ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
III:予防・疫学

 
CQ-4 胆嚢ポリープに対する胆嚢摘出術は必要か?

胆嚢ポリープが10mm以上で,かつ画像上増大傾向を認める場合,または大きさにかかわらず広基性の場合,胆嚢癌の頻度が高く,胆嚢摘出術が推奨される。(推奨度B


胆嚢癌の発生母地病変として腺腫もしくは異型上皮が重視され,さらに腸上皮化生の関与が報告されている1),2)。Yamagiwa2)は胆石,胆嚢炎,胆嚢ポリープなどの診断で胆嚢摘出術を施行した2,027例の検討では46例に異型上皮が認められ,胆嚢癌切除例110例中46例(41.8%)で癌に隣接してdysplasiaが認められたと報告している。また,胆嚢切除例1,280例の検討で,15例の腺腫を認め,腺腫組織のみのものはいずれも1cm未満であり,癌化は径が0.7cmのものから6.5cmのものにみられ,2cmを超えるとほとんど癌化していたことが報告されている3)(レベルV)。
Chijiiwaら4)は胆嚢ポリープの診断で胆嚢摘出術が行われた44例を検討し,ポリープの径が10mm以上,単発,年齢が60歳以上であれば胆嚢癌の頻度が有意に高かったと報告している(レベルV)。Kubotaら5)は胆嚢ポリープ切除例72例を検討し,組織診断はコレステロールポリープ47例,腺腫8例,癌16例,炎症性ポリープ1例であり,胆嚢ポリープの形状が広基性,径が10mm以上,増大傾向を認める場合には癌の可能性が高いと報告している(レベルIV)。胆嚢ポリープは10mm以上で,かつ画像上増大傾向を認める場合,または大きさにかかわらず広基性病変では胆嚢癌の頻度が高く切除の適応と考えられる4),5),6),7),8),9)(レベルV)


引用文献
1) Roa I, de Aretxabala X, Araya JC, Roa J. Preneoplastic lesions in gallbladder cancer. J Surg Oncol. 2006;93:615-23.
2) Yamagiwa H. Mucosal dysplasia of gallbladder: isolated and adjacent lesions to carcinoma. Jpn J Cancer Res. 1989;80:238-43.
3) 山際裕史.胆嚢疾患の臨床病理(5)胆嚢の腺腫.臨病理.1986;34:729-32.
4) Chijiiwa K, Tanaka M. Polypoid lesion of the gallbladder: indications of carcinoma and outcome after surgery for malignant polypoid lesion. Int Surg. 1994;79:106-9.
5) Kubota K, Bandai Y, Noie T, Ishizaki Y, Teruya M, Makuuchi M. How should polypoid lesions of the gallbladder be treated in the era of laparoscopic cholecystectomy? Surgery. 1995;117:481-7.
6) Myers RP, Shaffer EA, Beck PL. Gallbladder polyps: epidemiology, natural history and management. Can J Gastroenterol. 2002;16:187-94.
7) Mainprize KS, Gould SWT, Gilbert JM. Surgical management of polypoid lesions of the gallbladder. Br J Surg. 2000;87:414-7.
8) Akatsu T, Aiura K, Shimazu M, Ueda M, Wakabayashi G, Tanabe M, et al. Can endoscopic sonography differentiate nonneoplastic from neoplastic gallbladder polyps? Dig Dis Sci. 2006;51:416-21.
9) Sugiyama M, Atomi Y, Yamato T. Endoscopic ultrasonography for differential diagnosis of polypoid gall bladder lesions: analysis in surgical and follow up series. Gut. 2000;46:250-4.


【参照】
III:予防・疫学 CQ-1 胆道癌のリスクファクターはどのようなものがあるか? 2) 胆嚢癌のリスクファクター 胆嚢腺腫


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報