ガイドライン

(旧版)有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン

書誌情報
IV.結果

 
1. 対象文献の集約

胃がん検診については、1985年1月1日から2005年2月28日まで、表4の検索式を用いて、MEDLINE 558文献、CINHAL 14文献を選択した。医学中央雑誌についても、表4の検索式を用いて、同様の期間の749文献を選択した。この他、ハンド・サーチにより、日本消化器集団検診学会誌385文献、胃と腸9文献の論文を抽出した。
これらの文献について、図2の過程を経て、集約を行った。抽出された候補論文について、胃がん検診レビュー委員会の委員が2人1組となり、抄録のチェックを行い、英文22文献、和文54文献が採用された。両者の評価が採用・非採用の不一致例267文献について、初回の抄録チェックを担当していない委員会メンバー2人の再評価を行い、英文10文献、和文53文献を追加採用とした。さらに、英文については、PDQ11)との照合を行い、3文献を追加採用とした。和文については、久道班第3版報告書8)との照合し、7文献を追加した。以上、英文35文献、和文114文献について、研究方法別のチェック・リストを用いて、胃がん検診レビュー委員会の委員が2人1組となり、論文レビューを行った。その結果、両者一致の採用は英文15文献、和文41文献であり、両者不一致例については再度委員が2人1組となり評価し、18文献を採用とした。英文17文献及び和文55文献をもとに、証拠をまとめるための再吟味を行った。この時点で、各種の併用法については、科学的根拠を示す論文がないことが判明したため、各種検査の併用法については、今回の検討では対象外とした。論文レビューを経て、最終的に証拠として採用に至らなかった論文104文献については、添付書類1に一覧表を示した。
最終的の論文の採用には、胃がん検診レビュー委員会の他、外部評価委員や胃がん検診ガイドラインフォーラムでの意見も参考とした。証拠をまとめる段階で追加されたのは、胃X線検査(直接撮影)の精度1文献、ヘリコバクターピロリ抗体の追加1文献と不利益に関する論文15文献であり、いずれも我が国における報告である(添付書類2)。英文8文献の内訳は、胃X線検査の精度1文献、ペプシノゲン法3文献、ヘリコバクターピロリ抗体4文献である。ヘリコバクターピロリ抗体については、除菌関連の論文のみが採用候補となっていたことから、追加検索を行い、あらたに1文献を採用とした。その手順は図3のとおりである。Helicobacter pylori 感染の診断と治療に関するガイドライン12)と照合を行い、除菌の不利益に関する論文3文献を採用とした。和文9文献の内訳はいずれも不利益に関するものであり、胃X線検査7文献、ペプシノゲン法2文献である。このうち、放射線被曝については、日本放射線技師会による医療被ばくガイドライン13)から関連の2文献を追加した。この結果、最終的に証拠のレベルと不利益の評価に用いた論文は56文献であった。これらの結果に基づき、各検診方法別の証拠のレベル、不利益を検討した。


表4 文献検索式(MEDLINE・CINHAL・医学中央雑誌)
検索エンジン Analytic Framework 検索式 文献数
MEDLINE 1・(9) 死亡率減少効果 (stomach neoplasms[majr] AND 1985:2005[edat] AND humans AND Journal
Article[pt] NOT review[pt]) AND (Mass Screening[mh] OR
mortality[sh])(Randomized Controlled Trial[pt] OR Clinical Trial[pt] OR
Randomized Controlled Trials[mh] OR Case-Control Studies[mh] OR Cohort
Studies[mh]) NOT ((clinical trials, phase i[mh] OR clinical trials,
phase ii[mh] OR clinical trials, phase iii[mh] ) OR ("Antineoplastic
Agents"[MeSH] OR "Antineoplastic Agents, Hormonal"[MeSH] OR
"Antineoplastic Agents, Alkylating"[MeSH] OR "Antineoplastic Agents,
Phytogenic"[MeSH] OR "Antineoplastic Combined Chemotherapy
Protocols"[MeSH] OR "Antineoplastic Protocols"[MeSH] OR
"Antimetabolites, Antineoplastic"[MeSH] OR "Antibiotics,
Antineoplastic"[MeSH] OR "Antineoplastic and Immunosuppressive
Agents"[MeSH] OR "Drug Resistance, Neoplasm"[MeSH] OR "Anticarcinogenic
Agents"[MeSH] OR "Biological Response Modifiers"[MeSH] OR
"Nimustine"[MeSH]) OR antibodies, monoclonal[mh] OR combined modality
therapy[mh] OR (carcinoma[mh] NOT (adenocarcinoma[mh] OR carcinoma in
situ[mh])) OR (classification[sh] OR chemistry[sh] OR psychology[sh] OR
surgery[sh] OR etiology[sh] OR (therapy[sh] NOT prevention and
control[sh]) OR (organization and administration[sh] NOT standards[sh] )
OR (statistics and numerical data[sh] NOT epidemiology[sh] )))
94
MEDLINE 3 検診方法 (stomach neoplasms[majr] AND 1985:2005[edat] AND humans NOT review[pt])
AND ((mass screening NOT genetic screening) AND (sensitivity and
specificity[mh] OR diagnostic errors[mh] OR Neoplasm Staging[mh]))
23
MEDLINE 4 胃X線検査不利益 (stomach AND 1985:2005[edat] AND humans NOT review[pt]) AND
((Photofluorography[mh] OR Fluoroscopy[mh] OR radiography[sh]) AND
Radiation Injuries[mh])
239
MEDLINE 4 胃内視鏡検査不利益 (1985:2005[edat] AND humans NOT review[pt]) AND ((Duodenoscopy[mh] OR
Gastroscopy[mh]) AND (Postoperative Complications[mh] OR Intraoperative
Complications[mh]) NOT Anastomosis, Surgical[mh])
MEDLINE 4 ペプシノゲン法
ヘリコバクタ・ピロリ抗体
不利益
(1985:2005[edat] AND humans NOT review[pt]) AND ((Helicobacter
pylori[mh] OR Pepsinogens[mh]) AND (diagnos* OR test) AND diagnostic
errors[mh])
MEDLINE 5・6 内視鏡的粘膜切除
(EMR)
(stomach neoplasms[mh] AND 1985:2005[edat] AND humans NOT review[pt])
AND ((Duodenoscopy[mh] OR Gastroscopy[mh]) AND intestinal mucosa[mh])
149
MEDLINE 7・8 外科手術 (stomach neoplasms[mh] AND 1985:2005[edat] AND humans NOT review[pt])
AND (mass screening AND (survival OR surgery) AND (comparative
studies[mh] OR evaluation studies[mh]))
17
MEDLINE 10・11・12 ヘリコバクタ・ピロリ除菌 (stomach neoplasms[majr] AND 1985:2005[edat] AND humans NOT review[pt])
AND (Helicobacter pylori[mh] AND eradication)
5
CINHAL     1 exp *stomach neoplasms
2 limit 1 to (research and english)
3 exp *stomach neoplasms
4 limit 3 to (research and english and yr=1985 - 2005)
14
医学中央雑誌   (胃腫瘍/TH or 胃がん/AL or 胃癌/AL or 胃ガン/AL) or ((胃/TH or 胃/AL or 十二指腸/TH or 十二指腸/AL) and (腫瘍/TH or がん/AL)) and (集団検診/TH or がん検診/AL or 癌検診/AL or ガン検診/AL or がん健診/AL or 癌健診/AL or ガン健診/AL) and (AB=Y) and (DT=1985:2005) not (PT=症例報告 or PT=特集 or PT=総説 or PT=会議録 or PT=図説 or PT=講義 or PT=解説 or PT=一般) and (DT=1985:2005) 749


図2 胃がん検診評価文献の選択過程
(注:文献抽出過程で重複分の整理を行ったことから、前後の数が必ずしも一致しない場合がある)


図3 ヘリコバクターピロリ抗体文献の追加検索
1)医学中央雑誌
ヘリコバクターピロリ抗体+検診 77文献
ヘリコバクターピロリ抗体+胃集検 8文献
ヘリコバクターピロリ抗体+胃がん検診 3文献

2)PubMed
Helicobacter pylori+screening+gastric cancer
(1985.1.1〜2005.6.30) 1,713 文献
採用2 文献:AF2(対象) 1 文献
AF2(対象)
Watabe H, Mitsushima T, Yamaji Y, Okamoto M, Wada R, Kokubo T, Doi H, Yoshida H, KawabeT,Omata M. Predicting the development of gastric cancer from combining Helicobacter pylori antibodies and serum pepsinogen status: a prospective endoscopic cohort study. Gut.2005;54:764-8.
 
3)Helicobacter pylori 感染の診断と治療のガイドライン
不利益3 論文 追加
副作用:2 文献
1) Miwa H, Ohkusa R, Murai T, Nagahara A, Yamada T, Ogihara T, Watanabe S, Sato N.
Effectiveness of omeprazole-amoxicillin-clarithromycin (OAC) therapy for Helicobacter pylori infection in a Japanese population. Helicobacter.1998; 3(2):132-8.
2) Asaka M, Sugiyama T, Kato M,Satoh K, Kuwayama H, Fukuda Y, Fujioka T, Takemoto T, Kimura K, Shimoyama T, Shimizu K, Kobayashi S. A multicenter, double-blind study on the triple therapy with lansoprazole/amoxycillin/clarithromycin for eradication of Helicobacter pylori in Japanese peptic ulcer patients. Helicobacter. 2001; 6(3):254-61.
耐性菌:1 文献
Kato M, Yamaoka Y, Kim JJ, Reddy R, Asaka M, Kashima K, Osato MS, El-Zaatari FA, Graham DY, Kwon DH. Regional differences in metronidazole resistance and increasing clarithromycin resistance among Helicobacter pylori isolates from Japan. Antimicrob Agents Chemother. 2000; 44(8):2214-6.
 

 

書誌情報