ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
VI:外科治療

 
CQ-20 肝門部・上部胆管癌に対し尾状葉合併切除は必要か?

多くの肝門部胆管癌において尾状葉合併切除は有用な可能性がある。(推奨度C1


肝門部胆管癌に対する尾状葉切除の有用性に関してRCTを行って検討した報告はない。症例集積研究としては,Tsuzukiら1)(レベルIV)は治癒切除を得た52例の肝門部胆管癌において,尾状葉合併切除を施行した35例と,しなかった17例を比較し,5年生存率でそれぞれ44%と19%で有意に尾状葉合併切除が良好であり,尾状葉切除は長期生存を得るために必要と結論した。また,Nimuraら2)(レベルIV)は,55例の肝門部胆管癌切除例中,45例に尾状葉合併切除を行いその44例に尾状葉胆管枝への浸潤を認め,治癒切除を得た43例では40.5%の5年生存率を得ており,尾状葉切除は最小限行うべき肝切除であると結論した。
本邦においては,これらの報告や,尾状葉枝が左右肝管合流部付近に合流する区域胆管枝である解剖学的特性を考慮し,肝門部胆管癌においては,尾状葉合併切除が広く行われているのが現状である3),4),5),6),7),8),9),10),11)(レベルIV)。一方で尾状葉胆管枝への浸潤の有無や範囲を,画像上どのようにとらえるかの研究も行われている12),13),14)(レベルIV)。Bismuth I型(図25)の症例で尾状葉胆管枝に癌浸潤を認めない場合には,尾状葉を温存した肝門部胆管切除で治癒切除が得られれば,尾状葉を含む肝切除例と予後に差はないとの報告もある15)(レベルIV)。
諸外国での肝門部胆管癌に対する尾状葉合併切除の是非を論じた報告を見ると,Suら16)は尾状葉合併切除は予後に関係しなかったとしている。一方,イタリアと韓国のグループは,尾状葉合併切除を施行することで生存率の有意な上昇を認めたため,尾状葉胆管枝への浸潤診断が確立されていない現在,尾状葉切除は必要であると論じている17),18)(レベルIV)。それ以外には,総説の中で尾状葉切除の論文を紹介している文献が散見されるのみである19),20),21)


図25 肝門部胆管癌のBismuth-Corlette分類
図25 肝門部胆管癌のBismuth-Corlette分類
(Bismuth H, Nakache R, Diamond T. Management strategies in resection for hilar cholangiocarcinoma. Ann Surg. 1992;215:31-8.)


引用文献
1) Tsuzuki T, Ogata Y, Iida S, Nakanishi I, Takenaka Y, Yoshii H. Carcinoma of the bifurcation of the hepatic ducts. Arch Surg. 1983;118:1147-51.
2) Nimura Y, Hayakawa N, Kamiya J, Kondo S, Shionoya S. Hepatic segmentectomy with caudate lobe resection for bile duct carcinoma of the hepatic hilus. World J Surg. 1990;14:535-43.
3) Nimura Y, Hayakawa N, Kamiya J, Kondo S, Nagino M, Kanai Ml. Hilar cholangioma-surgical anatomy and curative resection. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 1995;2:239-48.
4) 早川直和,二村雄次,神谷順一,塩野谷恵彦,七尾滋彦,佐藤太一郎,他.尾状葉胆管枝のX線学的検討内視鏡的逆行性胆道造影像について.日外会誌.1987;88:839-44.
5) 二村雄次,早川直和,長谷川洋,神谷順一,山瀬博史,近藤哲,他.尾状葉胆管枝への癌進度からみた肝門部胆管癌の外科治療上の問題点.日外会誌.1986;87:1094-7.
6) 鈴木英明.肝門部近傍におけるグリソン系脈管群の相関と異常肝胆道外科の立場から.日外宝函.1982;51:713-31.
7) 宮崎勝,伊藤博,海保隆,安藤克彦,安蒜聡,大多和哲,他.肝門部胆管癌:血管合併切除およびQOLを考慮した尾状葉全切除の意義と問題点.胆と膵.1992;13:1237-44.
8) 遠藤格,藤井義郎,杉田光隆,武田知永,吉田謙一,松尾憲一,他.拡大肝門部胆管切除.外科.2005;67:755-60.
9) 脊山泰治,幕内雅敏.肝門部胆管癌の進展度からみた術式と成績.消画像.2004;6:401-10.
10) Mizumoto R, Kawarada Y, Suzuki H. Surgical treatment of hilar carcinoma of the bile duct. Surg Gynecol Obstet. 1986;162:153-8.
11) Iida S, Tsuzuki T, Ogata Y, Yoneyama K, Iri H, Watanabe K. The long-term survival of patients with carcinoma of the main hepatic duct junction. Cancer. 1987;60:1612-9.
12) 田岡大樹,横井一,川原田嘉文.尾状葉浸潤度診断:胆管浸潤と肝実質浸潤.胆と膵.1996;17:1211-8.
13) 深田伸二,二村雄次,神谷順一,前田正司,近藤哲,安井貴裕,他.肝門部浸潤を伴った胆道癌切除例における尾状葉胆管枝造影所見の検討.日外会誌.1991;92:951-6.
14) Kamiya J, Nimura Y, Hayakawa N, Kondo S, Nagino M, Kanai M. Preoperative cholangiography of the caudate lobe: Surgical anatomy and staging for biliary carcinoma. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 1994;4:385-9.
15) Miyazaki M, Ito H, Nakagawa K, Ambiru S, Shimizu H, Shimizu Y, et al. Aggressive surgical approaches to hilar cholangiocarcinoma: hepatic or local resection? Surgery. 1998;123:131-6.
16) Su CH, Tsay SH, Wu CC, Shyr YM, King KL, Lee CH, et al. Factors influencing postoperative morbidity, mortality, and survival after resection for hilar cholangiocarcinoma. Ann Surg. 1996;223:384-94.
17) Gazzaniga GM, Filauro M, Bagarolo C, Mori L. Surgery for hilar cholangiocarcinoma: Italian experience. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2000;7:122-7.
18) Lee SG, Lee YJ, Park KM, Hwang S, Min PC. One hundred and eleven liver resections for hilar bile duct cancer. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2000;7:135-41.
19) Chamberlain RS, Blumgart LH. Hilar cholangiocarcinoma: a review and commentary. Ann Surg Oncol. 2000;7:55-66.
20) Boerma EJ. Research into the results of resection of hilar bile duct cancer. Surgery. 1990;108:572-80.
21) Kuvshinoff BW, Fong Y, Blumgart LH. Proximal bile duct tumors. Surg Oncol Clin N Am. 1996;5:317-36.


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報