ガイドライン

(旧版)前立腺癌診療ガイドライン 2006年版

書誌情報
第5章 放射線療法

 
F.陽子線および重粒子線治療
CQ5  〔効果と治療成績〕陽子線および重粒子線治療の治療成績はどのようなものか?

推奨グレード B
限局性前立腺癌に対する陽子線原体照射治療により良好な治療成績が得られる。
限局性および局所進行性前立腺癌に対する重粒子線(炭素イオン線)治療により良好な治療成績が得られる。ただし,リニアックなどの他の治療法との比較試験は施行されていない。
局所進行性前立腺癌に対する光子線照射および陽子線ブーストにより良好な治療成績が得られたが,光子線単独と比較して明らかに優れた成績ではなかった。

 解 説
T1-T2b前立腺癌に対する陽子線原体照射治療により,5年臨床的非再発率97%,PSA非再発率88%と報告されたが,リニアックなどの標準的治療との比較はなされていない1)(IV)。T1b-T3前立腺癌に対する重粒子線(重イオン線)治療により内分泌療法併用例も含めて,5年臨床的非再発率91.9%,PSA非再発率90.0%,疾患特異生存率87.7%と報告されたが2)(III),やはり他の治療法との比較試験はない。
T3-T4前立腺癌を対象として,光子線単独治療と光子線照射に陽子線ブーストを加えた治療との無作為化比較試験が行われた3)(III)。光子線および陽子線ブーストにより低分化癌症例の局所制御を向上させたが,生存率や非再発率の有意な改善は認められなかった。


 参考文献
1) Slater JD, Rossi CJ Jr, Yonemoto LT, et al. Conformal proton therapy for early-stage prostate cancer. Urology. 1999;53(5):978-84.
2) Akakura K, Tsujii H, Morita S, et al. Phase I/II clinical trials of carbon ion therapy for prostate cancer. Prostate. 2004;58(3):252-8.
3) Shipley WU, Verhey LJ, Munzenrider JE, et al. Advanced prostate cancer:the results of a randomized comparative trial of high dose irradiation boosting with conformal protons compared with conventional dose irradiation using photons alone. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 1995;32(1):3-12.

 

書誌情報