ガイドライン

(旧版)前立腺癌診療ガイドライン 2006年版

書誌情報
第5章 放射線療法

 
E.高線量率組織内照射(HDR),外照射併用療法
CQ4  〔内分泌療法の併用〕イリジウム192による高線量率組織内照射,外照射併用療法において内分泌療法の併用は有用か?

推奨グレード C
内分泌療法の併用を勧められるだけの根拠は明確でない。

 解 説
外照射併用イリジウム192による高線量率組織内照射は中-高リスク前立腺癌の治療手段の一つで内分泌療法との併用に関する報告は少ない。中―高リスク前立腺癌に対する放射線治療と内分泌療法の併用に関しては以下の論文1),2)(II)が代表的と考えられる。


 参考文献
1) Hanks GE, Pajak TF, Porter A, et al. Phase III trial of long-term adjuvant androgen deprivation after neoadjuvant hormonal cytoreduction and radiotherapy in locally advanced carcinoma of the prostate:the Radiation Therapy Oncology Group Protocol 92-02. J Clin Oncol. 2003;21:3972-8.
2) Pilepich MV, Winter K, John MJ, et al. Phase III radiation therapy oncology group(RTOG)trial 86-10 of androgen deprivation adjuvant to definitive radiotherapy in locally advanced carcinoma of the prostate. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2003;50:1243-52.

 

書誌情報