ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
VI:外科治療

 
CQ-18 黄疸肝において残肝予備能の有効な指標はあるか?

CTによる残存予定肝体積の測定は有用である。(推奨度B
ICG排泄試験は,胆管炎の併存のない減黄後の残肝予備能評価として有用な可能性がある。(推奨度C1


胆道癌症例では黄疸肝が併存することが多く1),CTによる残存予定肝体積を測定し,右葉切除や3区域切除などの大量肝切除症例に対してはCQ-17で述べられたように,残存予定体積の増大目的に門脈塞栓術を考慮することも必要と思われる。
黄疸肝に限定した術前肝予備能評価法として減黄後のICG排泄試験,ガラクトース負荷試験などが有用との報告を認めるが,術後合併症の発生という観点からは有意差を認めない。術後肝不全発症という点からはICG排泄試験の結果が一つの予測因子になると思われる。
正常肝・硬変肝における術後死亡・肝不全発症を予測するためのICG15分停滞率を用いた術前肝予備能評価法は広く認められており2)(レベルIV),またCTで,残存予定肝体積ならびに残肝率を測定することでより適格なdecision-makingがなされる3)(レベルIV)。Naginoら4)はロジスティック回帰分析から糖負荷試験・胆管炎の有無・膵頭十二指腸切除併施の有無・ICG消失率の4つの因子が関与していると報告している(レベルIV)。ICG15分停滞率は一般的に肝切除前の残肝予備能評価法として広く施行されているが,黄疸肝においての術前残肝予備能評価法としての報告をみると正常肝・硬変肝に比し症例数がやや不十分である。また肝予備能の結果が良好な症例においても,術前胆管炎の発症は術後手術成績に悪影響を与えたとの報告もある5)(レベルIV)。
現状ではまずCTで残存予定肝体積を測定し,減黄後のICG15分停滞率,胆管炎の有無から総合的に残肝予備能を判断するのが,臨床的には最善の手段と思われる。
ICG排泄試験を胆汁排泄量から検討した報告があり6)(レベルIV),分肝機能評価の一助になりうるが,現状では片葉ドレナージが施行されることが多く,必ずしもその目的を果たしえない。他のガラクトース負荷試験,減黄率などは黄疸肝においては肝予備能評価の一助となるが,エビデンスレベルとしては低い7)(レベルIV)。今後99mTc-GSAシンチグラフィーなどの分肝機能評価可能な検査8)(レベルIV)が症例蓄積により黄疸肝の術前残肝予備能評価法として有効なものとなる可能性は考えられる。


引用文献
1) Tsuzuki T, Ogata Y, Hosoda Y, Kasajima M, Nakanishi I, Ishida M. Hepatic resection upon patients with jaundice. Surg Gynecol Obstet. 1981;153:387-91.
2) Miyagawa S, Makuuchi M, Kawasaki S, Kakazu T. Criteria for safe hepatic resection. Am J Surg. 1995;169:589-94.
3) Kubota K, Makuuchi M, Kusaka K, Kobayashi T, Miki K, Hasegawa K, et al. Measurement of liver volume and hepatic functional reserve as a guide to decision-making in resectional surgery for hepatic tumors. Hepatology. 1997;26:1176-81.
4) Nagino M, Nimura Y, Hayakawa N, Kamiya J, Kondo S, Sasaki R, et al. Logistic regression and discriminant analyses of hepatic failure after liver resection for carcinoma of the biliary tract. World J Surg. 1993;17:250-5.
5) Kanai M, Nimura Y, Kamiya J, Kondo S, Nagino M, Miyachi M, et al. Preoperative intrahepatic segmental cholangitis in patients with advanced carcinoma involving the hepatic hilus. Surgery. 1996;119:498-504.
6) Uesaka K, Nimura Y, Nagino M. Changes in hepatic lobar function after right portal vein embolization. An appraisal by biliary indocyanine green excretion. Ann Surg. 1996;223:77-83.
7) Kaiho T, Miyazaki M, Ito H, Ambiru S, Shimizu H, Togawa A, et al. Reduced hepatic functional reserve in cirrhosis and obstructive jaundice with special reference to histological morphometric analysis and galactose elimination capacity. Eur Surg Res. 1996;28:333-40.
8) Kwon AH, Ha-Kawa SK, Uetsuji S, Kamiyama Y, Tanaka Y. Use of technetium 99m diethylenetriaminepentaacetic acid-galactosyl-human serum albumin liver scintigraphy in the evaluation of preoperative and postoperative hepatic functional reserve for hepatectomy. Surgery. 1995;117:429-34.


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報