ガイドライン

(旧版)前立腺癌診療ガイドライン 2006年版

書誌情報
第3章 治療総論


7 各治療法の適応基準

(1)T1aN0M0

1)T1aN0M0,Gleason≦6
T1aの癌の多くが高分化型で前立腺に限局しており,大半がPSA監視療法以外に特に治療を必要としない。しかし,このような集団においても患者の年齢が低くなると(50〜60歳)期待生存期間が長くなるため,前立腺全摘除術や放射線療法等の根治療法を検討する必要がある。

2)T1aN0M0,Gleason≧7
PSA監視療法は選択肢の一つであるが患者の年齢が期待余命で15年以上ある場合には根治療法を考慮してもよい。

 

書誌情報