ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
VIII:放射線療法・Photodynamic therapy

 
CQ-32 腔内照射は非切除胆管癌に対して推奨されるか?

胆管癌に対する放射線療法の際に腔内照射の併用が有用とされる報告が多くある。(推奨度C1


放射線療法の基本は外照射であるが,外照射では消化管などの周囲臓器の耐用線量の関係で,50Gyを超えると合併症の危険性が高くなる。また,胆道癌は放射線感受性が低い腺癌が多いため,50Gy程度の線量では局所制御は困難である。有効性を高めるためには腔内照射などのブースト治療が必要であり1),胆管癌に対しては内瘻化されたドレナージチューブを利用し腔内照射を併用することが多い。腔内照射は目的とする病変部に必要かつ十分な線量を照射することが可能で,また,周辺の組織には照射の影響を少なくできる利点を有しており,外照射と併用すれば,副作用が少なく効果をあげることが期待される。
胆管癌に対し,腔内照射の併用で奏効率の改善,再発期間や生存期間の延長をみたという報告1),2),3),4)(レベルIV)がある一方,外照射単独と生存期間に差はなかったとの報告5),6),7)(レベルIV)もありその評価は定まっていない。腔内照射の併用で治療成績が改善するというエビデンスは低いが,胆管癌に対する放射線療法において,腔内照射の併用はおおむね肯定的に考えられている。進行癌を対象にすることがほとんどで,局所制御率の劇的な改善は認められないというのが現実であろうが,腫瘍サイズが小さな症例では腔内照射の効果が期待される8)(レベルV)。なお,腔内照射の併用では局所に大線量が投与されるため,副作用が軽減されるとはいえども消化管出血,胆管十二指腸瘻などの合併症に注意すべきである8),9)
切除不能胆管癌において,外照射と腔内照射の併用は,各単独治療と比較して良好な生存成績を認め1),広く臨床現場で利用されているものの,大規模なRCTはなく,標準的な治療とはいえず現段階での推奨度はC1とする。


引用文献
1) Shin HS, Seong J, Kim WC, Lee HS, Moon SR, Lee IJ, et al. Combination of external beam irradiation and high-doserate intraluminal bracytherapy for inoperable carcinoma of the extrahepatic bile ducts. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2003;57:105-12.
2) Lu JJ, Bains YS, Abdel-Wahab M, Brandon AH, Wolfson AH, Raub WA, et al. High-dose-rate remote afterloading intracavitary brachytherapy for the treatment of extrahepatic bile duct carcinoma. Cancer J. 2002;8:74-8.
3) Fields JN, Emami B. Carcinoma of the extrahepatic biliary system: results of primary and adjuvant radiotherapy. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 1987;13:331-8.
4) Minsky BD, Kemeny N, Armstrong JG, Reichman B, Botet J. Extrahepatic biliary system cancer: an update of a combined modality approach. Am J Clin Oncol. 1991;14:433-7.
5) Molt P, Hopfan S, Watson RC, Botet JF, Brennan MF. Intraluminal radiation therapy in the management of malignant biliary obstruction. Cancer. 1986;57:536-44.
6) González González D, Gouma DJ, Rauws EA, van Gulik TM, Bosma A, Koedooder C. Role of radiotherapy, in paticular intraluminal brachytherapy, in the treatment of proximal bile duct carcinoma. Ann Oncol. 1999;10:215-20.
7) Morganti AG, Trodella L, Valentini V, Montemaggi P, Costamagna G, Smaniotto D, et al. Combined modality treatment in unresectable extrahepatic biliary carcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2000;46:913-9.
8) Takamura A, Saito H, Kamada T, Hiramatsu K, Takeuchi S, Hasegawa M, et al. Intraluminal low-dose-rate 192Ir brachytherapy combined with external beam radiotherapy and biliary stenting for unresectable extrahepatic bile duct carcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2003;57:1357-65.
9) Kocak K, Ozkan H, Adli M, Garipagaoglu M, Kurtman C, Cakmak A. Intraluminal brachytherapy with metallic stenting in the palliative treatment of malignant obstruction of the bile duct. RadiationMedicine. 2005;23:200-7.


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報