ガイドライン

(旧版)食道癌診断・治療ガイドライン 2007年4月版

書誌情報
IV.外科治療

 
C.食道胃接合部癌(腹部食道癌)に対する手術
要約

食道胃接合部癌(E,EG)においても胸部食道癌と同様に右開胸による上縦隔を含めた郭清および胃管を用いての再建から左開胸・開腹法や左胸腹連続切開法による下部食道噴門側胃切除または下部食道胃全摘,開胸を行わず経食道裂孔に下縦隔へ到達する方法まで,種々の方法が行われる。下部食道傍リンパ節から上腹部リンパ節への転移が高率にみられる。主に胃管あるいは空腸による胸腔内吻合が行われる。


切除とリンパ節郭清

食道癌取扱い規約第10版より『食道胃接合部の上下2cmを食道胃接合部領域とし,この領域内に癌腫の中心があるものを食道胃接合部癌』と定義した115)。したがって腹部食道癌はこれに含まれることとなった。胃側よりも食道側への浸潤範囲が広い食道胃接合部癌(E,EG)においても胸部食道癌と同様に右開胸による上縦隔を含めた郭清および胃管を用いての再建116),117),あるいは頸部,上縦隔リンパ節郭清の意義は少ないと考え,左開胸・開腹法や左胸腹連続切開法で,下部食道噴門側胃切除または下部食道胃全摘が行われることもある118),119)。開胸を行わず食道裂孔を開大して経腹的に下縦隔へ到達する方法も行われている120)。下部食道傍リンパ節[110],噴門リンパ節[1][2],小彎リンパ節[3],左胃動脈幹リンパ節[7],腹腔動脈周囲リンパ節[9]などへの転移が高率にみられる(附34参照)
食道側より胃側への浸潤範囲が広い食道胃接合部癌(G,GE)では縦隔内へのリンパ節転移の頻度は低く,またその郭清効果も比較的低いため,食道癌取扱い規約第10版では3群リンパ節として分類されている。

再建方法

胃管を用いての胸腔内吻合,空腸を挙上しての空腸間置法またはRoux-en-Y法による胸腔内吻合などが行われる。
下部食道胃噴門切除例においての食道胃吻合は術後逆流性食道炎の発生が問題となることが多く,その対策を要する。

 

書誌情報