ガイドライン

(旧版)食道癌診断・治療ガイドライン 2007年4月版

書誌情報
XIII.食道癌治療のアルゴリズム

 
附1.占居部位 Location of the lesion
1.食道の定義
食道とは食道入口部から食道胃接合部までをいう。食道入口部は輪状軟骨の下縁のレベルに一致する。

2.食道の区分
食道を頸部食道Ce,胸部食道Te,腹部食道Aeに分ける。食道には下咽頭Phと食道胃接合部領域Zone of the esophagogastric junctionが隣接する。食道胃接合部領域をさらに食道側Eと胃側Gに分ける(図1)。註)
頸部食道(Ce)cervical esophagus:食道入口部より胸骨上縁まで
胸部食道(Te)thoracic esophagus:胸骨上縁から食道裂孔上縁まで
  • 胸部上部食道(Ut)upper thoracic esophagus:胸骨上縁より気管分岐部下縁まで
  • 胸部中部食道(Mt)middle thoracic esophagus:気管分岐部下縁より食道胃接合部までを2等分した上半分
  • 胸部下部食道(Lt)lower thoracic esophagus:気管分岐部下縁より食道胃接合部までを2等分した下半分の中の胸腔内食道
腹部食道(Ae)abdominal esophagus:腹腔内食道(食道裂孔上縁から食道胃接合部まで)

註) 食道胃接合部の上下2cmの部位を食道胃接合部領域Zone of the esophagogastric junctionとする。腹部食道Aeはこれに含まれる。

図1:占居部位
図1:占居部位
O 食道入口部 esophageal orifice S 胸骨上縁 upper margin of the sternum
B 気管分岐部下縁 tracheal bifurcation D 横隔膜 diaphragm
EGJ 食道胃接合部 esophagogastric junction H 食道裂孔 esophageal hiatus


図2:食道胃接合部癌の分類と記載法
図2:食道胃接合部癌の分類と記載法


【参照】
IV.外科治療 B.胸部食道癌に対する手術 リンパ節郭清

 

書誌情報