ガイドライン

(旧版)変形性股関節症診療ガイドライン

書誌情報
第3章 診断


Research Question 3
WOMACとSF-36は変形性股関節症の健康関連QOL評価法として有用か

推奨
Grade A Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC)は変形性股関節症の健康関連QOLにおける疾患特異的尺度として有用である.
Grade A SF-36は変形性股関節症の健康関連QOLにおける包括的尺度として有用である.


解説
Harris hip scoreや日本整形外科学会股関節機能判定基準(JOA hip score)が医療者側で変形性股関節症(股関節症)を評価する基準であるのに対して,患者が自身の健康関連QOLを自己評価する方法が存在する.健康関連QOL評価法には種々の評価法があるが,股関節症においては主に以下の尺度法が知られている.
  • Lequesne index of severity for osteoarthritis of the hip (LISOH)
  • MOS Short-Form 36-Item Health Survey (SF-36)
  • Nottingham Health Profile (NHP)
  • Sickness Impact Profile (SIP)
  • Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC)
健康関連QOL尺度は,全身健康状態を評価する包括的尺度と,疾患別の評価法である疾患特異的尺度とに分類される.SF-36,NHP,SIPは包括的尺度であり,疾患特異的尺度であるWOMACは股関節と膝関節の変形性関節症を評価し,LISOHは股関節症の評価に使われる.以上のなかでもWOMACとSF-36は頻用度および信頼性が高い.ただし,SF-36には日本語版が存在するが,WOMACには日本語版は存在しない.また,両評価法ともわが国における股関節症の健康関連QOL評価法として妥当性や信頼性があるかはほとんど検証されておらず,今後の検証が望まれる.



サイエンティフィックステートメント
  • 疾患特異的尺度ではWOMACが,包括的尺度ではSF-36がもっとも優れているとする質の高いエビデンスがある(EV level C-Ia).
  • 2003年までの10年間で整形外科分野において,包括的尺度ではSF-36がもっとも頻用されており,疾患特異的尺度ではWOMACがもっとも頻用されていたとする質の高いエビデンスがある(EV level C-Ia).
  • 股関節症のWOMACはLISOHよりも優れているとする中等度のエビデンスが複数ある(EV level C-III).
  • WOMACは人工股関節全置換術(THA)の術後評価法として推奨できるとする中等度のエビデンスがある(EV level C-III).
  • WOMACは同一症例における両側THAの術後評価を左右別にできるとする中等度のエビデンスがある(EV level C-III).
  • 股関節症において,X線像の重傷度はWOMACの身体機能と関連したとする中等度のエビデンスがある(EV level C-III).
  • 股関節症の健康関連QOL評価にはWOMACの利用が,併存疾患を有する高齢者の股関節症の評価にはSF-36の利用が望ましいとする中等度のエビデンスがある(EV level C-III).
  • SF-36はSIPよりもTHAの評価に有用であるとする中等度のエビデンスがある(EV level C-III).
  • SF-36は股関節症の健康関連QOLの評価に有用であるとする中等度のエビデンスがある(EV level C-III).


エビデンス
  • 股関節・膝関節の変形性関節症患者における英語版のみを対象とした論文37編に記載された32の評価法(疾患特異的尺度24,包括的尺度7,患者特異的尺度1)において,疾患特異的尺度ではWOMAC,VASが,包括的尺度ではSF-36がもっとも優れていた(HF11828, EV level C-Ia).
  • 2003年までの10年間で整形外科分野の文献において,包括的尺度では初期にはSIPとNHPがよく用いられていたが,その後はSF-36がもっとも頻用されていた.股関節・膝関節の変形性関節症における疾患特異的尺度ではWOMACがもっとも頻用されていた(HF11830, EV level C-Ia).
  • 変形性膝関節症29例,股関節症22例において,ドイツ語版WOMACは適切で妥当な評価法であった.LISOHは特に疼痛の要素で整合性,妥当性に欠けていた(HF11538, EV level C-III).
  • THA58例の評価において,包括的尺度であるSF-36やNHPと同様にスウェーデン語版WOMACは高い妥当性と信頼性を認めた(HF10092, EV level C-III).
  • 両側THAを受けた33例において,同一患者における左右股関節のHarris hip scoreのスコアの違いと,WOMACのスコアの違いは非常に強い関連を認めた(p=0.0001)(HF10838, EV level C-III).
  • 外来通院中の43例(THA30例,人工膝関節全置換術13例)において,WOMAC,LISOHとも同様な反応性を示し,疼痛は機能より高い反応性を示した.12ヵ月時にはWOMAC(股関節SRM=2.4,膝関節SRM=2.0)は,対応するLISOH(股関節SRM=2.1,膝関節SRM=1.5)より高い反応性を示した(HF11545, EV level C-III).
  • 男性股関節症患者27例と健常対照群30例において,WOMACの機能ならびに総合点はX線像の重症度と関連した.ほとんどのWOMACの項目は身体機能テストと関連していた(HF10296, EV level C-III).
  • 50歳以上の股関節症107例において,SF-36では身体機能(p=0.03),日常役割機能(p=0.04),WOMACでは身体機能(p=0.001)で反応が大きかった.SF-36の合計点はWOMACと比較して併存症の数と強い関連を示した(p=0.0001)(HF10635, EV level C-III).
  • THA予定患者54例(股関節症69%,関節リウマチ13%,再置換術19%)において,術前後のスコアの変化と患者が自覚するQOLの改善の相関は,SF-36では全体でも身体機能でも高い相関を示した(p<0.01)が,SIPでは身体機能のみ相関を示した(p<0.05)(HF11827, EV level C-III).
  • 変形性関節症264例(股関節105例,膝関節108例,両者の合併51例)と健常群112例のSF-36において,変形性関節症の3群は,健常群に比してすべての尺度で健康関連QOLが低下しており,特に身体機能,日常役割機能と疼痛で著明であった(p<0.0001).変形性関節症3群間にSF-36の有意な差はなかった.SF-36はX線像上の重症度には影響されなかった(HF11824, EV level C-III).


文献

1) HF11828 Veenhof C, Bijlsma JW, van den Ende CH, van Dijk GM, Pisters MF, Dekker J. Psychometric evaluation of osteoarthritis questionnaires: a systematic review of the literature. Arthritis Rheum. 2006;55(3):480-92.
2) HF11830 Beaton DE, Schemitsch E. Measures of health-related quality of life and physical function. Clin Orthop Relat Res. 2003;(413):90-105.
3) HF11538 Stucki G, Sangha O, Stucki S, Michel BA, Tyndall A, Dick W, Theiler R. Comparison of the WOMAC (Western Ontario and McMaster Universities) osteoarthritis index and a self-report format of the self-administered Lequesne-Algofunctional index in patients with knee and hip osteoarthritis. Osteoarthritis Cartilage. 1998;6(2):79-86.
4) HF10092 Söderman P, Malchau H. Validity and reliability of Swedish WOMAC osteoarthritis index: a self-administered disease-specific questionnaire (WOMAC) versus generic instruments (SF-36 and NHP). Acta Orthop Scand. 2000;71(1):39-46.
5) HF10838 McGrory BJ, Harris WH. Can the western Ontario and McMaster Universities (WOMAC) osteoarthritis index be used to evaluate different hip joints in the same patient? J Arthroplasty. 1996;11(7):841-4.
6) HF11545 Theiler R, Sangha O, Schaeren S, Michel BA, Tyndall A, Dick W, Stucki G. Superior responsiveness of the pain and function sections of the Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC) as compared to the Lequesne-Algofunctional Index in patients with osteoarthritis of the lower extremities. Osteoarthritis Cartilage. 1999;7(6):515-9.
7) HF10296 Arokoski MH, Haara M, Helminen HJ, Arokoski JP. Physical function in men with and without hip osteoarthritis. Arch Phys Med Rehabil. 2004;85(4):574-81.
8) HF10635 Salaffi F, Carotti M, Grassi W. Health-related quality of life in patients with hip or knee osteoarthritis: comparison of generic and disease-specific instruments. Clin Rheumatol. 2005;24(1):29-37. Epub 2004 Jul 17.
9) HF11827 Stucki G, Liang MH, Phillips C, Katz JN. The Short Form-36 is preferable to the SIP as a generic health status measure in patients undergoing elective total hip arthroplasty. Arthritis Care Res. 1995;8(3):174-81.
10) HF11824 Salaffi F, Carotti M, Stancati A, Grassi W. Health-related quality of life in older adults with symptomatic hip and knee osteoarthritis: a comparison with matched healthy controls. Aging Clin Exp Res. 2005;17(4):255-63.


書誌情報