ガイドライン

大腸癌治療ガイドライン 医師用 2016年版

<前へ 次へ>
書誌情報

本文

大腸癌治療ガイドライン医師用 2016年版

本文は外部サイトでご覧ください。

編集
大腸癌研究会

発行年月日
2016年11月22日


発行
金原出版


このガイドラインを書籍として購入することができます。
詳細はこちら



※このガイドラインは、大腸癌研究会及び金原出版より許可を得て掲載しています。

※書誌情報には、評価対象となった発行物の情報を記載しています。

※作成団体や出版社の意向により、閲覧できる内容が評価対象となった発行物から変更になっている場合があります。


目次
はじめに
2014年版 序
2010年版 序
2009年版 序
初版 序
 
『大腸癌治療ガイドライン医師用2016年版』 主な改訂点
 
総 論
  1 .目的
  2 .使用法
  3 .対象
  4 .作成法
  5 .文献検索法
  6 .改訂
  7 .公開
  8 .一般向けの解説
  9 .資金
  10.利益相反
  11.文献
  12.ガイドライン委員会
 
各 論
  1 .Stage 0~Stage III 大腸癌の治療方針
    1 )内視鏡治療
    2 )手術治療
  2 .Stage IV 大腸癌の治療方針
  3 .再発大腸癌の治療方針
  4 .血行性転移の治療方針
    1 )肝転移の治療方針
    2 )肺転移の治療方針
    3 )脳転移の治療方針
    4 )その他の血行性転移の治療方針
  5 .化学療法
    1 )補助化学療法
    2 )切除不能進行再発大腸癌に対する化学療法
  6 .放射線療法
    1 )補助放射線療法
    2 )緩和的放射線療法
  7 .緩和医療・ケア
  8 .大腸癌手術後のサーベイランス
    1 )大腸癌根治度A切除後の再発に関するサーベイランス
    2 )大腸癌根治度B切除後および再発巣切除後のサーベイランス
    3 )異時性多重がんのサーベイランス
 
Clinical Questions
  CQ 1: 内視鏡的摘除されたpT1(SM)大腸癌の追加治療の適応基準は何か?
  CQ 2: 最大径2cm以上の病変に対する内視鏡的摘除手技の選択基準は何か?
      サイドメモ
        SM 浸潤距離の実測法/脈管侵襲の評価法/簇出の評価法
  CQ 3: 大腸ESDによる大腸腫瘍の内視鏡的摘除の注意点は何か?
  CQ 4: 大腸癌に対する腹腔鏡下手術は有効か?
  CQ 5: 切除不能な遠隔転移を有する症例に原発巣切除は有用か?
  CQ 6: 腹膜播種を認めた場合、原発巣と同時に腹膜播種を切除することは有用か?
  CQ 7: 肝転移と肺転移の双方を同時に有する症例に対する切除の適応は何か?
  CQ 8: 遠隔転移巣切除後の補助化学療法は有効か?
  CQ 9: 化学療法が奏効して切除可能となった肝・肺転移に対する切除は有効か?
  CQ10: 直腸癌局所再発に対する手術適応は何か?
  CQ11: 切除可能肝転移に対する術前補助化学療法は有効か?
  CQ12: 肝転移巣に対する熱凝固療法は有効か?
  CQ13: 70歳以上の高齢者に術後補助化学療法は有用か?
  CQ14: Stage II 大腸癌に術後補助化学療法は施行すべきか?
  CQ15: 術後補助化学療法の治療期間は6カ月が適切か?
  CQ16-1: 一次治療として分子標的治療薬の併用療法は推奨されるか?
  CQ16-2: 二次治療として分子標的治療薬の併用療法は推奨されるか?
  CQ16-3: 三次治療以降において、Regorafenib、TAS-102の投与は推奨されるか?
  CQ17: 肝転移に対する肝動注療法は有用か?
      サイドメモ
        IRIとUGT1A1遺伝子多型
  CQ18: 直腸癌に対する術前化学放射線療法は有効か?
  CQ19: 切除不能な局所進行・局所再発直腸癌に対する化学放射線療法は有効か?
  CQ20-1: 大腸癌治癒切除後のサーベイランスは有効か?
  CQ20-2: 大腸癌治癒切除後に多重がん(多発大腸癌および他臓器がん)のサーベイランスは有効か?
 
資 料
文 献
索 引



<前へ 次へ>
書誌情報