ガイドライン

(旧版)有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン

書誌情報
III.方法

 
4. 対象文献の選択

文献検索により抽出した文献の抄録について、胃がん検診レビュー委員会のメンバーが2人1組となり検討し、さらに両者の採否の評価を照合した。採否の判定や評価内容の不一致例は、胃がん検診レビュー委員会が採否の最終的決定を行った。さらに、採用文献を補足するために、久道班報告書第3版8)、及び米国NCI(National Cancer Institute)のデータベースPDQ(Physician Data Query)11)の引用文献との照合を行い、また胃がん検診レビュー委員会から情報を収集した上で、採用文献の追加、除外を行った。
抄録レビューにより抽出した文献については、胃がん検診レビュー委員会のメンバーが2人1組となり、研究方法別のチェック・リストを用いて、論文のレビューを行い、証拠として採用可能なものを絞り込んだ。また、最終的な論文の採用には、胃がん検診レビュー委員会の他、外部評価委員や胃がん検診ガイドラインフォーラムでの意見も参考とした。その結果を、各方法別に再検討した結果をエビデンス・テーブルとしてまとめ、検診方法別の証拠のレベルや不利益の判定を行った。

 

書誌情報