ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
III:予防・疫学

 
CQ-3 無症候性胆石症に対する胆嚢摘出術は必要か?

無症候性胆石症に対して胆嚢摘出術を勧める根拠は不十分である。(推奨度C2


胆嚢癌に胆石が合併する頻度は高く,40〜75%と報告されている1),2),3)(レベルV)。3cm以上の胆嚢結石,胆嚢癌の家族歴,長期にわたる胆嚢炎の病悩期間が胆嚢癌のリスクファクターであるとされ,これらの症例に対しては手術を考慮すべきとの報告もある2),4),5)。しかし,先行する胆石の存在により胆嚢癌発生頻度が有意に増加するという報告はみられず6),7),現時点では胆石と胆嚢癌との直接的因果関係は証明されていない。
Maringhiniら8)は胆石を有する2,583例の長期観察結果(観察期間中央値13.3年)から,5例に胆嚢癌の発生を認め,これは健常人との比較で男性においては有意に発生率が高いとしている。しかし,彼らは有意差があるものの,その発生率は低く,予防的胆嚢摘出術は推奨しないとしている。
Gracieら6)は無症候性胆石123例において10年間以上経過観察したが胆嚢癌の発生は1例もなかったと報告している。また,田野7)の報告では,胆石症1,479例中,無症候性胆石501例の経過観察(観察期間は6ヵ月から20年間)で胆嚢癌の合併は認められなかった(レベルIV)。無症候性胆石の場合,長期間経過観察しても胆嚢癌が発生する危険は少ないといえる。
無症候性胆嚢結石の中でも,胆嚢壁の石灰化あるいは陶器様胆嚢については胆嚢癌の合併が多いとする報告9),10)(レベルIV)と全く因果関係を認めないとする報告11)(レベルIV)があり,見解は一致していない。


引用文献
1) 江川直人,神澤輝実,鶴田耕二,岡本篤武.胆石症と胆嚢癌の関係にみられる性差についての臨床的検討.胆道.2003;17:86-91.
2) Sheth S, Bedford A, Chopra S. Primary gallbladder cancer: recognition of risk factors and the role of prophylactic cholecystectomy. Am J Gastroenterol. 2000;95:1402-10.
3) Hsing AW, Bai Y, Andreotti G, Rashid A, Deng J, Chen J, et al. Family history of gallstones and the risk of biliary tract cancer and gallstones: A population-based study in Shanghai, Chaina. Int J Cancer. 2007;121:832-8.
4) David FR, william AG. Treatment of gallstones. Ann Intern Med. 1993;119:606-19.
5) Society for Surgery of the Alimentary Tract. SSAT patient care guidelines. Treatment of gallstone and gallbladder disease. J Gastrointest Surg. 2007 Sep;11(9):1222-4. Website[Revised 5/11/06, Board Approved 5/20/O6, cited 10/12/07.]. Avalable from: http://www.ssat.com/cgi-bin/chole7.cgi
6) Gracie WA, Ransohoff DF. The natural history of silent gallstones. N Engl J Med. 1982;307:798-800.
7) 田野博宣.無症状胆石例の病態と臨床に関する研究.慈恵医大誌.1990;105:429-47.
8) Maringhini A, Moreau JA, Melton LJ 3rd, Hench VS, Zinsmeister AR, DiMagno EP. Gallstones, gallbladder cancer and other gastrointestinal malignancies. An epidemiologic study in Rochester, Minnesota. Ann Intern Med. 1987;107:30-5.
9) Stephen AE, Berger DL. Carcinoma in the porcelain gallbladder: a relationship revisited. Surgery. 2001;129:699-703.
10) Tazuma S, Kajiyama G. Carcinogenesis of malignant lesions of the gallbladder. The impact of chronic inflammation and gallstones. Langenbecks Arch Surg. 2001;386:224-9.
11) Towfigh S, McFadden DW, Cortina GR, Thompson JE, Tompkins RK, Chandler C, et al. Porcelain gallbladder is not associated with gallbladder carcinoma. Am Surg. 2001;67:7-10.


【参照】
III:予防・疫学 CQ-1 胆道癌のリスクファクターはどのようなものがあるか? 2) 胆嚢癌のリスクファクター 胆嚢結石症,陶器様胆嚢


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報