ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
V:術前胆道ドレナージ

 
CQ-12 肝門部悪性閉塞に対する胆道ドレナージは,片側肝葉か両側肝葉ドレナージか?

原則として,片側肝葉(残存予定肝)のみのドレナージで対応できる。(推奨度C1


左葉あるいは右葉のみの片葉ドレナージでも減黄が得られることは,日常臨床上よく経験する事実である。ビリルビン処理に関する肝の代償能は極めて大きく,単に減黄を得るためであれば両葉をドレナージする必要はない。
どこにドレナージを設置するか?という問題を考えるには,ドレナージ施行前におおよその切除術式を想定しておく必要がある。ここ数年におけるCT診断精度の向上は目を見張るものがあり,多くの症例でMDCTを使ったdynamic studyのみで手術術式の決定が可能となってきた1),2)(レベルIV)。また,門脈枝塞栓術の導入により,肝の中央部分を切除する複雑な術式(S1切除,S1・4切除,S1・5・8切除,S1・4・5・8切除など)が減少し,左右の葉切除か3区域切除が選択されるようになってきた3),4),5)(レベルIV)。したがって,原則として片側肝葉(残存予定肝)のみのドレナージで対応可能である。
残存予定肝に加え,複数のドレナージを行った方がよいと思われるのは,1)術式の選択に迷う,2)胆管炎の併発,3)減黄不良などの症例,である。両葉ドレナージとするのか片葉ドレナージにとどめるのかは,臨機応変に考えるのが現状であろう。症例ごとに,最も効率が良く苦痛の少ない方法を選択すべきである6),7)。なお,切除不能胆道癌に関する緩和処置としてのドレナージについてはCQ-34を参照されたい。


引用文献
1) Kim HJ, Kim AY, Hong SS, KimMH, Byun JH, Won HJ, et al. Biliary ductal evaluation of hilar cholangiocarcinoma: three-dimensional direct multi-detector row CT cholangiographic findings versus surgical and pathologic resultsfeasibility study. Radiology. 2006;238:300-8.
2) Lee HY, Kim SH, Lee JM, Kim SW, Jang JY, Han JK, et al. Preoperative assessment of resectability of hepatic hilar cholangiocarcinoma: combined CT and cholangiography with revised criteria. Radiology. 2006;239:113-21.
3) Kawasaki S, Imamura H, Kobayashi A, Noike T, Miwa S, Miyagawa S. Results of surgical resection for patients with hilar bile duct cancer: application of extended hepatectomy after biliary drainage and hemihepatic portal vein embolization. Ann Surg. 2004;238:84-92.
4) Seyama Y, Kubota K, Sano K, Noie T, Takayama T, Kosuge T, et al. Long-term outcome of extended hemihepatectomy for hilar bile duct cancer with no mortality and high survival rate. Ann Surg. 2004;238:73-83.
5) NaginoM, Kamiya J, Nishio H, Ebata T, Arai T, Nimura Y. Two hundred forty consecutive portal vein embolizations before extended hepatectomy for biliary cancer: Surgical outcome and long-term follow-up. Ann Surg. 2006;243:364-72.
6) Nagino M, Hayakawa N, Nimura Y, Dohke M, Kitagawa S. Percutaneous transhepatic biliary drainage in patients with malignant biliary obstruction of the hepatic confluence. Hepatogastroenterology. 1992;39:296-300.
7) Nimura Y, Kamiya J, Kondo S, Nagino M, Kanai M. Technique of inserting multiple biliary drains and management. Hepatogastroenterology. 1995;42:323-31.


【参照】
V:術前胆道ドレナージ CQ-11 術前胆道ドレナージとしては何が適切か?


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報