ガイドライン

(旧版)大腸癌治療ガイドライン医師用 2010年版

書誌情報
はじめに(2009年版)

 
大腸癌研究会会長
杉原健一

『大腸癌治療ガイドライン医師用2005年版』は2005年7月に出版されてから2009年5月までに31,000冊が販売されました。ガイドラインが刊行されるまでは,大腸癌治療を専門にしている医師にはコンセンサスとしての標準的な大腸癌の治療法があり,その治療成績は世界のトップであることが示されていました。一方,この25年間に大腸癌の罹患数は約4倍に増え,平成14年の大腸癌罹患数は10万5,195人(地域がん登録全国推計値)であり,平成20年の大腸癌死亡数は4万2,998人(平成20年人口動態統計月報年計)となりました。これだけ多くの方が大腸癌に罹患するようになった現在,多数の方は必ずしも大腸癌治療の専門施設・専門の医師の治療を受けているわけではないことが推測されます。大腸癌研究会はこのような状況を鑑み,大腸癌治療ガイドラインを作成することにより標準治療を普及させ,日本全国の大腸癌治療の質や治療成績の向上を目指しました。ガイドライン作成の成果は治療成績の向上で評価すべきですが,現状では,日本全体の大腸癌治療成績を適正に評価する方法はありません。しかし,『大腸癌治療ガイドライン医師用2005年版』が3万冊以上売れたことから,提示された標準治療がかなり普及しているものと思います。
ガイドラインが作成された後も,その普及のためにさまざまな活動やアンケート調査が行われました。その後,2007年7月に本版の作成のためにガイドライン作成委員会を改組し,活動を開始しました。本版の作成においては,論文検索を網羅的に行い,大腸癌研究会の委員会やプロジェクト研究の研究成果を踏まえ,大腸癌治療の専門家の討論により,標準治療を提示しています。日本と欧米では大腸癌に関する診断学および手術に対する考え方やその成績が異なること,内視鏡治療や手術ではランダム化比較試験がほとんどないこと,からエビデンスレベルや推奨度の設定がかなり困難です。このようなことから,本版では独自の推奨度カテゴリーを設定しました。
大腸癌研究会では大腸癌の診療における問題を解決するために,問題提起を行い,委員会やプロジェクト研究を通して1つずつ解決し,それを規約やガイドラインに盛り込んできています。一方,本邦でも大腸癌治療に関する大規模臨床試験がいくつも行われ,それぞれ1,000例以上の症例集積が完遂されていて,数年内にはそれらの成果も公表されるものと思います。今後も大腸癌治療ガイドラインの改訂を継続していきますが,日本と欧米との大腸癌診療の違いを踏まえたうえで標準治療の普及を目指したいと思います。
2009年6月30日

ガイドライン作成委員会
    委員長   
    固武 健二郎 栃木県立がんセンター外科[外科]
    副委員長   
    島田 安博 国立がんセンター中央病院第一領域外来部[内科]
    渡邉 聡明 帝京大学医学部外科[外科]
    委員(五十音順)   
    味岡 洋一 新潟大学大学院医歯学総合研究科分子・診断病理学分野[病理]
    板橋 道朗 東京女子医科大学第二外科[外科]
    伊藤 芳紀 国立がんセンター中央病院放射線治療部[放射線]
    上野 秀樹 防衛医科大学校外科学講座[外科]
    唐澤 克之 東京都立駒込病院放射線科[放射線]
    楠 正人 三重大学大学院医学系研究科消化管・小児外科[外科]
    坂井 義治 京都大学医学部附属病院消化管外科[外科]
    高橋 慶一 東京都立駒込病院外科[外科]
    田中 信治 広島大学大学院医歯薬学総合研究科内視鏡医学・病院/内視鏡診療科[内視鏡]
    冨田 尚裕 兵庫医科大学外科学講座[外科]
    濱口 哲弥 国立がんセンター中央病院消化器内科[内科]
    室 圭 愛知県がんセンター中央病院薬物療法部[内科]
ガイドライン評価委員会
    委員長   
    杉原 健一 東京医科歯科大学大学院腫瘍外科・教授,大腸癌研究会会長,前大腸癌治療ガイドライン作成委員会委員長[外科]
    委員(五十音順)   
    亀岡 信悟 東京女子医科大学第二外科・教授,前大腸癌治療ガイドライン作成委員会[外科]
    濃沼 信夫 東北大学大学院医療管理学分野・教授[医療管理学]
    澤田 俊夫 芝パーククリニック・顧問,大腸癌研究会倫理委員会委員長[外科]
    田尻 久雄 東京慈恵会医科大学消化器・肝臓内科・教授[内科]
    西村 元一 金沢赤十字病院外科[外科]
    兵頭 一之介 筑波大学大学院人間総合科学研究科臨床医学系消化器内科・教授[内科]
    武藤 徹一郎 癌研有明病院・名誉院長,前大腸癌研究会会長[外科]
    望月 英隆 防衛医科大学校病院・病院長,前大腸癌治療ガイドライン作成委員会委員[外科]
    山口 俊晴 癌研有明病院・消化器センター長,胃癌治療ガイドライン検討委員会委員長[外科]
協力者
    ・ガイドライン作成方法論   
    吉田 雅博 国際医療福祉大学臨床医学研究センター/化学療法研究所附属病院,日本医療機能評価機構医療情報サービス(Minds)
    ・文献検索   
    山口 直比古 東邦大学医学メディアセンター[司書]
    眞喜志 まり 首都大学東京図書情報センター荒川館[司書]
    山田 有希子 東京厚生年金病院図書室[司書]
    諏訪部 直子 杏林大学医学図書館[司書]
    ・ガイドライン作成補助   
    井上 靖浩  三重大学大学院医学系研究科消化管・小児外科[外科]
    川村 純一郎 京都大学医学部附属病院消化管外科[外科]
    松井 孝至  栃木県立がんセンター外科[外科]
事務局
    石黒 めぐみ 東京医科歯科大学大学院腫瘍外科
    安野 正道  東京医科歯科大学大学院腫瘍外科

 

書誌情報