ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
VI:外科治療

 
CQ-21 門脈浸潤例に対して門脈合併切除は行うべきか?

門脈合併切除例は切除不能例に比較すると有意に予後は良好であり,門脈合併切除は有用な可能性がある。(推奨度C1


Ebataら1)は,肝門部胆管癌切除160例のうち52例に門脈合併切除を施行した。門脈切除例に進行例が多かったが,門脈切除の有無によるmortalityに差はなかった。5年生存率は9.9%と36.8%であり門脈切除例で有意に不良であった。病理学的門脈浸潤の有無による予後の差は認めなかった。多変量解析では分化度,リンパ節転移,肉眼的門脈浸潤が予後に関与する因子であった。門脈合併切除により進行癌の一部で長期生存が可能であったと報告している(レベルIV)。
Miyazakiら2)は,肝門部胆管癌切除161例のうち41例に門脈合併切除を施行した(端々吻合39例,左腎静脈グラフト間置2例)。治癒切除例での血管合併切除例と非合併切除例の5年生存率は,それぞれ22%と41%であった。血管合併切除例は有意に予後不良であったが,切除不能例と比較すると予後は良好であり,門脈合併切除の意義はあると報告している(レベルIV)。また門脈,下大静脈再建における左腎静脈グラフトの有用性,安全性について述べている3)(レベルIV)。
Hemmingら4)は,治癒切除と考えられた肝門部胆管癌切除60例のうち26例に門脈合併切除を施行した。門脈切除の有無による合併症・死亡率,断端陽性の頻度,生存率(5年生存率:門脈切除有り39%,門脈切除無し41%)に有意差はなかった。多変量解析では,断端陰性だけが予後改善に関与する因子であった。門脈切除は安全であり,切除不能と比較すると長期生存の可能性があると報告している(レベルIV)。
肝門部胆管癌における門脈浸潤は,切除の可否や切除術式を決める因子の一つである(レベルIV)5),6),7),8)。門脈合併切除により切除可能となる症例が存在し,また切除不能例と比較すると予後良好と報告されているが,比較対象となった切除不能例の多くは門脈浸潤のために切除不能となったわけではないので,門脈合併切除の意義を明らかにする十分な科学的根拠はなく,推奨度はC1とした1),2),3),4),5),6)


引用文献
1) Ebata T, Nagino M, Kamiya J, Uesaka K, Nagasaka T, Nimura Y. Hepatectomy with portal vein resection for hilar cholangiocarcinoma: audit of 52 consecutive cases. Ann Surg. 2003;238:720-7.
2) Miyazaki M, Kato A, Ito H, Kimura F, Shimizu H, Ohtsuka M, et al. Combined vascular resection in operative resection for hilar cholangioma: does it work or not? Surgery. 2007;141:581-8.
3) Suzuki T, Yoshidome H, Kimura F, Shimizu H, Ohtsuka M, Kato A, et al. Renal function is well maintained after use of left renal vein graft for vascular reconstruction in hepatobiliary-pancreatic surgery. J Am Coll Surg. 2006;202:87-92.
4) Hemming AW, Kim RD, Mekeel KL, Fujita S, Reed AI, Foley DP, et al. Portal vein resection for hilar cholangiocarcinoma. Am Surg. 2006;72:599-604.
5) Tsuzuki T, Ueda M, Kuramochi S, Iida S, Takahashi S, Iri H. Carcinoma of the main hepatic duct junction: indications, operative morbidity and mortality, and long-term survival. Surgery. 1990;108:495-501.
6) Nimura Y, Hayakawa N, Kamiya J, Maeda S, Kondo S, Yasui A, et al. Combined portal vein and liver resection for carcinoma of the biliary tract. Br J Surg. 1991;78:727-31.
7) Neuhaus P, Jonas S, Bechstein WO, Lohmann R, Radke C, Kling N, et al. Extended resections for hilar cholangiocarcinoma. Ann Surg. 1999;230:808-18.
8) Jarnagin WR, Fong Y, DeMatteo RP, Gonen M, Burke EC, Bodniewicz BS J, et al. Staging, resectability, and outcome in 225 patients with hilar cholangiocarcinoma. Ann Surg. 2001;234:507-17;discussion 517-519.


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報