ガイドライン

(旧版)変形性股関節症診療ガイドライン

書誌情報
第5章 関節温存手術と関節固定術


Research Question 1
変形性股関節症に対する大腿骨内反骨切り術の治療効果は

推奨
Grade C 大腿骨内反骨切り術は,前股関節症および初期変形性股関節症の症状緩和と病期進行予防に有効な術式である.


解説
大腿骨内反骨切り術(内反骨切り術)は,骨頭を内反させることにより関節適合性を向上させ,関節合力を下げる効果を有する.わが国では主に臼蓋形成不全を有する前股関節症および初期の変形性股関節症(股関節症)に対する標準的な術式として広く用いられてきた.


サイエンティフィックステートメント
  • 臼蓋形成不全の程度が強い症例は,軽度の症例に比較して術後成績が劣るとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).
  • 術前の病期が進行しているほど術後成績は劣るとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).
  • 片側例は両側例に比較して術後成績が良好であるとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).
  • 若年者に対する本術式の成績は壮年期以降に対する成績よりも良好であるとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).
  • 臼蓋形成不全の程度が強い症例には臼蓋形成術を併用したほうが成績良好であるとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).
  • 内反骨切り術は寛骨臼回転骨切り術に比較して,手術時間が短く,手術侵襲が少ないとする中等度のエビデンスがある(EV level-IV).


エビデンス
  • 前股関節症および初期股関節症39例50関節に対する内反骨切り術の術後平均18年の報告.最終調査時の日本整形外科学会股関節機能判定基準(JOA hip score)は83点であり,病期非進行は74%であった.最終成績に影響する因子は術前CE角およびacetabular head index(AHI)であり,CE角15°以下あるいはAHI80%以下は成績不良であった.臼蓋形成術併用例は,単独例よりも術前臼蓋の骨頭被覆が不良であるにもかかわらず,最終のJOA hip scoreは良好であった.そのため,臼蓋形成不全の強い例では臼蓋形成術を併用してCE角15°以上あるいはAHI80%以上程度にすべきである(HJ10315, EV level-IV).
  • 術前病期が前股関節症から末期股関節症まで含む50例63関節の観察期間10年以上の報告.人工股関節全置換術(THA)への移行は4関節で,全例が進行期または末期股関節症であった.進行期および末期股関節症例では術後の改善は少なく(術前72点→術後77点),成績に影響する因子として手術時年齢,術前病期,臼蓋形成不全の指標としてCE角およびAHIがあげられた(HJ10722, EV level-IV).
  • 内反骨切り術を施行した臼蓋形成不全症例48例56関節(平均手術時年齢35歳)の術後2〜21年(平均9年)の経過観察の報告.35関節(54%)が優,10関節(18%)が良,2関節(3%)が可,1関節(2%)が不可という最終成績であり,そのうち13関節(23%)はTHAに移行した.内反骨切り術は若年者の臼蓋形成不全例の疼痛の軽減と病期進行予防に有効であり,5〜10年は病期の進行を遅延できる(HF10491, EV level-IV).
  • 49例54関節に対する内反骨切り術の3〜10年5ヵ月の報告.JOA scoreで術前65点が最終調査時89点に改善しており,90点以上が28関節,70点以下が6関節であった.術前病期のうち,初期例は進行期例および末期例に比較して有意に最終調査時のJOA hip scoreが良好であり,また関節裂隙も保たれていた(HJ10086, EV level-IV).
  • 内反骨切り術施行例46例55関節(平均手術時年齢32歳)の平均経過観察期間17年の報告.Harris hip score(HHS)は術前68点が調査時76点に改善し,90点以上(優)が9関節(16%),80〜90点(良)が14関節(25%),70〜80点(可)が17関節(31%),70点以下(不可)が15関節(27%)であった.THAへの移行例は4関節,追加骨切り5関節(寛骨臼回転骨切り術およびChiari骨盤骨切り術),病期が進行したのは26関節(47%)であった.最終成績に有意に影響する因子は臼蓋被覆の程度(CE角,AHI)と骨頭の球形度であった.HHS70点以下をエンドポイントとする生存率は10年で81%,20年で60%,25年で50%であった.Tönnis gradeのグレード0〜2までの病期,骨頭が球形,中等度の臼蓋被覆であれば良好な成績が期待できる(HF10604, EV level-IV).
  • 前股関節症または初期股関節症53例64関節(手術時平均年齢25.6歳)に対する内反骨切り術の術後平均18年の報告.HHSは術前76.8点が調査時83.8点に改善していた.80点以上の良好群は46関節,80点以下の不良群は18関節であり,成績に影響する因子として臼蓋被覆(CE角,AHI)があげられた.術前外転位でのAHIが60%以上の症例は術後成績が良好であった(HF10261, EV level-IV).
  • 内反骨切り術を施行した62例62関節(前股関節症2関節,初期股関節症45関節,進行期股関節症15関節)の術後11年10ヵ月での報告.JOA hip scoreは全体で術前73.8点から術後80.0点に改善した.病期が進行した症例は20関節でJOA hip scoreは62.6点,病期が維持された症例は42関節でJOA hip scoreは88.5点であった.臼蓋形成術施行例のJOA hip scoreは81.6点であり,非施行例の75.7点よりも良好であった.THAへの移行は8関節であり,そのうち6関節は術前病期が進行期,6関節は両側例であった.そのため,進行期例や両側例への内反骨切り術の適応は慎重を要する(HJ10442, EV level-IV).
  • 45歳以上の初期変形性股関節症に対する転子間弯曲内反骨切り術(CVO,15例15関節)と寛骨臼回転骨切り術(RAO,20例22関節)の手術侵襲と術後成績を比較した経過観察8年の報告.手術時間は有意にCVOで短く,術中出血量は有意にCVOで少なかった.術後,関節症の進行がみられたのはCVOで3関節に対してRAOでは1関節のみであった.関節症進行をエンドポイントとした10年生存率はCVOで75%,RAOで94%であった(HF11204, EV level-IV).


文献

1) HJ10315 三枝康宏,西川哲夫,新倉隆宏,水野耕作.変形性股関節症に対する内反骨切り術と臼蓋形成術同時手術の成績.Hip Joint. 2001;27:53-6.
2) HJ10722 三枝康宏,水野耕作,平田総一郎.変形性股関節症に対する転子間内反骨切り術の10年以上の成績.関節外科.1993;12(6月増刊):95-105.
3) HF10491 Pellicci PM, Hu S, Garvin KL, Salvati EA, Wilson PD Jr. Varus rotational femoral osteotomies in adults with hip dysplasia. Clin Orthop Relat Res. 1991;(272):162-6.
4) HJ10086 大澤 傑,渡辺昭彦,廣辻雅喜,ほか.変形性股関節症に対する内反骨切り術の検討.Hip Joint. 1995;21:290-3.
5) HF10604 Ito H, Matsuno T, Minami A. Intertrochanteric varus osteotomy for osteoarthritis in patients with hip dysplasia: 6 to 28 years followup. Clin Orthop Relat Res. 2005;(433):124-8.
6) HF10261 Iwase T, Hasegawa Y, Kataoka Y, Matsuda T, Iwata H. Long-term results of intertrochanteric varus osteotomy for arthrosis of the dysplastic hip (over 10 years' follow-up). Arch Orthop Trauma Surg. 1995;114(5):243-7.
7) HJ10442 石井政次,大楽勝之,浜崎 允,高木理彰,小林真司,佐藤哲也,川路博之,浦山安広,井田英雄.変形性股関節症に対する内反骨切り術の長期成績.Hip Joint. 2003;29:203-6.
8) HF11204 Yasunaga Y, Hisatome T, Tanaka R, Yamasaki T, Ochi M. Curved varus femoral osteotomy for minimal dysplastic hip in patients older than 45 years of age: comparison with rotational acetabular osteotomy. J Orthop Sci. 2005;10(3):264-9.


書誌情報