ガイドライン

(旧版)変形性股関節症診療ガイドライン

書誌情報
第3章 診断


Research Question 4
変形性股関節症の問診において注意すべきことは何か

推奨
Grade B 過去の労働内容と期間,スポーツ歴,外傷歴は変形性股関節症の問診において聴取すべきである.
Grade C 日常生活動作における制限,および疼痛部位は変形性股関節症の問診において聴取すべきである.
Grade C 体重(肥満),およびHeberden結節などの関節変性の有無は変形性股関節症の問診において着目すべきである.


解説
二次性変形性股関節症(股関節症)の原因となる関節リウマチ,強直性脊椎炎などの基礎疾患や,先天性股関節脱臼,大腿骨頭すべり症,Perthes病などの小児疾患についての問診が必要であるが,ここでは省略する.
一次性股関節症に関連する問診では,既往歴として発生のリスクファクターとなる過去の労働内容とその期間(HF11386HF10718HF10333HF11362HF11677HF11378),スポーツ歴(HF10344HF11677HF10306HF10166HF10436)および外傷歴(HF10144HF10178)に着目する必要がある.現病歴では,股関節症患者に特徴的な日常生活動作における制限(HF11378)および腰椎疾患との鑑別のため疼痛部位(HF11826)を正確に聴取することが重要である.また肥満(HF11642HF10333HF11677HF10144HF10679HF10052)およびHeberden結節などの関節変性(HF10144HF10427)との関連については,諸外国からは関連性を指摘する報告が複数あるが,わが国からの1報告(HF11378)では関連性は否定されており見解が統一していない.


サイエンティフィックステートメント
  • 労働負荷は股関節症のリスクファクターであるとする質の高いエビデンスがある(EV level R-I).
  • スポーツ歴は一次性股関節症のリスクファクターであるとする質の高いエビデンスがある(EV level R-I).
  • 過去の股関節外傷,多関節罹患の傾向(Heberden結節)は股関節症のリスクファクターであるとする中等度のエビデンスがある(EV level R-II,R-III).
  • 股関節症患者では健常人と比べ日常生活動作が有意に制限されているとする中等度のエビデンスがある(HF11378, EV level R-III).
  • 股関節症患者では脊柱管狭窄症患者よりも鼡径部痛と殿部痛が有意に多いとする中等度のエビデンスがある(EV level R-IV).
  • 白人において肥満は,一次性股関節症のリスクファクターであるとする質の高いエビデンスがある(EV level R-I).
  • わが国ではイギリスと異なり,肥満やHeberden結節は股関節症の危険因子にはならないが,イギリスと同様に仕事での重量物の持ち上げは強力な危険因子であるとする中等度のエビデンスがある(EV level R-III).


エビデンス
  • systematic reviewにおいて股関節症と労働負荷との相関に関する研究16論文すべてで重労働と股関節症の間に正の関連を認め(オッズ比:1.1〜13.8),うち12論文では有意差を認めた(1.9〜13.8).ただし,論文の最高のエビデンスレベルは中等度であった(HF11386, EV level R-I).
  • 1980年のスウェーデン国勢調査における男性1,244例,女性221例の股関節症患者において,男性は,農夫,建設現場作業員,消防士および食料品処理業が股関節症のために病院にかかる危険性が高かった.女性は,郵便配達員の危険性が高かった(HF10718, EV level R-II).
  • ノルウェー人50,034例の9年間の観察において,高いBMIおよび激しい業務は一次性股関節症のため人工股関節全置換術(THA)を受ける危険性に著しく関与していた(BMIは男性では23.4以下と27.4以上で相対危険2.0,女性では22.2以下と27.1以上で相対危険3.0,激しい業務は男性では相対危険2.1,女性では相対危険2.1)(HF10333, EV level R-II).
  • 男性の股関節症患者99例,対照群233例において,軽作業と比較して中程度労働のオッズ比は1.9,重労働のオッズ比は2.4であった.重労働に従事した期間とオッズ比は15〜24年で2.5,25〜34年で2.8,35年〜で2.0と量-反応関係を認めた(HF11362, EV level R-III).
  • Stockholm男性で,一次性股関節症に対する初回THA239例と一般住民から無作為抽出した対照群302例での調査において,股関節症に対する寄与分画は労働負荷で40%,スポーツ活動で55%,肥満で15%であった.これら3つの要因により股関節症の原因の77%を説明できると算出された(HF11677, EV level R-III).
  • イギリスのTHA待機患者611例(男性210例,女性401例)と対照群611例において,肥満(オッズ比:1.7,p<0.001),Heberden結節(オッズ比:1.6,p=0.001),股関節外傷(オッズ比:4.3)が股関節症と有意な関連を認めた.過去のスポーツ歴は股関節症の傾向を認め(オッズ比:1.2),特に女性のテニス,水泳が有意な関連を認めた(オッズ比:1.9,1.8)(HF10144, EV level R-III).
  • systematic reviewにおいて,スポーツは白人における一次性股関節症のリスクファクターであった(オッズ比:平均2).エリート競技者は,レクリエーションスポーツ競技者に比べて,一次性股関節症の危険性が高かった(オッズ比:1.5〜3.7)(HF10344, EV level R-I).
  • 40歳〜65歳までの過去のエリート競技者(女性中長距離ランナーとテニスプレーヤー)81例と対照群977例において,股関節症に対するオッズ比は大腿骨頭骨棘が2.52,関節裂隙狭小化が1.60であった(HF10306, EV level R-II).
  • スウェーデン女性で,一次性股関節症のためにTHAを受けた230例と対照群273例における比較調査において,THAを受ける股関節症の危険率は50歳まで行ったスポーツ活動時間が長い群で相対リスク2.3,中等群で相対リスク1.5であった(HF10166, EV level R-III).
  • 過去に国際試合で競技した選手(長距離ランナー28例,サッカー選手31例,ウエイトリフター29例,射的選手29例)4群間で回旋可動域に差はなかった.多変量解析で唯一股関節の回旋可動域と関連があった要素はBMIであった(HF10436, EV level R-IV).
  • 医学部を卒業した1,337例の平均36年の経過観察で股関節のみ16例,股関節と膝関節14例に外傷歴があり,股関節症発生の相対リスクは3.50であった(HF10178, EV level R-II).
  • THAを予定している股関節症患者61例と除圧術を予定している脊柱管狭窄症患者60例における疼痛部位は,股関節症患者では鼡径部痛と殿部痛が有意に多く,腰椎患者では下腿後面痛が有意に多かった(p<0.05).股関節症における鼡径部痛は感受性84.3%,特異性70.3%ともっとも高かった(HF11826, EV level R-IV).
  • systematic reviewにおいて,白人における股関節症と肥満との関連に関する研究12論文中7論文で股関節症と肥満は正の関連を認めた(すべてオッズ比:1.25以上).この7論文中4論文でBMI25以上が股関節症の因子であると報告し,3論文で体重増加にしたがい股関節症のリスクは上がると報告していた.上記以外の5論文では正の関連があったが弱かった(オッズ比:1〜1.25)(HF11642, EV level R-I).
  • 建築業の男性の股関節症1,495例において,股関節症の相対リスクはBMI17〜19の男性に対し,BMI20〜24の男性が2倍以上高かった(HF10679, EV level R-II).
  • スウェーデン男性で,一次性股関節症のためにTHAを受けた239例と一般男性302例において,BMIが平均BMI+1SDより大きい男性はBMIが平均BMI-1SDより小さい男性と比べて重症な股関節症のリスクが上昇していた(40歳でオッズ比:2.49,50歳で2.32,20歳で1.67,30歳で1.81)(HF10052, EV level R-III).
  • 経静脈的尿路造影を行った男性530例(股関節症240例,対照群290例)において,股関節症重症例とHeberden結節は関連していた(オッズ比:3.4)(HF10427, EV level R-III).
  • わが国のTHA待機患者114例(男性11例,女性103例)と対照群114例において,患者群は対照群に比して,階段昇降,かがみ込み,歩行,入浴,着衣,排泄,社会生活および健康認識のいずれも有意に制限されていた.肥満は有意差を認めなかった.仕事で持ち上げる重量物が最初の職業で25kg以上を持ち上げた群(オッズ比:3.6,50kg以上では5.4)ともっとも長く従事した職業で50kg以上を持ち上げた群(オッズ比:4.0)は股関節症の割合が著明に高かった.最初の職業で2時間以上座っていた群は股関節症の割合が有意に低かった(オッズ比:0.5).Heberden結節は股関節症と関連を認めなかった(HF11378, EV level R-III).


文献

1) HF11386 Lievense A, Bierma-Zeinstra S, Verhagen A, Verhaar J, Koes B. Influence of work on the development of osteoarthritis of the hip: a systematic review. J Rheumatol. 2001;28(11):2520-8.
2) HF10718 Vingård E, Alfredsson L, Goldie I, Hogstedt C. Occupation and osteoarthrosis of the hip and knee: a register-based cohort study. Int J Epidemiol. 1991;20(4):1025-31.
3) HF10333 Flugsrud GB, Nordsletten L, Espehaug B, Havelin LI, Meyer HE. Risk factors for total hip replacement due to primary osteoarthritis: a cohort study in 50,034 persons. Arthritis Rheum. 2002;46(3):675-82.
4) HF11362 Roach KE, Persky V, Miles T, Budiman-Mak E. Biomechanical aspects of occupation and osteoarthritis of the hip: a case-control study. J Rheumatol. 1994;21(12):2334-40.
5) HF11677 Olsen O, Vingård E, Köster M, Alfredsson L. Etiologic fractions for physical work load, sports and overweight in the occurrence of coxarthrosis. Scand J Work Environ Health. 1994;20(3):184-8.
6) HF10144 Cooper C, Inskip H, Croft P, Campbell L, Smith G, McLaren M, Coggon D. Individual risk factors for hip osteoarthritis: obesity, hip injury, and physical activity. Am J Epidemiol. 1998;147(6):516-22.
7) HF10344 Lievense AM, Bierma-Zeinstra SM, Verhagen AP, Bernsen RM, Verhaar JA, Koes BW. Influence of sporting activities on the development of osteoarthritis of the hip: a systematic review. Arthritis Rheum. 2003;49(2):228-36.
8) HF10306 Spector TD, Harris PA, Hart DJ, Cicuttini FM, Nandra D, Etherington J, Wolman RL, Doyle DV. Risk of osteoarthritis associated with long-term weight-bearing sports: a radiologic survey of the hips and knees in female ex-athletes and population controls. Arthritis Rheum. 1996;39(6):988-95.
9) HF10166 Vingård E, Alfredsson L, Malchau H. Osteoarthrosis of the hip in women and its relationship to physical load from sports activities. Am J Sports Med. 1998;26(1):78-82.
10) HF10436 Kettunen JA, Kujala UM, Räty H, Videman T, Sarna S, Impivaara O, Koskinen S. Factors associated with hip joint rotation in former elite athletes. Br J Sports Med. 2000;34(1):44-8.
11) HF10178 Gelber AC, Hochberg MC, Mead LA, Wang NY, Wigley FM, Klag MJ. Joint injury in young adults and risk for subsequent knee and hip osteoarthritis. Ann Intern Med. 2000;133(5):321-8.
12) HF11826 Khan AM, McLoughlin E, Giannakas K, Hutchinson C, Andrew JG. Hip osteoarthritis: where is the pain? Ann R Coll Surg Engl. 2004;86(2):119-21.
13) HF11642 Lievense AM, Bierma-Zeinstra SM, Verhagen AP, van Baar ME, Verhaar JA, Koes BW. Influence of obesity on the development of osteoarthritis of the hip: a systematic review. Rheumatology (Oxford). 2002;41(10):1155-62.
14) HF10679 Järvholm B, Lewold S, Malchau H, Vingård E. Age, bodyweight, smoking habits and the risk of severe osteoarthritis in the hip and knee in men. Eur J Epidemiol. 2005;20(6):537-42.
15) HF10052 Vingård E. Overweight predisposes to coxarthrosis. Body-mass index studied in 239 males with hip arthroplasty. Acta Orthop Scand. 1991;62(2):106-9.
16) HF10427 Croft P, Cooper C, Wickham C, Coggon D. Is the hip involved in generalized osteoarthritis? Br J Rheumatol. 1992;31(5):325-8.
17) HF11378 Yoshimura N, Sasaki S, Iwasaki K, Danjoh S, Kinoshita H, Yasuda T, Tamaki T, Hashimoto T, Kellingray S, Croft P, Coggon D, Cooper C. Occupational lifting is associated with hip osteoarthritis: a Japanese case-control study. J Rheumatol. 2000;27(2):434-40.


書誌情報