ガイドライン

(旧版)変形性股関節症診療ガイドライン

書誌情報
第1章 疫学・自然経過


Research Question 4
有病率の諸外国との比較

推奨
Grade A 疫学調査によるわが国の変形性股関節症の有病率は,海外と同じ診断基準を用いた場合には1.0〜2.4%であり,欧米より低く,中国と同等かやや高い.


解説
欧米の変形性股関節症(股関節症)の有病率に関する疫学研究では,股関節症の診断基準としてKellgren and Lawrence grade(K/L grade),Croft's modification of K/L grade(Croft grade),最小関節裂隙幅(minimal joint space:MJS)が多く用いられ,使用された診断基準により有病率は若干異なる.また研究により対象の年齢,性別も異なり,研究結果をそのまま比較することは適切ではないが,わが国と海外の有病率を同一の診断基準を用いて比較した疫学研究は2つある.
1つはCroft gradeを用いてイギリスとの比較を行った研究で,わが国の有病率が1.0%であったのに対し,イギリスでは10.1%であった(HF10434HJ11346).K/L gradeを用いてわが国とフランスの有病率を比較したもう1つの疫学研究では,わが国で2.4%,フランスで4.7%であった(HF11872).アジアを代表する中国の大規模疫学研究では中国人の有病率は1.0%で,日本人と同等かやや低かった(HF10335).


エビデンス
  • 60〜70歳代の日本人198名(男性99,女性99)とイギリス人1,498名(男性1,303,女性195)を比較した疫学研究では,Croft grade 3以上の股関節症は,日本人で1.0%(男性0%,女性2.0%),イギリス人で10.1%(男性11.0%,女性4.8%)で,イギリス人のほうが多かった(HF10434HJ11346, EV level C-Ib).
  • 1992〜1993年に静脈性腎盂造影を行った20〜79歳の日本人782名(男性414,女性368)とフランス人401名(男性283,女性118)を比較した調査では,K/Lgrade 3以上の股関節症は日本人で2.4%(男性1.4,女性3.5),フランス人4.7%(男性5.7,女性2.5)であり,フランス人で多かった(HF11872, EV level C-Ib).
  • 1982〜1987年に静脈性尿路造影を施行された60〜75歳のイギリス人男性1,315名の調査では,Croft grade 3以上の股関節症は11.0%,grade 4以上は2.6%であった(HF11869, EV level C-Ib).
  • Rotterdamで施行された55歳以上の3,585名(男性1,499,女性2,086)の調査では,K/L grade 2以上の股関節症は7.0%,Croft grade 3以上は33.9%,MJSが2.5mm以下のものは7.5%であった.K/L grade 2以上とMJSが2.5mm以下を股関節症ありとした場合の有病率は同程度であったが,Croft grade 3以上を基準に用いるとX線学的な股関節症は多かった(HF10230, EV level C-Ib).
  • Copenhagen City Heart Studyより抽出された22〜93歳の3,807名(男性1,448,女性2,359)の調査では,Croft grade 3以上は男性で6.3%,女性では3.3%,K/L grade 2以上は男性で6.2%,女性では3.7%,MJSが2mm以下の基準を用いると男性で5.6%,女性で5.9%が股関節症と診断された(HF10010HF10117, EV level C-III).
  • 北京の3地区から無作為に抽出した60歳以上の1,492名(男性614,女性878)の調査では,60〜89歳の中国人におけるX線学的股関節症は1.0%(男性1.1%,女性0.9%)で,欧米に比べ少なかった(HF10335, EV level C-III).
  • 静脈性尿路造影を受けた60〜75歳のナイジェリア人男性63名とイギリス人を比較した調査では,Croft grade 3以上の股関節症は,ナイジェリア人4.8%,イギリス人11.0%で,イギリス人のほうが多かった(HF11365, EV level C-II).
  • 27〜97歳のトルコ人682名(男性477,女性205)の腹部単純X線像および静脈性腎盂造影X線像を調査した研究では,K/L grade 2以上の股関節症は8.8%であり,有病率はアジア人より高いが,一部のヨーロッパ人より低かった.X線像で両側の股関節が観察できた566名では,K/L grade 2以上の股関節症は11.7%(男性12.7,女性9.7)であった(HF11630, EV level C-III).
  • 1986〜1988年にアメリカの4都市で施行された大規模疫学調査であるStudy of Osteoporotic Fracturesで,65〜89歳の女性7,998名のX線診断による股関節症の有病率は5.5%であった(HF10335, EV level C-III).
  • 1971〜1975年にアメリカで施行されたNHANES-I(a US National Center for Health Statistics survey)での60〜74歳の314名(男性156,女性158)のX線学的股関節症の有病率は4.1%(男性4.5,女性3.8)であった(HF10335, EV level C-III).
  • スウェーデンのGotland島とMalmo市の有病率を比較した調査では,Gotland島では3,726名のうち4.5%(男性5.0,女性4.2)であったのに対し,Malmo市では3,527名のうち2.3%(男性2.4,女性2.3)であり,都市部でX線学的股関節症の有病率は低かった(HF10053, EV level C-Ib).


文献

1) HF10434 Yoshimura N, Campbell L, Hashimoto T, Kinoshita H, Okayasu T, Wilman C, Coggon D, Croft P, Cooper C. Acetabular dysplasia and hip osteoarthritis in Britain and Japan. Br J Rheumatol. 1998;37(11):1193-7.
2) HJ11346 吉村典子,森岡聖次,笠松隆洋,ほか.地域住民の股関節間隙値の性,年齢別 分布.日本骨形態計測学会雑誌.1994;4(2):107-12.
3) HF11872 Inoue K, Wicart P, Kawasaki T, Huang J, Ushiyama T, Hukuda S, Courpied J. Prevalence of hip osteoarthritis and acetabular dysplasia in french and japanese adults. Rheumatology (Oxford). 2000;39(7):745-8.
4) HF11869 Croft P, Cooper C, Wickham C, Coggon D. Defining osteoarthritis of the hip for epidemiologic studies. Am J Epidemiol. 1990;132(3):514-22.
5) HF10230 Reijman M, Hazes JM, Pols HA, Bernsen RM, Koes BW, Bierma-Zeinstra SM. Validity and reliability of three definitions of hip osteoarthritis: cross sectional and longitudinal approach. Ann Rheum Dis. 2004;63(11):1427-33.
6) HF10010 Jacobsen S, Sonne-Holm S, Søballe K, Gebuhr P, Lund B. Hip dysplasia and osteoarthrosis: a survey of 4151 subjects from the Osteoarthrosis Substudy of the Copenhagen City Heart Study. Acta Orthop. 2005;76(2):149-58.
7) HF10117 Jacobsen S, Sonne-Holm S, Søballe K, Gebuhr P, Lund B. Radiographic case definitions and prevalence of osteoarthrosis of the hip: a survey of 4 151 subjects in the Osteoarthritis Substudy of the Copenhagen City Heart Study. Acta Orthop Scand. 2004;75(6):713-20.
8) HF10335 Nevitt MC, Xu L, Zhang Y, Lui LY, Yu W, Lane NE, Qin M, Hochberg MC, Cummings SR, Felson DT. Very low prevalence of hip osteoarthritis among Chinese elderly in Beijing, China, compared with whites in the United States: the Beijing osteoarthritis study. Arthritis Rheum. 2002;46(7):1773-9.
9) HF11365 Ali-Gombe A, Croft PR, Silman AJ. Osteoarthritis of the hip and acetabular dysplasia in Nigerian men. J Rheumatol. 1996;23(3):512-5.
10) HF11630 Goker B. Radiographic osteoarthritis of the hip joint in Turkey. Rheumatol Int. 2001;21(3):94-6.
11) HF10053 Forsberg K, Nilsson BE. Coxarthrosis on the island of Gotland. Increased prevalence in a rural population. Acta Orthop Scand. 1992;63(1):1-3.


書誌情報