ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2009年版

書誌情報
 
2009年版 あとがき



日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会 委員長
九州大学大学院臨床・腫瘍外科
田中雅夫

膵癌診療ガイドラインは初版を2006年3月15日に発行したが,同年の4月21日には早くも第1回の改訂委員会を北九州で開催した。委員は基本的に今回までは前回と同様としたが,転勤の関係で一部が交代した。その後,ガイドラインがひとまず普及したと思われる頃を見計らって日本膵臓学会会員にその評価を問いかけるアンケートを行い,その結果をまとめたデータをもって第2回委員会を2007年4月21日に青森で開催した。推奨のグレード分類をMindsのA,B,C1,C2,Dと分けた新しいものに変更することとして改訂作業を進め,第3回を2007年6月27日に福岡で,第4回を2008年1月19日に再び福岡で行って形を整えた。初版のときは公聴会を3回にわたって行ったが,改訂では2回でいいだろうということになり,2008年5月10日に福岡の第94回日本消化器病学会,同年7月31日に横浜の第39回日本膵臓学会大会で公聴会を開催した。さらに修正を加えて推敲したガイドラインを,日本膵臓学会のホームページ(http://www.suizou.org/)に2008年10月末より1カ月間公開し,最終版として整えた。診断と治療のアルゴリズムなどに変更はなかったが,内容では膵癌の危険因子にIPMNを主体とする膵嚢胞が追加された。これには綿密に経過観察された本邦からの結果が英文論文2編に報告されたことが役立った。また,放射線治療の項にかなりの追加改訂がなされた。
本改訂版は初版の不十分な点を改め,膵癌の診断と治療に関して最近の3年の間に得られた新しい知見を加えて改訂された。初版と本改訂版はほとんど同じ顔ぶれの委員会で担当したので,委員の方々には5年近くの長い間かかわっていただいたことになる。各種のガイドラインがほぼ出揃った現在と違い,当初は戸惑ったり,やり直したりしながらのこともありご苦労だったことと思う。次回からは半分あるいはそれ以上の委員に交代していただいて,新しい視点を入れての改訂にしたいと考えている。次の改訂時期は,改訂を要する進歩がどの程度の速度で蓄積されるかを見守りながら決定することになると思う。


平成21年8月31日    


 

書誌情報