ガイドライン

(旧版)大腸癌治療ガイドライン医師用 2010年版

書誌情報
Clinical Questions

 


CQ16:KRAS遺伝子変異と抗EGFR抗体薬
推奨カテゴリーA
抗EGFR抗体薬はKRAS遺伝子に変異がない大腸癌において有用性が報告されている116),117),118),119),126),132),134),298),299),300),301),302),303)



癌組織のKRAS遺伝子変異と抗EGFR抗体薬の有効性との間に密接な相関があることが報告され116),117),118),119),126),132),134),298),299),300),301),302),303)KRAS遺伝子変異例には,抗EGFR抗体薬の投与は推奨されない。

 

書誌情報