ガイドライン

(旧版)前立腺癌診療ガイドライン 2006年版

書誌情報
第2章 診断

 
CQ2  PSAグレーゾーンの生検絞り込みに% free PSA,complexed PSAなどのPSA molecular formは有用か?

推奨グレード C
% free PSAやcomplexed PSAは一般臨床への運用を推奨する十分な根拠がない。

 背景・目的
PSAが4-10ng/mlにおける前立腺癌の陽性反応的中率(PPV)は約25-30%であるため,このPSAレベルの約70%の男性は不必要な生検を受けることになる。不必要な生検を回避する目的でPSA molecular formの有用性について研究されてきたが,EAUガイドライン(2003)ではグレーゾーンにおける前立腺癌と前立腺肥大症の鑑別における有用性が示唆されているものの,一般臨床への適応については合意が得られていない。その後のPSA molecular formに関する研究が,臨床的有用性に関する新たな知見を生み出したか否かを検証する。

 解 説
無駄な生検を減らすことは重要なことであるが,癌発見率を低下させる(癌を見逃す)のは問題がある。PSA molecular formが癌を見逃すことなく無駄な生検を減らすことができるかについては高いレベルのエビデンスがなく,一定の知見が得られていない。
% free PSAの有用性については,total PSA4-10ng/mlでは90%の感度で% free PSAはtotal PSAよりも特異度が18%上昇する(カットオフ17.1%)ことが示されているが1)(III),エビデンスレベルは低い。また,前立腺の良性疾患,癌の鑑別に有用であるが,カットオフの基準をどこにするかという問題が残されている2)(III)。さらに,測定上の問題(free PSAが測定キット間でばらつきがあり,% free PSAではもっとばらつきがでる。また,保存状況にかなり影響される)も指摘されている3)(III)。したがって,% free PSAの一般臨床への適応についての十分なエビデンスはない。
complexed PSA(cPSA)については,PSA(>4ng/ml)またはDRE異常所見の患者において,cPSA(カットオフ3.45ng/ml)が感度90%,total PSA(カットオフ4.0ng/ml)が感度80%で,統計学的には同等であった4)(III)。また,total PSA2.5-10ng/mlの患者において% free PSAはcPSAより優れ,% cPSAと% free PSAとは同等であり,cPSAはtotal PSAや% free PSAを上回るものではなかった4)(III)。ただし,cost-benefitの観点からは感度92%を基準とするならば,cPSA(カットオフ3.0ng/ml)はtotal PSA(カットオフ4.0ng/ml)に取って代わりうるとされている5)(II)。total PSA4.1-20ng/mlにおけるROC解析では,cPSAはtotal PSAよりAUCが大きく,% free PSAと同等であった。cPSAは癌検出に有用であるが,total PSA,% free PSAを超えるものではない6)(II)


 参考文献
1) Stephan C, Jung K, Cammann H, et al. An aritificial neural network considerably improves the diagnostic power of percent prostate-specific antigen in prostate cancer diagnosis:results of a 5-year investigation. Int J Cancer. 2002;99(3):466-73.
2) Gretzer MB, Partin AW. PSA markers in prostate cancer detection. Urol Clin North Am. 2003;30(4):677-86.
3) Oberpenning F, Weining C, Brandt B, et al. Combining free and total prostate specific antigen assays from different manufacturers:the pitfalls. Eur Urol. 2002;42(6):577-82;discussion 582.
4) Okihara K, Cheli CD, Partin AW, et al. Comparative analysis of complexed prostate specific antigen, free prostate specific antigen and their ratio in detecting prostate cancer. J Urol. 2002;167(5):2017-23;discussion 2023-4.
5) Ellison L, Cheli CD, Bright S, et al. Cost-benefit analysis of total, free/total, and complexed prostate specific antigen for prostate cancer screening. Urology. 2002;60(4 Suppl 1):42-6.
6) Saika T, Tsushima T, Nasu Y, et al. Prostate specific antigen complexed to alpha-1-antichymotrypsin in patients with intermediate prostate specific antigen levels. Cancer. 2002 15;94(6):1685-91.

 

書誌情報