ガイドライン

(旧版)前立腺癌診療ガイドライン 2006年版

書誌情報
第4章 外科治療

 
CQ3  前立腺全摘除術においてPSA再発をきたしにくいという条件ではPSA<10ng/ml,Gleasonスコア7以下,T1c-T2bが推奨される。

推奨グレード B
米国を中心に膨大なデータが発表されており,上記の様な条件を有する前立腺癌は前立腺全摘除術においてPSA再発をきたしにくい予後因子として理解されている。

 背景・目的
前立腺全摘除術後,PSA再発は外科治療が不成功におわったらしいという証拠にはなるが,そのことが最終的な生存予後と直接関係するかどうかに議論があることはすでに解説した。逆にPSA再発をきたさない場合には外科治療が成功という証拠になりうるため,PSA再発をきたさないための予後因子が解析されている。

 解 説
大規模な症例数によるPSA再発のデータを以下にまとめた。ただしPSA再発の定義は様々である。これらの結果はすべてエビデンスのレベルは1),2),3),4),5)(III)である。おおよそ5年PSA非再発率は70-80%,10年PSA非再発率は50-70%程度と理解できる。
以上の大規模な症例報告の解析などから,PSA<10ng/dl,Gleasonスコア7以下,T1c-T2bが前立腺全摘除術の推奨される病態とされている。
EUAのガイドラインによると「T1c癌に対しては,そのほとんどは臨床的に意義のある癌である」ことが強調されており,「無治療で放置すべきではない」としている。T1c癌の30%は局所進行癌であり,このような状況から一般的には,T1cの症例に対しては前立腺全摘除術を勧めるべきと考えられる6),7),8)(III)。一方,T2癌で期待生存期間が10年を超えるような症例に対する前立腺全摘除術は推奨できる標準的な治療の1つであり,病理学的にも癌が前立腺内に限局しており,切除断端が陰性であれば,PSA非再発率は良好である9),10)(III)。低分化癌の多くは前立腺外に進展している危険があり適応には注意を要するが,前立腺内に限局している場合には低分化癌でもPSA非再発率は良好である11),12)(III)としている。
手術の適応の是非に関して,癌が前立腺の被膜内にとどまっているかどうかの判断が重要であるが,臨床病期診断については,ある程度の頻度でunderstaging, overstagingが起こりうる12)(III)。またはGleasonスコアは癌の進行に大きな影響を持つが11)(III),生検標本と摘出標本との間で常に信頼できる相関があるというわけではない。
いずれにしても前立腺全摘除術においてPSA再発をきたしにくい条件としてPSA<10ng/ml Gleasonスコア7以下,T1c-T2bを適応とすることがよいとする主張は理解できる。

報告 症例数 対象症例条件 平均観察機関(月) 5年PSA
非再発率
10年PSA
非再発率
  Catalona et al, 19941)   925 T1-2 28 78 65
  Trapasso at al, 19942)   601 T1-2 34 69 47
  Zinke et al, 19943)   3170 T1-2 60 70 52
  Han et al, 20014)   2404 T1-3 75 84 74
  Hull et al, 20025)   1000 T1-2 53 - 75



 参考文献
1) Catalona WJ, Smith DS. 5-year tumor recurrence rates after anatomical radical retropubic prostatectomy for prostate cancer. J Urol. 1994;152:1837-42.
2) Trapasso JG, deKernion JB, Smith RB, et al. The incidence and significance of detectable levels of serum prostate specific antigen after radical prostatectomy. J Urol. 1994;152:1821-5.
3) Zincke H, Oesterling JE, Blute ML, et al. Long-term(15 years)results after radical prostatectomy for clinically localized(stage T2c or lower)prostate cancer. J Urol. 1994;152:1850-7.
4) Han M, Partin AW, Pound CR, et al. Long-term biochemical disease-free and cancer-specific survival following anatomic radical retropubic prostatectomy. The 15-year Johns Hopkins experience. Urol Clin North Am. 2001;28(3):555-65.
5) Hull GW, Rabbani F, Abbas F, et al. Cancer control with radical prostatectomy alone in 1,000 consecutive patients. J Urol. 2002;167:528-34.
6) Elgamal AA, Van Poppel HP, Van de Voorde WM, et al. Impalpable invisible stage T1c prostate cancer:characteristics and clinical relevance in 100 radical prostatectomy specimens - a different view. J Urol. 1997;157(1):244-50.
7) Oesterling JE, Suman VJ, Zincke H, et al. PSA-detected(clinical stage T1c or B0)prostate cancer. Pathologically significant tumors. Urol Clin North Am. 1993;20(4):687-93.
8) Epstein JI, Walsh PC, Brendler CB. Radical prostatectomy for impalpable prostate cancer:the Johns Hopkins experience with tumors found on transurethral resection(stages T1A and T1B)and on needle biopsy(stage T1C). J Urol. 1994;152:1721-9.
9) Gibbons RP. Total prostatectomy for clinically localized prostate cancer:long-term surgical results and current morbidity. NCI Monogr. 1988;(7):123-6.
10) Pound CR, Partin AW, Epstein JI, Walsh PC. Prostate-specific antigen after anatomic radical retropubic prostatectomy. Patterns of recurrence and cancer control. Urol Clin North Am. 1997;24(2):395-406.
11) Ohori M, Goad JR, Wheeler TM, et al. Can radical prostatectomy alter the progression of poorly differentiated prostate cancer? J Urol. 1994;152:1843-9.
12) Lerner SE, Blute ML, Zincke H. Extended experience with radical prostatectomy for clinical stage T3 prostate cancer:outcome and contemporary morbidity. J Urol. 1995;154(4):1447-52.

 

書誌情報