ガイドライン

(旧版)エビデンスに基づいた胆道癌診療ガイドライン[第1版]

書誌情報
III:予防・疫学

 
CQ-2 膵・胆管合流異常における予防的治療は必要か?

胆管拡張型では胆管癌の合併頻度が高く,予防的な胆嚢摘出と肝外胆管切除の有用性が期待できる可能性がある。(推奨度C1
胆管非拡張型は胆嚢癌のリスクファクターであり,予防的胆嚢摘出術が推奨される。(推奨度B


本邦における膵・胆管合流異常1,627例を対象とした全国集計の検討から,胆管拡張型の膵・胆管合流異常では胆道癌が10.6%合併し,このうち胆嚢癌が64.9%,胆管癌も33.6%と胆管癌も高率に発生している1)(レベルIV)ことから予防的胆嚢摘出および肝外胆管切除を考慮すべきである。現在,胆管拡張型の膵・胆管合流異常に対する標準的治療は胆嚢摘出術,肝外胆管切除術,肝管空腸吻合術と考えられている2)
胆管非拡張型では胆道癌が37.9%合併しているが,そのうち胆嚢癌の合併が93.2%と大部分を占めた1)(レベルIV)。このことから高率に認められる胆嚢癌に対して少なくとも予防的胆嚢摘出は行うべきである。しかし,肝外胆管切除については必ずしも統一された合意が得られていないのが現状である。胆管非拡張型の膵・胆管合流異常に関しては,胆管拡張型に比較して胆管癌の合併が少なく,胆管粘膜の癌関連抗原の発現を認めなかったことから肝外胆管切除は必要ないとする報告3),4),5),6)(レベルIV)がある一方で,胆管非拡張型においても合流異常のない胆道癌と比較すると胆管癌の発生率が高率で,遺伝子異常も認められる1),7),8)(レベルIV)とする報告がある。


引用文献
1) Tashiro S, Imaizumi T, Ohkawa H, Okada A, Katoh T, Kawaharada Y, et al. Pancreaticobiliary maljunction: retrospective and nationwide survey in Japan. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2003;10:345-51.
2) Sekido H, Shimada H, Morita T, Matsuo K, Kunihoro O, Miura Y, et al. Indications for surgery and optimal extent of resection of the bile duct: surgical treatment for pancreaticobiliary maljunction. Koyanagi K, Aoki T. editors. Pancreaticobiliary maljunction. Chapter V. Tokyo: Igaku Tosho Shuppan. 2002:303-10.
3) Kobayashi S, Asano T, Yamasaki M, Kenmochi T, Saigo K, Ochiai T. Prophylactic excision of the gallbladder and bile duct for patients with pancreaticobiliary maljunction. Arch Surg. 2001;136:759-63.
4) Ohuchida J, Chijiiwa K, Hiyoshi M, Kobayashi K, Konomi H, Tanaka M. Long-term results of treatment for pancreaticobiliary maljunction without bile duct dilatation. Arch Surg. 2006;141:1066-70.
5) 高尾尊身,今村博,愛甲孝.胆管拡張を伴わない膵胆管合流異常と胆嚢癌 予防的手術は理論的か.臨外.2003;58:151-6.
6) Masuhara S, Kasuya K, Aoki T, Yoshimatsu A, Tsuchida A, Koyanagi Y. Relation between K-ras codon 12 mutation and p53 protein overexpression in gallbladder cancer and biliary ductal epithelia in patients with pancreaticobiliary maljunction. J Hepatobiliary Pancreat Surg. 2000;7:198-205.
7) Ando H, Ito T, Nagaya M, Watanabe Y, Seo T, Kaneko K. Pancreaticobiliary maljunction without choledochal cysts in infants and children: clinical features and surgical therapy. J Pediatr Surg. 1995;30:1658-62.
8) Matsubara T, Zhi LZ, Miura H, Sakurai Y, Imazu H, Imai H, et al. High carcinogenic potential of biliary epithelium in patients with pancreaticobiliary maljunction. In: Koyanagi K, Aoki T. editors, Pancreaticobiliary maljunction. Chapter IV. Tokyo: Igaku Tosho Shuppan. 2002:285-94.


【参照】
III:予防・疫学 CQ-1 胆道癌のリスクファクターはどのようなものがあるか? 1) 胆管癌のリスクファクター 膵・胆管合流異常
III:予防・疫学 CQ-1 胆道癌のリスクファクターはどのようなものがあるか? 2) 胆嚢癌のリスクファクター 膵・胆管合流異常


Clinical Question一覧へ戻る

 

書誌情報