ガイドライン

(旧版)前立腺癌診療ガイドライン 2006年版

書誌情報
第7章 待機療法

 
CQ3  根治療法を前提としたPSA監視療法の対象となるような症例はどのような症例か?

推奨グレード B
Gleasonスコアが6以下でPSAが20ng/ml以下,臨床病期T1-2の場合には根治療法を前提としたPSA監視療法の対象になりうる。

 背 景
PSAという優れたマーカーを有している前立腺癌においては病期の推移を比較的細かくかつ正確にモニターすることが可能である。したがって限局性前立腺癌に対し根治療法を即座に施行せず,PSAでモニタリングしながらしかるべき時期に根治療法を施行しようという考えが生まれてきた。このような治療が適応となるのは当然生物学的悪性度の低い腫瘍が対象となるが臨床的なパラメータから本療法の適応となる基準につき検討した。

 解 説
Zietamanらは199名のT1-2,PSA<20ng/ml前立腺癌患者に対しPSA監視療法を施行した1)(III)。全体生存率は5年:77%,7年:63%,疾患特異的生存率は5年:98%,7年:98%であった。生存していてPSA監視療法を継続しているものは5年:43%,7年:26%であった。
Chooらは206名のT1b-2,PSA≦15ng/ml,Gleasonスコア≦7前立腺癌患者に対しPSA監視療法を施行した2)(III)。二次治療に移行したものは69名でそのうち癌が進行していると判断されたのは36名であった。PSA監視療法を継続したものは2年で67%,4年で48%であった。結論として注意深い観察により悪性度の高い癌に対して根治療法の機会を逸することなく,治療の必要性のない癌に対する過大治療を防ぐことができたとしている。
さらに大規模な前立腺癌患者のデータベースよりPSA監視療法を施行した症例の特徴につき解析した報告がいくつかみられる。
The cancer of the prostate strategic urological research endeavor(CaPSURE)のデータベースを用いた検討では4458名のうちPSA監視療法を選択した329名が対象となった。これらの背景因子としては75歳以上,白人種,PSA低値,Gleasonスコア7以下のものが多かった3)(III)
Department of defense center for prostate disease research databaseを用いた解析では1158名がPSA監視療法を施行されていた。PSA監視療法を施行した患者の背景因子としては高齢者,PSA低値,low stage,Gleasonスコアの低いことがあげられた4)(III)
以上,いずれの報告においてもPSA監視療法の対象としているのは臨床病期が早期でPSA値が低くかつGleasonスコアの低いものが対象となっている。データベースを用いた解析では高齢者の比率が高くなっているが,これは結果として高齢者が多くなったものと思われる。確かにPSA監視療法を選択する際には期待余命も重要な因子であり,期待余命が15年以上あるような場合のPSA監視療法の適応については慎重に考えるべきである。また適応を考える際には針生検での癌の広がり(生検の陽性本数が2本以下)を考慮の対象にしている報告も認められる5)(III)


 参考文献
1) Zietman AL, Thakral H, Wilson L, et al. Conservative management of prostate cancer in the prostate specific antigen era:the incidence and time course of subsequent therapy. J Urol. 2001;166(5):1702-6.
2) Choo R, Klotz L, Danjoux C, et al. Feasibility study:watchful waiting for localized low to intermediate grade prostate carcinoma with selective delayed intervention based on prostate specific antigen, histological and/or clinical progression. J Urol. 2002;167(4):1664-9.
3) Koppie TM, Grossfeld GD, Miller D, et al. Patterns of treatment of patients with prostate cancer initially managed with surveillance:results from The CaPSURE database. Cancer of the Prostate Strategic Urological Research Endeavor. J Urol. 2000;164(1):81-8.
4) Wu H, Sun L, Moul JW, et al. Watchful waiting and factors predictive of secondary treatment of localized prostate cancer. J Urol. 2004;171(3):1111-6.
5) Carter CA, Donahue T, Sun L, et al. Temporarily deferred therapy(watchful waiting)for men younger than 70 years and with low-risk localized prostate cancer in the prostate-specific antigen era. J Clin Oncol. 2003;21(21):4001-8.

 

書誌情報