ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
IV:診断

 
CQ-6 胆道癌診断のファーストステップは?

非侵襲的な腹部超音波検査および血液検査は診断のファーストステップとなり得る。(推奨度B


1) 血液生化学検査
胆管閉塞例では肝機能障害(ALP,γ-GTP,BILなどの上昇)を認める1),2)(レベルIII)が,胆道癌に特異的な血液生化学検査はない。

2) 腹部超音波検査
胆道癌を疑った場合に最初に行うべき画像診断は腹部超音波検査である。特に,肝内胆管拡張をとらえることは容易であり,閉塞部位を推定することが可能となる(図11,12)1),2)(レベルIII)。胆嚢癌では50%以上が腫瘍として描出される1)(図13)。
胆管癌の腫瘍描出率は21~90%と幅があり,腫瘍占拠部位が下部胆管では描出率が低下する。肝内胆管が拡張し肝外胆管の拡張がなければ肝門部胆管狭窄が疑われ,肝内外胆管とも拡張していれば中下部胆管狭窄が疑われる3),4),5),6),7),8)(レベルⅣ)。

図11 肝門部胆管癌例の体外式超音波像
図11 肝門部胆管癌例の体外式超音波像
右肝内胆管の拡張は認められるが肝門部の腫瘍は描出不良である[腫瘍の間接所見]。

図12 中部胆管癌例の体外式超音波像 図13 進行胆嚢癌(壁肥厚型)の体外式超音波像
図12 中部胆管癌例の体外式超音波像 図13 進行胆嚢癌(壁肥厚型)の体外式超音波像
拡張した胆管が膵頭部上縁で腫瘍により途絶している
[腫瘍の直接所見]。
全周性に壁肥厚した進行胆嚢癌。

3) 腫瘍マーカー
胆道癌に特異的な腫瘍マーカーはない。他の検査との組み合わせにより診断能は向上するが,腫瘍マーカーによる早期診断は困難である1),2),9),10),11),12),13),14),15),16),17),18)(レベルII,III,IV)。
CA19-99),10),11),12),13)(レベルⅡ,Ⅲ)
胆道癌が疑われる患者のCA19-9の値は不確かである。しかしながら
  • CA19-9は50~79%の胆道癌患者で上昇する。
  • CA19-9は胆汁うっ滞により上昇する。
  • CA19-9はsialyl Lea陰性の場合は胆道癌患者であっても上昇しない。
CEA9),13),14),15)(レベルIII)
  • CEAは胆道癌患者の40~70%で上昇する。
  • CEAは胆汁うっ滞の影響をうけない。
CA12513),16),17),18)(レベルIV)
  • CA125は胆道癌患者の50%前後で上昇する。
  • CA125は腹水貯留症例では上昇する傾向がある。
その他,DUPAN-2,CA195,CA242,IL-6などが測定されることがあるが臨床的有用性ははっきりとしていない13)(レベルII)。


引用文献
1) DeGroen PC, Gores GJ, LaRusso NF, Gunderson LL, Nagorney DM. Biliary tract cancers. N Engl J Med. 1999;341:1368-79.
2) Khan SA, Thomas HC, Davidson BR, Taylar-Robinson SD. Cholangiocarcinoma. Lancet. 2005;366:1303-14.
3) Robledo R, Muro A, Prieto ML. Extrahepatic bile duct carcinoma. US characteristics and accuracy in demonstration of tumors. Radiology. 1996;198:869-73.
4) 堀口祐爾,大漉正夫,北野徹,田口寛子,今井英夫,伊藤圓,他.胆管癌における超音波検査の意義.超音波医.1986;13:173-82.
5) 横溝清司.超音波断層法による胆管癌診断に関する臨床的研究.久留米医会誌.1986;49:537-48.
6) 木村克巳,藤田直孝,野田裕,小林剛,渡邉浩光,望月福治.胆道癌に対する上腹部超音波集検の現況―その有用性と問題点―.腹部画像診断.1993;13:464-70.
7) 窪川良広,有山襄,須山正文,小川薫,佐藤一弘,長岩治郎,他.外来集検の実情.腹部画像診断.1993;13:452-70.
8) Choi BI, Lee JH, Han MC, Kim SH, Yi JG, Kim CW. Hilar cholangiocarcinoma: comparative study with sonography and CT. Radiology. 1989;172:689-92.
9) Misra S, Chaturvedi A, Misra NC, Sharma ID. Carcinoma of the gallbladder. Lancet Oncol. 2003;4:167-76.
10) Piantino P, Fusaro A, Randone A, Cerchier A, Daziano E. Increased levels of CA19-9, CA50 and CA125 in patients with benign disease of biliary tract and the pancreas. J Nucl Med Allied Sci. 1990;34:97.
11) Patel AH, Harnois DM, Klee GG, LaRusso NF, Gores GJ. The utility of CA19-9 in the diagnoses of cholangiocarcinoma in patients without primary sclerosing cholangitis. Am J Gastroenterol. 2000;95:204-7.
12) Nichols JC, Gores GJ, LaRusso NF, Wiesner RH, Nagorney DM, Ritts RE Jr. Diagnostic role of serum CA19-9 for cholangiocarcinoma in patients with primary sclerosing cholangitis. Mayo Clin Proc. 1993;68:874-9.
13) Khan SA, Davidson BR, Goldin R, Pereira SP, Rosenberg WMC, Tayler-Robinson SD, et al. Guidelines for the diagnosis and treatment of cholangiocarcinoma:consensus document. Gut. 2002;51:1-9.
14) Pasanen PA, Eskelinen M, Partanen K, Pikkarainen P, Penttila I, Alhava E. Clinical value of serum tumor marker CEA, CA50 and CA242 in the distinction between malignant versus benign diseases causing jaundice and cholestasis: results from a prospective study. Anticancer Res 1992;12:1687-93.
15) Vij U, Baskaran V. Value of serum CEA and AFP in the diagnosis and prognosis of carcinoma gallbladder. Trop Gastroenterol. 2001;22:227-9.
16) 吉村龍太,芳賀克夫,江上寛,酒本喜與志,赤木正信.腫瘍マーカーCA19-9およびCA125の消化器疾患における臨床的意義:特に膵癌,胆道癌診断の有用性について.日消外会誌.1985:18;1687-92.
17) 竹森康弘,澤武紀雄,里村吉威,大田英樹,渡辺弘之,河上浩康,他.消化器疾患における血清CA125測定の臨床的意義.日消病会誌.1987;84:2386-92.
18) Chaube A, Tewari M, Singh U, Shukla HS. CA 125: a potential tumor marker for gallbladder cancer. J Surg Oncol. 2006;93:665-9.


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報