ガイドライン

(旧版)有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン

書誌情報
添付書類1

 
添付書類1 削除された104文献 (40+9+22+33)
No 著者 題名 雑誌 Volulme Issue Page 発行年
R19 鈴木荘太郎,他. 内視鏡検査前の有効性に関する研究-医療の安全管理と効率性に関する基礎的検討- 病院管理 41   41-51 2005
医719 林亨,他. 胃X線検査時における体位変換時の自律神経活動の変動
心拍変動解析による検討
日本消化器集団検診学会雑誌 42   25-32 2004.1
36 Barbosa, J Use of Helicobacter pylori-specific antibodies in the evaluation of intestinal metaplasia and gastric dysplasia. Br J Biomed Sci 60 4 175-9 2003
R3 折居正之,他. 一地域における消化器内視鏡関連偶発症の検討 日本消化器内視鏡学会雑誌 44 3 651-5 2002
669 由良明彦,他. 間接X線撮影法と血清ペプシノゲン測定法との同時併用による発見胃がんについて 日本消化器集団検診学会雑誌 40 6 533-41 2002.11
S354 佐々木 欣郎,他. 教室における検診発見胃癌の検討(第2報) 消化器集団検診 40   137-41 2002
医717 東山正子,他. 一職域における胃検診20年間の評価 北陸公衆衛生学会誌 28   69-75 2002.3
96 Chang, YW Role of Helicobacter pylori infection among offspring or siblings of gastric cancer patients. Int J Cancer 101 5 469-74 2002
124 Lambert, R Incidence and mortality from stomach cancer in Japan, Slovenia and the USA. Int J Cancer 97   811-8 2002
111 Arai, J Initial radiographic findings of early gastric cancer detected in health check programs and human "dry dock" (multiphasic screening) collective health checks and treated by endoscopic mucosal resection. Gastric Cancer 5   35-42 2002
613 金宣眞,他. 血清ペプシノゲン法による10年間の地域胃集検 胃検診の逐年検診と推移 日本消化器集団検診学会雑誌 39 5 403-8 2001.9
607 佐藤公彦,他. 受診間隔から見た集検発見胃癌の検討 日本消化器集団検診学会雑誌 39 3 227-30 2001
627 吉原正治,他. 血中ペプシノゲンによる胃癌検診法についての調査(第9報) 広島医学 54 12 978-81 2001.12
医615 築村哲人,他. 内視鏡による胃癌・食道癌検診の評価 日本がん検診・診断学会誌 8   42-45 2001
129 Miehlke S. Helicobacter pylori and gastric cancer:current status of the Austrain Czech German gastric cancer prevention trial (PRISMA Study). World J Gastroenterol 7   243-7 2001
585 齋藤洋子,他. 間接胃X線検査を用いた胃がん検診のメリット・デメリット 間接胃X線撮影における描出能・読影能からみた検討 日本消化器集団検診学会雑誌 38 5 571-8 2000.8
568 松本純一,他. 日帰り人間ドックにおける,ペプシノゲン法と直接胃X線検査法併用の有用性について 日本消化器集団検診学会雑誌 38 3 285-91 2000
医570 飯沼武 癌検診における死亡率減少効果の予測シミュレーション-消化器検診を中心に 日本消化器集団検診学会雑誌 38   259-65 2000.5
184 Kim, YS Efficacy of screening for gastric cancer in a Korean adult population: a case-control study. J Korean Med Sci 15   510-5 2000
196 Saito, K Effect of Helicobacter pylori eradication on malignant transformation of gastric adenoma. Gastrointest Endosc 52   27-32 2000
180 Akre, K Risk for gastric cancer after antibiotic prophylaxis in patients undergoing hip replacement. Cancer Res 60 22 6376-80 2000
S324 井上 和彦,他. 血清ペプシノゲン値で胃癌低危険郡の設定は可能か? 消化器集団検診 37 4 417-22 1999
S314 津熊 秀明,他. がん登録からみた胃がん医療の動向-死亡率減少効果について- 消化器集団検診 37 1 53-58 1999
医528 石野順子,他. 地域癌登録からみた検診発見胃癌死亡例の検討 消化器集団検診 37   48-52 1999
医527 依光幸夫,他. 内視鏡と血清Helicobacter pylori抗体の併用による胃粘膜状態の経時的評価 胃集団検診対象者の絞り込みを目指として 消化器集団検診 37   41-47 1999
医540 八重樫雄一 岩手県地域がん登録よりみたがん検診の効果について 岩手医学雑誌 50   769-77 1999.2
244 Portnoi, LM Gastric cancer screening in selected population of Moscow region : retrospective evaluation. Eur Radiol 9 4 701-5 1999
506 下保登喜夫 高知県医師会がん調査登録を用いて胃・大腸集団検診の評価 大和証券ヘルス
財団研究業績集
21   173-8 1998
医494 由良明彦,他. 職域胃集検における一次スクリーニング検査法の在り方と血清ペプシノゲン測定法の位置付け 消化器集団検診 36   221-6 1998
491 西沢護 胃癌の診断にX線検査は不要か 必須としない立場から 拾い上げ診断 胃と腸 33 4 599-608 1998.3
医489 松田徹,他. 地域がん登録を用いたがん検診の評価 癌の臨床 44   451-458 1998
254 Forbes, GM Treatment of Helicobacter pylori infection to reduce gastric cancer incidence: uncertain benefits of a community based programme in Australia. J Gastroenterol
Hepatol
13   1091-5 1998
275 Yoshihara, M Correlation of ratio of serum pepsinogen I and II with prevalence of gastric cancer and adenoma in Japanese subjects. Am J
Gastroenterol
93   1090-6 1998
医453 三重浩子,他. 胃集検における偽陰性癌の検討 消化器集団検診 35   237-43 1997.5
452 阿部慎哉,他. 胃癌のスクリーニング 胃集団検診における間接X線検査を中心に 消化器集団検診 35 3 232-6 1997.5
S260 中村 忠夫 守門村の胃癌ー第2報 高受診率地域の胃癌死の減少効果 消化器集団検診 35 1 69-74 1997
医434 黒石哲生 システムモデルを用いた胃集検の効果・効率化の検討 特に高齢者の特性分析 消化器集団検診 35   21-31 1997.1
56 白倉外茂夫,他. 胃癌手術例の予後の検討 集検発見胃癌と外来発見胃癌の比較 日本農村医学会
雑誌
35 5 891-7 1997.1
医459 掛井信行,他. 血清ペプシノゲン値による胃集検システムの効率化の検討 健康医科学研究
助成論文集
12   21-8 1997.3
291 Aoki, K Evaluation of cutoff levels for screening of gastric cancer using serum pepsinogens and distributions of levels of serum pepsinogen I, II and of PG I/PG II ratios in a gastric cancer case-control study. J Epidemiol 7   143-51 1997
298 Hanazaki, K Surgical treatment of gastric cancer detected by mass screening. Hepatogastroent
erology
44 16 1126-32 1997
295 Uemura, N Effect of Helicobacter pylori eradication on subsequent development of cancer after endoscopic resection of early gastric cancer. Cancer
Epidemiol
Biomarkers Prev
6   639-42 1997
319 Matsukuma, A A clinicopathological study of asymptomatic gastric cancer. Br J Cancer 74 10 1647-50 1996
医384 山崎秀男,他. 集検発見高齢者胃がんの予後に関する多施設共同研究 消化器集団検診 33   445-55 1995
胃12 細川 治,他. 胃癌診断方法の転換と胃集団検診 日消集検誌 33   195-8 1995
363 佐々木寿英,他. 胃がん手術例登録との照合による検診の精度評価 消化器集団検診 33 1 45-50 1995.1
S219 吉原 正治,他. 血清ペプシノゲン値による胃癌高危険群の集約効果 消化器集団検診 33 1 23-31 1995
S217 井上 義朗,他. 胃集検における胃癌高危険群の集約 消化器集団検診 33 1 9-13 1995
胃90 田中耕次,他. 高濃度バリウム使用における排泄と副作用の調査 消化管検診技術 9   48-55 1995
R10 鈴木 荘太郎 内視鏡検査前投薬の有無に関する自他覚的検討 Progress of
Digestive
Endoscopy
47   142-3 1995
胃25 坪野吉孝,他. がん検診におけるスクリーニング検査の感度の算出方法に関する検討 癌の臨床 41   756-64 1995
336 菅原伸之,他. 検診発見胃癌の予後に関する調査研究 仙台赤十字病院
医学雑誌
3 1 43-8 1994
373 飯沼武,他. 癌集団検診の放射線被曝による個人のリスク(余命短縮)の定量的評価 大和ヘルス財団
研究業績集
18   44-50 1994.3
347 鳥巣隆資,他. 発見胃癌からみた施設検診の意義 消化器集団検診 32 4 31-6 1994
348 飯沼武,他. 癌検診における死亡率減少効果の推定 消化器集団検診 32 4 7-13 1994.7
377 Liu, SF Esophageal balloon cytology and subsequent risk of esophageal and gastric-cardia cancer in a high-risk Chinese population. Int J Cancer 57 6 775-80 1994
295 佐々木寿英 新潟県における胃癌二次予防対策の評価 特に,胃集検の疫学的評価について 新潟県医師会報 515   2-12 1993
317 笹森典雄,他. 総合健診における血清ペプシノゲン検査の検討 胃癌スクリーニング方式の転換を目指して 日本総合健診医学会誌 20 3 343-354 1993
医306 細川治,他. 集検発見胃癌の時代的変貌 胃と腸 28   17-27 1993
256 加藤秀明,他. 胃がん検診カバー率と胃がん死亡率の相関 岐阜県吉城郡国府町における胃がん検診受診率増加の試み 岐阜県医師会医学雑誌 5 1 117-22 1992.6
S187 石野 順子,他. 胃集検の効果評価と救命効果についての考察 消化器集団検診 97   69-79 1992
291 三木信夫,他. 地域がん登録との照合による胃集検診断精度の検討 消化器集団検診 97   64-8 1992
262 石野順子,他. 胃集検発見進行胃癌の検討 消化器集団検診 95   70-7 1992.6
医264 細川治,他. 胃集団検診偽陰性進行胃癌の検討 消化器集団検診 95   64-9 1992.6
S170 佐藤 幸雄,他. 胃癌死亡減少に対する検診の寄与-地域がん登録による解析- 消化器集団検診 95   19-28 1992
251 志賀俊明,他. 間接受診者(地域住民)より細径パンエンドスコープで発見しえた胃癌の有病率からみた間接集検の評価 胃と腸 26 12 1371-85 1991.12
医235 中村忠夫,他. 守門村の胃癌 胃集団検診の効果 消化器集団検診 93   21-4 1991
224 草場威稜夫 胃集団検診における胃癌発見率の地域差 消化器集団検診 91   32-44 1991.6
S154 石野 順子,他. 胃集検による胃癌死減少効果の評価 消化器集団検診 91   11-22 1991
PDQ22 Staël von Holstein C, et al. Endoscopic screening during 17 years for gastric stump carcinoma. A prospective clinical trial. Scand J
Gastroenterol
26   1020-6 1991
医181 有末太郎,他. 長期予後調査からみた集団検診発見胃癌の特性に関する研究 大和ヘルス財団
研究業績集
14   1-7 1990
191 吉田裕司 胃集団検診時の間接X線撮影による一次スクリーニングの精度管理に関する研究 偽陰性例推定法の開発 消化器集団検診 88   139-141 1990.9
157 金城福則,他. 胃集検をさらに発展させるためには 沖縄県離島における上部消化管内視鏡集検成績の検討から 消化器集団検診 87   49-58 1990.6
医175 島田幸男,他. 集検発見胃癌の外科的検討 外来発見胃癌との比較 山口県医学会誌 23   55-61 1989
S112 佐々木 壽英,他. 胃集検の疫学的量的評価 消化器集団検診 83   89-96 1989
医130 石野順子 検診効果の評価に関する研究(第2報) 地域癌登録による胃集検受診集団発生胃癌の追跡調査 消化器集団検診 83   80-8 1989
128 相良安信,他. 胃集検の波及効果 消化器集団検診 83   11-5 1989.6
170 菅原伸之,他. 集検発見切除胃癌における相対生存率の年次的推移に関する調査研究 Oncologia 22 1 76-81 1989
S90 山崎 秀男,他. 胃集検における緩下剤 Sodium Picosulfate (PS-T) (錠剤型)の評価 消化器集団検診 79   68-73 1988
S100 大内 明夫,他. 高齢者胃癌の外科治療について 消化器集団検診 81   33-41 1988
胃59 有末太郎,他. 集検発見胃癌の特性ー主として相対生存率の検討から 癌と化学療法 15   929-36 1988
S80 重住 節子,他. 胃集検発見胃癌の内視鏡的逆追跡調査から見たDetectable Cancer 発生に関する研究 消化器集団検診 77   118-29 1987
医62 深尾彰,他. 胃集団検診の進行癌減少効果の評価に関するケース・コントロール研究 消化器集団検診 75   112-6 1987.6
医70 山田裕一,他. 職場における「胃集団検診」の評価 その効果と問題点 北陸公衆衛生学会誌 14   47-53 1987
医50 大島明,他. 胃がん死亡減少に対する胃集検の効果 患者対照研究の手法による評価 消化器集団検診 73   47-52 1986.12
S66 黒石 哲生,他. 胃集検の効果の疫学的評価 消化器集団検診 73   33-40 1986
S64 岡村 信一,他. 胃集検と胃がん死亡減少に関する研究-モデル町での検討- 消化器集団検診 73   16-25 1986
52 井上修一,他. 地域胃集検からみた胃癌死亡の減少 消化器集団検診 73   10-5 1986
41 久村正也,他. 胃癌死の実態からみた胃集検の効果 小規模職域胃集検の実施成績から 消化器集団検診 72   82-8 1986.9
S60 長沢 茂,他. 胃集検発見胃癌の遠隔成績とくにpm癌の術後再発要因についての統計学的分析 消化器集団検診 71   75-8 1986
医42 草加勝康 胃集団検診の疫学的評価に関する研究 消化器集団検診 71   62-9 1986.6
医44 志賀俊明,他. 間接X線診断精度の現状について 消化器集団検診 71   39-44 1986.6
36 生方享司,他. 効率的,効果的な胃集検のために ハイリスクグループと受診間隔の検討 消化器集団検診 70   28-36 1986
医34 手林明雄,他. 効率のよい胃集検について 消化器集団検診 70   13-9 1986
49 杉田暉道,他. 横浜市14区の成人病死亡量と健康診査との関連 公衆衛生情報 16 8 14-7 1986.8
医21
胃55
山崎秀男,他. 集検発見胃癌の15年相対生存率と死因分析 消化器集団検診 69   66-73 1985
医18 阿部陽介,他. 集検発見胃癌の相対生存率 特に病院外来発見胃癌との比較 消化器集団検診 69   57-65 1985
医32 黒石哲生,他. 胃集検の効果の疫学的評価 胃集検の高受診率地区と対照地区の胃がん死亡率の推移の比較 消化器集団検診 69   51-6 1985.12
S39 難波 美津雄,他. 教育における集検発見胃癌の検討(第一報) 消化器集団検診 67   41-4 1985
医3 河村奨,他. 一地域集検からみた胃集検効果 消化器集団検診 66   60-6 1985.3
S33 飯沼 武,他. 胃集検における利益と損失の再評価 消化器集団検診 66   5-13 1985
15 菅原伸之,他. 胃集団検診効果の評価に関する研究 胃癌の生存率からみた集検効果について 日本癌治療学会誌 20 7 1279-84 1985.8
497 McNeil, BJ Use of medical radiographs: extent of variation and associated active bone marrow doses. Radiology 156 1 51-6 1985
507 Viste, A Stomach cancer: major trends in incidence during introduction of gastroscopy service in Norway. Scand J
Gastroenterol
20 1 99-108 1985

 

書誌情報