ガイドライン

(旧版)有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン

書誌情報
添付書類2

 
添付書類2 追加文献(英8+和9)
No 著者 題名 雑誌 Volulme Page 発行年 追加源 方法 AF
31 Murakami R, et al. Estimation of validity of mass screening program for gastric cancer in Osaka, Japan. Cancer 65 1255-60 1990 委員会 X線 3
37 菅原伸之、他. 胃集検一次スクリーニング受診時における老年層の健康度に関する実態調査 日消集検誌 65 184-6 1992 委員会 X線 4
38 渡辺雄輝、他. バリウム製剤による上部消化管造影検査後にアナフィラキシー様症状を呈した1例 岩手県立病院医学会雑誌 39 37-41 1999 委員会 X線 4
39 佐野真、他. 上部消化管透視後に発生したバリウム腹膜炎の2治験例:本邦報告44例の検討 日本腹部救急医学会雑誌 15 423-7 1995 委員会 X線 4
41 丸山隆司、他. X線診断による臓器・組織線量,および集団実効線量. Radioisotopes 45 761-73 1996 委員会 X線 4
42 丸山隆司、他. 胃がん集団検診における臓器被ばく線量と実効線量. 厚生省がん研究助成金による諸臓器がんの集団検診の間に存する共通の問題点に関する研究 
平成5年度研究報告
    74-80 委員会 X線 4
43 小山一郎、他. X線透視系の被曝線量調査報告 日本放射線技術学会雑誌 53 609-20 1997 医療被ばくガイドライン X線 4
44 加藤英幸、他. 消化管X線検査における被曝線量の施設間格差の評価法 日本放射線技術学会雑誌 55 655-64 1999 医療被ばくガイドライン X線 4
62 Fraizer AG, et al. Effect of ranitidine bismuth citrate on postprandial plasma gastrin  and pepsinogens. Gut 34 338-42 1993 委員会 PG 4
63 Jansen JB, et al. Effect of long-term treatment with omeprazole on serum gastrin and serum group A and C pepsinogens in patients with reflux esophagitis. Gastroenterology 99 621-8 1990 委員会 PG 4
64 時枝正史、他. Helicobacter pylori 除菌後の血清ペプシノーゲン値の変化―除菌療法におけるマーカーとしての意義― 日本消化器病学会雑誌 92 1825-31 1995 委員会 PG 4
65 Biemond I, et al. Prospective study of the effect of gastrectomy with and without bile reflux on serum pepsinogens Digestion 44 124-30 1989 委員会 PG 4
66 村川満佐也、他. 腎機能とHelicobacter pylori感染が血清ペプシノーゲンに及ぼす影響 日本腎臓学会雑誌 41 399-405 1999 委員会 PG 4
67 Watabe H, et al. Predicting the development of gastric cancer from combining Helicobacter pylori antibodies and serum pepsinogen status: a prospective endoscopic cohort study. Gut 54 764-8 2005 HP再検索 HP 2
69 Miwa H, et al. Effectiveness of omeprazole-amoxicillin-clarithromycin (OAC) therapy for Helicobacter pylori infection in a Japanese population. Helicobacter 3 132-8 1998 HPガイドライン HP 11
70 Asaka M, et al. A multicenter, double-blind study on the triple therapy with lansoprazole/amoxycillin/clarithromycin for eradication ofHelicobacter pylori in Japanese peptic ulcer patients. Helicobacter 6 254-61 2001 HPガイドライン HP 11
71 Kato M, et al. Regional differences in metronidazole resistance and increasing clarithromycin resistance among Helicobacter pylori isolates from Japan. Antimicrob Agents Chemother 44 2214-6 2000 HPガイドライン HP 11

 

書誌情報