ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
VI:外科治療

 
CQ-22 胆管癌切除後の予後因子はどのようなものか?

切除断端および剥離面での癌遺残の有無,リンパ節転移の有無,神経周囲浸潤の有無および門脈・肝動脈への浸潤による血管合併切除の有無などがあげられる。


胆管癌のなかでも予後不良といわれる上部,肝門部胆管癌の切除後の予後因子について,Kondoら1)は,多変量解析を行った論文報告をまとめている。それによると,11の報告のうち9つがR0すなわち治癒切除の有無をあげており,予後に最も大きく影響する要因である。非治癒切除例,切除不能例に比べ治癒切除例の予後が有意に良好であるため,治癒切除をめざすことが最も重要である。とくに,切除断端および剥離面に癌遺残を認めないことが多数の論文2),3),4),5),6),7),8)で述べられている(レベルIV)。しかしながら,粘膜面における切離断端の癌遺残については予後に影響しないともいわれている9)(レベルIV)。
治癒切除例においてはリンパ節転移の有無が予後に大きく影響している2),3),4),5),10)(レベルIV)。リンパ節転移の程度と予後には相関がなく,転移があるかないかが重要な予後因子と述べている報告2),5)(レベルIV)も散見される。リンパ節転移例の予後は一般に不良ではあるが,転移があっても局所リンパ節にのみ転移した症例では,系統的な郭清がなされれば予後は必ずしも悪くないとの報告もある6)(レベルIV)。単変量,多変量解析結果よりみてもリンパ節転移の有無が切除後の重要な予後因子と考えられる。
神経周囲浸潤も胆管癌の重要な進展様式であり,神経周囲浸潤の有無が胆管癌切除後の予後因子とする報告3),7),11)(レベルIV)がある。
門脈,肝動脈浸潤により血管合併切除を要した例を含む多変量解析では外科切除後の予後不良因子として血管合併切除が報告されている12),13)(レベルIV)。
中下部胆管癌も肝門部胆管癌と同様に治癒切除が可能であったか否かが予後に最も大きく影響している。切除断端および剥離面に癌遺残を認めないことが最も重要であるが,リンパ節転移14),15),16),17)や膵浸潤16),17)も重要な予後因子であると報告されている(レベルIV)。
神経周囲浸潤も予後と相関をみるとの報告11)(レベルIV)がある一方,神経周囲浸潤の有無は予後と相関しないとする報告14)(レベルIV)もあり,その報告では剥離面の癌遺残の因子として神経周囲浸潤が重要であると述べている。
以上,胆管癌において予後に大きく影響する因子としては治癒切除であったか否かであり,切除標本の詳細な検索が重要である。剥離面に癌遺残がみられる症例あるいはリンパ節転移陽性例では再発をきたす可能性が高く,厳重なfollow upが必要であり,進展状況に応じた術後の治療戦略を考える必要がある。


引用文献
1) Kondo S, Hirano S, Ambo Y, Tanaka E, Okushiba S, Morikawa T, et al. Forty consecutive resections of hilar cholangiocarcinoma with no postoperative mortality and no positive ductal margins: results of a prospective study. Ann Surg. 2004;240:95-101.
2) Nimura Y, Kamiya J, Kondo S, Nagino M, Uesaka K, Oda K, et al. Aggressive preoperative management and extended surgery for hilar cholangiocarcinoma: Nagoya experience. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2000;7:155-62.
3) Klempnauer J, Ridder GJ, Werner M, Weimann A, Pichlmayr R. What constitutes long-term survival after surgery for hilar cholangiocarcinoma? Cancer. 1997;79:26-34.
4) Pichlmayr R, Weimann A, Klempnauer J, Oldhafer KJ, Maschek H, Tusch G, et al. Surgical treatment in proximal bile duct cancer: a single-center experience. Ann Surg. 1996;224:628-38.
5) 宮川秀一,石原慎,堀口明彦,高田忠敬,松野正紀,高崎健,他.胆道癌取扱い規約に基づく胆道癌登録症例の集計:肝門部胆管癌を中心に.肝胆膵.2005;50:415-25.
6) Kosuge T, Yamamoto J, Shimada K, Yamasaki S, Makuuchi M. Improved surgical results for hilar cholangiocarcinoma with procedures including major hepatic resection. Ann Surg. 1999;230:663-71.
7) Su CH, Tsay SH, Wu CC, Shyr YM, King KL, Lee CH, et al. Factors influencing postoperative morbidity, mortality, and survival after resection for hilar cholangiocarcinoma. Ann Surg. 1996;223:384-94.
8) Sugiura Y, Nakamura S, Iida S, Hosoda Y, Ikeuchi S, Mori S, et al. Extensive resection of the bile ducts combined with liver resection for cancer of the main hepatic duct junction: a cooperative study of the Keio Bile Duct Cancer Study Group. Surgery. 1994;115:445-51.
9) Wakai T, Shirai Y, Moroda T, Yokoyama N, Hatakeyama K. Impact of ductal resection margin status on long-term survival in patients undergoing resection for extrahepatic cholangiocarcinoma. Cancer. 2005;103:1210-6.
10) Nagakawa T, Kayahara M, Ikeda S, Futakawa S, Kakita A, Kawarada H, et al. Biliary tract cancer treatment: results from the Biliary Tract Cancer Stastistics Resgistry in Japan. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2002;9:569-75.
11) Bhuiya MR, Nimura Y, Kamiya J, Kondo S, Fukata S, Hayakawa N, et al. Clinicopathological studies on perineural invasion of bile duct cancer. Ann Surg. 1992;215:344-9.
12) Ebata T, Nagino M, Kamiya J, Uesaka K, Nagasaka T, Nimura Y. Hepatectomy with portal vein resection for hilar cholangiocarcinoma: audit of 52 consecutive cases. Ann Surg. 2003;238:720-7.
13) Miyazaki M, Ito H, Nakagawa K, Ambiru S, Shimizu H, Okaya T, et al. Parenchyma-preserving hepatectomy in the surgical treatment of hilar cholangiocarcinoma. J Am Coll Surg. 1999;189:575-83.
14) Kayahara M, Nagakawa T, Ohta T, Kitagawa H, Tajima H, Miwa K. Role of nodal involvement and periductal soft tissue margin for middle and distal bile duct cancer. Ann Surg. 1999;229:76-83.
15) Sakamoto Y, Kosuge T, Shimada K, Sano T, Ojima H, Yamamoto J, et al. Prognostic factors of surgical resection in middle and distal bile duct cancer:an analysis of 55 patients concerning the significance of ductal and radial margins. Surgery. 2005;137:396-402.
16) Murakami Y, Uemura K, Hayashidani Y, Sudo T, Ohga H, Sueda T. Pancreatoduodenectomy for distal cholangiocarcinoma: prognostic impact of lymph node metastasis. World J Surg. 2007;31:337-42.
17) Cheng Q, Luo X, Zhang B, Jiang X, Yi B, Wu M. Distal bile duct carcinoma: prognostic factors after curative surgery: a series of 112 cases. Ann Surg Oncol. 2007;14:1212-9.


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報