ガイドライン

(旧版)変形性股関節症診療ガイドライン

書誌情報
第5章 関節温存手術と関節固定術


Research Question 2
変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の治療効果は

推奨
Grade C 大腿骨外反骨切り術は進行期・末期変形性股関節症の症状緩和に有効な術式である.


解説
大腿骨外反骨切り術(外反骨切り術)は骨頭を外反させることによって,荷重部をより骨頭内側に移動させ,内側の骨棘も含めた新たな骨頭荷重面と臼蓋内側関節面との関節適合性を持たせることを目的とする.また,大腿骨伸展骨切りや屈曲骨切りを加える工夫もなされている.わが国では進行期から末期の変形性股関節症(股関節症)に対する手術として広く行われている.臼蓋形成不全の強い例に対しては臼蓋形成術やChiari骨盤骨切り術などの臼蓋側の手術と併用される場合もある.


サイエンティフィックステートメント
  • 片側例に対する本術式の成績は両側例よりも良好であるとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).
  • 手術時年齢が若年者の場合の成績は,壮年期以降に対する術後成績よりも良好であるとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).
  • roof osteophyteやcapital dropが発達した症例に対する術後成績が良好であるとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).
  • 臼蓋形成不全の強い場合には何らかの臼蓋形成術を併用したほうが術後成績が良好であるとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).
  • 臨床症状の改善は術後10年以内が良好で,それ以降は徐々に低下するとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).


エビデンス
  • 進行期および末期股関節症61関節に対する外反骨切り術の10年以上の報告.術前の日本整形外科学会股関節機能判定基準(JOA hip score)49点が術後10年では平均73点を維持していた.関節裂隙が1mm未満および疼痛点数20点以下をエンドポイントとした生存率は術後13年で生存率80%であった(HJ11185, EV level-IV).
  • 先天性股関節脱臼後の進行期および末期股関節症58例67関節に対するBombelli外反伸展骨切り術の10年以上の報告.人工股関節全置換術(THA)への移行をエンドポイントとした場合,10年での生存率は79.4%であった.術後5年における成績は優48%,不可8.2%であるが,10年を超えると優24.2%,不可33.3%に悪化した(HF11181, EV level-IV).
  • 外反骨切り術を施行した106例127関節の術後25年における報告.THAを含む追加手術をエンドポイントとした生存率は術後10,15,20,25年においてそれぞれ96,86,77,69%であった.手術時年齢50歳未満は50歳以上よりも良好な成績であった(50歳未満101関節:JOA hip score 61.8点,50歳以上26関節:53.1点).片側罹患例は両側罹患例よりも良好な成績であった(片側39名:64.2点,両側67名:58.2点)(HF10594, EV level-IV).
  • 杉岡式外反骨切り術を施行した64例70関節の術後平均9.4年における報告.THAを含む追加手術をエンドポイントとした生存率は10年で82%,15年で72%であった.15年生存率が両側例で52%に対して,片側例では88%と良好であった.手術時年齢50歳以下では10年生存率91%に対して,50歳以上では62%であった.50歳以下,片側罹患例では15年生存率は95%であった(HF11080, EV level-IV).
  • 76例84関節の杉岡式外反骨切り術施行例についての報告.術直後acetabular head index(AHI)が70%以上の例では術後2年において関節裂隙は拡大していたが,AHI40%未満の例では関節裂隙が拡大した症例はなかった.臼蓋形成術(spitzy法)を併用した例では術後5年においても裂隙の状態が保たれ,外上方に亜脱臼していく例は30%のみであった(HJ10150, EV level-IV).
  • 先天性股関節脱臼に起因した進行期股関節症31関節に対する外反伸展骨切りの平均経過観察期間12.7年における報告.JOA hip scoreの疼痛点数20点以下をエンドポイントとすると,生存率は10年で82%であった.疼痛点数は術前17点が術後8年で38点,術後12年で33点であった.AHIが70%以上の例やroof osteophyteが5mm以上伸長した例では成績が良好であった(HF11069, EV level-IV).
  • Bombelli外反伸展骨切り術を施行した17関節の平均11.8年における報告.JOA hip scoreは術前45.5点が術後最終調査時67.1点に改善していた.roof osteophyteの長さが5mm以上の12関節では,5mm未満の5関節より成績が良好であった.AHIが60%以上の群が未満の群よりも最終調査時のJOA hip scoreが良好であった(HF11185, EV level-IV).
  • 進行期股関節症24関節に対する外反伸展骨切り術の10年以上の報告.JOA scoreは術前53.3点から術後2年で81.3点,術後5年で80.5点,術後10年で77.4点と推移し,術後7年以降より点数が下がる傾向を認めた.術後13年で2例がTHAに移行した(HJ11187, EV level-IV).
  • 50歳以下の進行期〜末期股関節症に対する外反骨切り術にChiari骨盤骨切り術を併用した21関節の術後平均12年9ヵ月における報告.JOA hip scoreは術前53.7点が術後5年で83.2点,術後10年で78.2点,最終調査時では72.6点であった.JOA hip scoreの50点以下への低下をエンドポイントとした生存率は,10年:81%,15年:54%であった(HJ11275, EV level-IV).
  • 外反伸展骨切り術を施行した進行期股関節症31関節の術後15年における報告.THAへの移行または疼痛点数(modified Merle d'Aubigné-Postel hip score)が4点以下をエンドポイントにした生存率は術後10年で65%,術後15年では51%であった.骨頭荷重部の面積は術前24.6mm2が術後10年で71.5mm2に改善し,術後15年では49.8mm2に減少した.また,その荷重部の面積はroof osteophyteの長さおよび骨頭部下垂骨棘の幅と相関した(HF11037, EV level-IV).
  • 進行期から末期股関節症に対する外反屈曲骨切り術施行例21例24関節(平均手術時年齢47.7歳)の10年以上経過例の報告.JOA hip scoreは術前平均53.3点から術後2年で81.3点,術後5年で80.5点,術後10年で77.4点であり,術後7年以降より点数が下がる傾向があった.X線学的には14関節58.3%で裂隙の拡大を認めた.術後13年に2例のTHA移行例があった(HJ10723, EV level-IV).


文献

1) HJ11185 松原正明,長谷川清一郎,森田定雄,鈴木康司,四宮謙一.大腿骨外反骨切り術の長期成績.中部日本整形外科災害外科学会雑誌.2001;44:(2)353-4.
2) HF11181 Toyama H, Endo N, Sofue M, Dohmae Y, Takahashi HE. Relief from pain after Bombelli's valgus-extension osteotomy, and effectiveness of the combined shelf operation. J Orthop Sci. 2000;5(2):114-23.
3) HF10594 Kawate K, Tanaka Y, Ohmura T, Hiyoshi N, Yajima H, Tomita Y, Takakura Y. Twenty-five years followup of patients who had valgus osteotomy for arthritic hips. Clin Orthop Relat Res. 2004;(426):151-8.
4) HF11080 Jingushi S, Sugioka Y, Noguchi Y, Miura H, Iwamoto Y. Transtrochanteric valgus osteotomy for the treatment of osteoarthritis of the hip secondary to acetabular dysplasia. J Bone Joint Surg Br. 2002;84(4):535-9.
5) HJ10150 神宮司誠也,杉岡洋一,佛淵孝夫,宮原寿明,馬渡正明,岩本幸英.進行期及び末期変形性股関節症に対するTranstrochanteric Valgus Osteotomyの術後X線学的評価―臼蓋被覆との関連性について.Hip Joint. 1998;24:70-4.
6) HF11069 Morita S, Yamamoto H, Hasegawa S, Kawachi S, Shinomiya K. Long-term results of valgus-extension femoral osteotomy for advanced osteoarthritis of the hip. J Bone Joint Surg Br. 2000;82(6):824-9.
7) HF11185 Kubo T, Fujioka M, Yamazoe S, Ueshima K, Inoue S, Horii M, Ando K, Imai R, Hirasawa Y. Bombelli's valgus-extension osteotomy for osteoarthritis due to acetabular dysplasia: results at 10 to 14 years. J Orthop Sci. 2000;5(5):457-62.
8) HJ11187 外山秀樹,遠藤直人,祖父江牟婁人.大腿骨外反伸展骨切り術の長期臨床成績―15年以上の経過症例について.中日整災外会誌.2001;44(2):359-60.
9) HJ11275 高平尚伸,内山勝文,高崎純孝,朴 晃正,善平哲夫,糸満盛憲.50歳以下の進行期から末期変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術とChiari骨盤骨切り術併用手術―長期成績と長期計画における治療方針.東日本整形災害外科学会雑誌.2005;17(2):132-7.
10) HF11037 Gotoh E, Inao S, Okamoto T, Ando M. Valgus-extension osteotomy for advanced osteoarthritis in dysplastic hips. Results at 12 to 18 years. J Bone Joint Surg Br. 1997;79(4):609-15.
11) HJ10723 糸満盛憲,関口昌和,甲斐秀実,ほか.各種下肢関節手術の10年以上の長期成績/股関節.進行期股関節症に対する外反屈曲骨切り術の長期成績と評価.関節外科.1993;12(6月増刊):106-14.


書誌情報