ガイドライン

前十字靱帯(ACL)損傷診療ガイドライン 2012

<前へ 次へ>
書誌情報

本文

前十字靱帯(ACL)損傷診療ガイドライン 2012
改訂第2版

本文は 各章ごとのPDFでご覧ください。


監修
日本整形外科学会
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会


編集
日本整形外科学会診療ガイドライン委員会
前十字靱帯(ACL)損傷診療ガイドライン策定委員会


発行年月日
2012年5月25日


発行
南江堂


このガイドラインを書籍として購入することができます。
詳細はこちら


※この解説は、公益社団法人日本整形外科学会、南江堂より許可を得て掲載しています。

目次
前付
  表紙
  診療ガイドライン2012(第2版)改訂組織
  日本整形外科学会診療ガイドライン改訂にあたって
  運動器疾患ガイドライン策定の基本方針
  2012(第2版)の序
  初版について
 
前文
  1 はじめに
  2 文献検索および選択の方法
  3 クリニカルクエスチョン,エビデンスレベルと推奨Gradeの説明
  4 ACL(膝前十字靱帯)損傷の概略
  5 使用用語および略語について
 
第1章
疫学
       CQ1 ACL 損傷のリスクファクターにはどのようなものがあるか
CQ2 ACL 損傷の発生率に男女差はあるか
CQ3 ACL 損傷のスポーツでの受傷メカニズムはどのようなものがあるか
このページの先頭へ
第2章
自然経過・病態・予防
  CQ4 ACL 損傷の自然経過は
CQ5 ACL 部分損傷は完全損傷より予後がよいか
CQ6 ACL 損傷は膝関節固有感覚に影響を与えるか
CQ7 疼痛,膝くずれ,不安定感などの症状がある場合とない場合のACL 損傷膝では,関節固有感覚に違いがあるか
CQ8 ACL 損傷後,関節固有感覚はリハビリテーションにより回復するか
CQ9 ACL 損傷予防にトレーニングは有効か
このページの先頭へ
第3章
診断
  CQ10 ACL 損傷を診断するうえで有効な徒手テストは何か
CQ11 ACL 損傷の診断のためにMRI 検査は有用か
CQ12 ACL 損傷に合併した半月板損傷や他の関節内損傷の診断にMRI 検査は有用か
CQ13 成長期から思春期のACL および半月板損傷に対するMRI の診断精度は成人に比べてどうか
このページの先頭へ
第4章
治療
4.1 手術適応・保存的治療
  CQ14 成長期から思春期のACL 損傷は保存的治療でよいか
CQ15 中高齢者のACL 損傷に対して手術適応はあるか
CQ16 ACL 損傷で完全損傷と不全損傷で保存的治療を受けた場合には予後には差があるか
CQ17 保存的治療の適応患者には骨形態上に何か特徴があるか
CQ18 ACL 損傷保存的治療の長期的成績は
CQ19 ACL 損傷で保存的治療を受ける場合に,専門の指導者により管理されたリハビリテーションを受けた場合とそうでない場合とでは違いがあるか
CQ20 ACL 不全膝のリハビリテーションにおけるOKC(open kinetic chain)訓練とCKC(closed kinetic chain)訓練の有効性と安全性は
CQ21 ACL 損傷の保存的治療後はどの程度のスポーツ復帰が可能か
4.2 手術時期
  CQ22 待機手術とした(受傷後経過が長い)場合,不利な点が生じうるか
CQ23 ACL 再建術の受傷後早期の施行は,術後最終経過観察時の成績に影響を与えるか
4.3 ACL 再建術の評価法
  CQ24 ACL 再建術の評価法の特徴・問題点は
CQ25 ACL 術後の日常生活動作,筋力,膝安定性を評価するためにパフォーマンステストを用いることは意味があるか
CQ26 再建ACL の鏡視所見は成績と関係するか
CQ27 MRI を用いてACL 再建術後の移植腱の状態を評価することは可能か
CQ28 ACL 再建術後どのように移植腱は変化するか
CQ29 ACL 再建術後の患者自己評価とその影響因子は
4.4 ACL 再建術の一般成績
  CQ30 ACL 再建術の術後成績に影響を与える患者背景因子は何か
CQ31 関節鏡視下ACL 再建術(鏡視下法)と関節切開によるACL 再建術(関節切開法)で術後成績に差があるか
CQ32 一皮切ACL 再建術と二皮切ACL 再建術で術後成績に差があるか
CQ33 移植腱の初期張力はACL 再建術の術後成績に影響を及ぼすか
CQ34 ACL 再建術後,移植腱はどれくらいの強さまで戻るか
CQ35 ACL 再建後,関節固有感覚は回復するか
CQ36 ACL 再建術後の成績評価には関節固有感覚の改善が影響を及ぼすか
CQ37 ACL 再建術を受けると歩行動態や膝キネマティックは正常に戻るか
CQ38 ACL 再建術は変形性関節症の発症を防ぐことができるか
4.5 BTB を用いたACL 再建術
  CQ39 BTB を用いたACL 再建術はどのような方法で靱帯を再建するものか
CQ40 BTB を用いたACL 再建術の成績は
CQ41 BTB を用いたACL 再建術の術後成績に経年変化はあるか
CQ42 BTB を用いたACL 再建術で,移植腱採取が術後成績に与える影響は
CQ43 BTB を用いたACL 再建術後の膝の痛みはどのような痛みか
CQ44 BTB を用いたACL 再建術で,移植腱採取部位の経時的変化は
CQ45 BTB を用いたACL 再建術で,移植腱採取に伴う問題の解決法は
CQ46 BTB 採取部の痛みを軽減させる方法は
4.6 STG 腱を用いたACL 再建術
  CQ47 STG 腱を用いてACL 再建術を行う場合,健側から採取すると利点はあるか
CQ48 STG 腱を用いたACL 再建術で,半腱様筋腱の単独使用と薄筋腱の併用とでは術後成績に差があるのか
CQ49 STG 腱を用いたACL 再建術で,骨孔の位置は術後成績に影響を与えるか
CQ50 STG 腱を用いたACL 再建術で,望ましい移植腱固定法は
CQ51 STG 腱を用いたACL 再建術で,膝の屈曲力は回復するか
CQ52 ACL 再建術で採取されたSTG 腱はその後どうなるか
CQ53 BTB 法とSTG 法はACL 再建術後のoutcome は違うか
CQ54 STG 腱による一束再建術と二重束再建術でoutcome は違うか
4.7 BTB,STG 腱以外を用いた手術法
  CQ55 大腿四頭筋腱を用いたACL 再建術はBTB によるACL 再建術と手術後早期の回復に差があるか
CQ56 大腿四頭筋腱を用いたACL 再建術の術後成績は
CQ57 大腿四頭筋腱を用いたACL 再建術で,移植腱固定法は術後成績に影響を与えるか
CQ58 同種腱によるACL 再建術の成績と問題点は
CQ59 ACL 再建において自家腱と同種腱使用例の成績に差はあるか
CQ60 人工靱帯を用いたACL 再建術の中長期成績は
4.8 ACL 再建術における新たなる試み
  CQ61 損傷ACL の遺残組織を残すことはACL 再建術の成績に影響を与えるか
CQ62 両側同時ACL 再建術を行う利点,欠点はあるか
CQ63 ACL 再建術においてコンピュータ支援システム(computer-assistedsurgery system)は有用か
CQ64 ACL 再建術後のヒアルロン酸製剤の関節注入の効果は
4.9 骨端線閉鎖前症例に対するACL 再建術
  CQ65 成長期(骨端線閉鎖前)におけるACL 再建術は,骨成長に影響を与えるか
CQ66 骨端線閉鎖前の若年者のACL 損傷の治療に対してBTB 同種移植を用いた再建術の成績は
4.10 後療法
  CQ67 ACL 再建術は日帰り手術が可能か
CQ68 ACL 再建術後の疼痛の軽減に対する処置は
CQ69 ACL 再建術後の鎮痛対策は
CQ70 ACL 再建術後にドレナージ(ドレーン留置)は必要か
CQ71 ACL 再建術後の冷却療法の効果は
CQ72 ACL 再建術前のリハビリテーションの有効性は
CQ73 ACL 再建術後の装具装着の必要性は
CQ74 ACL 再建術後の早期可動域・荷重訓練の意義は
  CQ75 STG 腱を用いたACL 再建術で,加速化リハビリテーションを行った場合に術後成績は低下するか
CQ76 ACL 再建術後の後療法において,下肢の血流を制限した加圧トレーニングは有用か
CQ77 有効性の認められているACL 再建術後のリハビリテーション訓練は
CQ78 ACL 再建術後のスポーツ復帰の時期はいつごろか.また復帰に影響を与える因子は
4.11 合併症
  CQ79 ACL 再建術後の感染と治療法は
CQ80 ACL 再建術後の可動域制限の原因は何か
CQ81 ACL 再建術後可動域制限の治療法は
CQ82 BTB を用いたACL 再建術で,移植腱採取に伴う合併症は
CQ83 STG 腱採取に際して神経損傷の合併は
4.12 術後再受傷とその治療
  CQ84 ACL 再建術後の再建膝と対側膝のACL 損傷の頻度はどのくらいか
CQ85 ACL 再建術後の再損傷例に対して再再建術を行う時期と成績との関係は
CQ86 自家腱による再建ACL の再損傷例に対する再再建術の成績は初回再建と比べて劣るか
4.13 合併損傷とその治療
  CQ87 ACL 再建術時に合併する半月板損傷に対する手術の適応は
CQ88 ACL 再建時に,中心部の血行のない部分の損傷半月板に対して半月板縫合術の適応はあるか
CQ89 ACL 再建術時に合併する損傷半月板を切除すると,術後成績に影響があるか
CQ90 ACL 再建術時の半月板修復術の長期成績はどのようなものか
CQ91 ACL とMCL の合併損傷膝とACL 単独損傷膝に対する靱帯再建術の成績は異なるか
CQ92 ACL とMCL の合併損傷膝に対するACL 再建術に際しMCL を修復する必要があるか
CQ93 膝関節が脱臼した場合,ACL も損傷されるか
CQ94 膝関節脱臼に対して,どの治療法を選択すべきか
CQ95 膝関節脱臼に対する手術法は何を選択すべきか
このページの先頭へ
後付
  索引
  奥付
このページの先頭へ



<前へ 次へ>
書誌情報