ガイドライン

(旧版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2009年版

書誌情報
 
CQ5 補助療法



CQ5-2 膵癌の術中放射線療法は推奨されるか?

推奨
術中放射線療法の有効性を支持する十分なエビデンスはいまだに示されておらず,これが予後を改善させるか否かについては,今後の臨床試験や研究の蓄積によって明らかにされるべきである(グレードC1)


【エビデンス】
膵癌の術中放射線療法(IORT)については,国内外から臨床研究が複数報告されているが,検討の多くは術後化学放射線療法や化学療法を併用しており,レジメンも一定していない。唯一のランダム化比較試験(RCT)としてNational Cancer Institute(NCI)の検討が学会抄録で紹介されている。しかし,症例数が32例と少ないうえに周術期死亡が28%と高く,対照としたIORTを加えない群の多くに術後体外照射が追加されている。IORT群で対照群より平均無再発生存期間が長く(20カ月 vs.12カ月),局所再発率にも改善がみられたとされるが,平均生存期間に有意差はなく(12カ月),結果の詳細も不明である1)(レベルII)。国内では,拡大切除術にIORTを加えると予後が改善されたとする複数の報告がある2),3),4)(レベルIVb)。また海外でも,治癒切除された膵癌症例203例で,IORTが行われた127例と行われなかった76例で予後がStage別に比較された。その結果,Stage I,IIの膵癌ではIORTが予後を有意に改善したが,Stage III,IVでは効果がなかったと報告されている5)(レベルIVb)。しかし,これら以外の報告で,切除単独に比べてIORTを併用した場合に,有意差をもって生命予後が改善したという結果は得られていない6),7),8),9),10),11),12),13),14)(レベルIVb)。その後も国内を中心として,膵癌切除症例に対して切除単独と切除+IORTの比較を行った検討がいくつか報告されている15)16),17),18)(レベルIVb)19)(レベルV)。しかし,大部分の報告ではIORTが予後を有意に改善したというエビデンスは得られていない。国内で膵癌切除例に対するIORTの有効性に関して,多施設のランダム化比較試験が進行中である。


【明日への提言】
第1版以降の発表文献について,膵癌切除例の補助療法として術中照射(IORT)の有用性について検索を行ったが,有用性を示すだけの根拠がいまだ得られていない。現在,国内でRCTが進行中であり,その結果が待たれる。

【引用文献】
1) Sindelar WF, Kinsella TJ. Studies of intraoperative radiotherapy in carcinoma of the pancreas. Ann Oncol 1999;10:S226-S230.
2) Hiraoka T, Uchino R, Kanemitsu K, Toyonaga M, Saitoh N, Nakamura I, Tashiro S, Miyauchi Y. Combination of intraoperative radiation with resection of cancer of the pancreas. Int J Pancreatol 1990;7:201-207.
3) 平岡武久,金光敬一郎,辻龍也.膵癌切除例に対する術中放射線療法の評価.日外会誌 1997;98:628-632.
4) 岡本篤武,鶴田耕二,江川直人.治癒切除された膵頭部癌に対する術中照射療法の成績.膵臓 1997;12:407-413.
5) Reni M, Panucci MG, Ferreri AJ, Balzano G, Passoni P, Cattaneo GM, Cordio S, Scaglietti U, Zerbi A, Ceresoli GL, Fiorino C, Calandrino R, Staudacher C, Villa E, Di Carlo V. Effect on local control and survival of electron beam intraoperative irradiation for resectable pancreatic adenocarcinoma. Int J Radiat Oncol Biol Phys 2001;50:651-658.
6) 中迫利明,羽生富士夫,今泉俊秀,鈴木衛,原田信比古,羽鳥隆,新井俊男,広瀬哲也,大川智彦,喜多みどり,田中真喜子.膵頭部癌切除例に対する術中照射療法の検討.日臨外会誌 1992;53:549-556.
7) Zerbi A, Fossati V, Parolini D, Carlucci M, Balzano G, Bordogna G, Staudacher C, Di Carlo V. Intraoperative radiation therapy adjuvant to resection in the treatment of pancreatic cancer. Cancer 1994;73:2930-2935.
8) Fossati V, Cattaneo GM, Zerbi A, Galli L, Bordogna G, Reni M, Parolini D, Carlucci M, Bissi A, Staudacher C, Di Caro V, Calandrino R. The role of intraoperative therapy by electron beam and combination of adjuvant chemotherapy and external radiotherapy in carcinoma of the pancreas. Tumori 1995;81:23-31.
9) Ross HM, Kurtzman SH, Macauly WP, Allen LW, Foster JH, Deckers PJ. Resection for cure of adenocarcinoma of the head of the pancreas:the greater Hartford experience. Conn Med 1997;61:3-7.
10) Di Carlo V, Zerbi A, Balzano G, Villa E. Intraoperative and postoperative radiotherapy in pancreatic cancer. Int J Pancreatol 1997;21:53-58.
11) Dobelbower RR, Merrick HW, Khuder S, Battle JA, Herron LM, Pawlicki T. Adjuvant radiation therapy for pancreatic cancer:a 15-year experience. Int J Radiat Oncol Biol Phys 1997;39:31-37.
12) 藤川貴久,松末智,長谷川傑,浅生義人,加藤恭郎,高折恭一,西川俊邦,西村理,中村義徳,村上昌雄,黒田康正,武田博士.膵癌に対する術中放射線療法(IORT).天理医紀 1999;2:20-31.
13) 阿部哲夫,伊藤契,阿川千一郎,石原敬夫,小西敏郎.膵癌に対する術中照射療法の成績と合併症.日消外会誌 2001;34:459-464.
14) 砂田祥司,小関萬里,中場寛行,富永春海,谷口正彦,寺本成一,中前尚久,阪尾淳,佐藤公一,橋本泰司,野中健太郎,羽田良洋,宮田正彦.膵癌切除症例に対する術中照射療法の検討.広島医 2001;54:520-522.
15) Yamaguchi K, Nakamura K, Kobayashi K, Nakano K, Konomi H, Mizumoto K, Tanaka M. ERT following IORT improves survival of patients with resectable pancreatic cancer. Hepatogastroenterol 2005;52:1244-1249.
16) 空閑啓高,西原一善,松永浩明,末原伸泰,阿部祐治,井原隆昭,岩下俊光,光山昌珠.膵管癌切除症例における術中放射線照射療法の有用性.日臨外会誌 2006;67:2273-2279.
17) 平井隆二,渡辺啓太郎,佃和憲,高木章司,池田英二,森山重治,辻尚志,名和清人,古谷四郎.膵癌根治手術における術中照射併用の意義─なぜ術中照射併用を中止したか─岡山赤十字病医誌 2006;17:9-14.
18) 請井敏定,青木太郎,廣瀬創,文正浩,辻野督,小山太一,松本崇,上村佳央,金子正,小林研二.膵癌に対する切除兼術中放射線治療の検討.近畿中病医誌 2004;24:27-32.
19) Ihse I, Andersson R, Ask A, Ewers SB, Lindell G, Tranberg KG. Intraoperative radiotherapy for patients with carcinoma of the pancreas. Pancreatology 2005;5:438-442.



 

書誌情報