ガイドライン

(旧版)食道癌診断・治療ガイドライン 2007年4月版

書誌情報
XIII.食道癌治療のアルゴリズム

 
附4.占居部位別リンパ節群分類

食道 N1 N2 N3
頸部 CePh 101,102 103,104,106 rec* 100,105*
  Ce 101,106 rec* 102,104,105* 100
胸部上部 Ut 105,101,106rec 104,106tbL,107,108,109 102mid,106pre,106tbR,110,111,112,1,2,3,7
胸部中部 Mt 108,106rec 101,105,106tbL,107,109,110,1,2,3,7 104,111,112,20
胸部下部 Lt 110,1,2 106rec,107,108,109,111,112,3,7,20 101,105,106tbL,9,19
腹部 Ae 110,1,2,3,7,20 108,111,8a,9,11p,19 106rec,107,(109),112,(4sa),(4sb),(4d),(5),(6),11d
註) *を付したリンパ節は頸部から郭清できる範囲のものとする。

食道胃接合部領域 N1 N2 N3
  EG(Ae) 110,1,2,3,7,20 108,111,8a,9,11p,19 106rec,107,(109),112,(4sa),(4sb),(4d),(5),(6),11d
  GE 1,2,3,7,20 4sa,4sb,8a,9,11p,19 (108),110,(111),(112),4d,5,6,8p,10,11d,(16a2/b1)
註1) 食道胃接合部領域をEGとGEに二分する。E=Gの場合,扁平上皮癌はEGの癌,腺癌はGEの癌とみなす。
註2) EGの癌はAeの癌と同じリンパ節群分類である。
註3) 括弧を付したリンパ節は,必ずしも郭清しなくてよい。


腫瘍の占居部位別リンパ節群
頸部食道(CePh) 頸部食道(CePh) 胸部上部食道(Ut) 胸部中部食道(Mt)
胸部下部食道(Lt) 腹部食道(Ae(EG)) (GE) ※を付したリンパ節は,必ずしも郭清しなくてよい。


【参照】
IV.外科治療 A.頸部食道癌に対する手術 リンパ節郭清
IV.外科治療 B.胸部食道癌に対する手術 リンパ節郭清
IV.外科治療 C.食道胃接合部癌(腹部食道癌)に対する手術 切除とリンパ節郭清

 

書誌情報