 Orbell S, Espley A, Johnston M, Rowley D. Health benefits of joint replacement surgery for patients with osteoarthritis: prospective evaluation using independent assessments in Scotland. J Epidemiol Community Health. 1998;52(9):564-70.


書誌情報