ガイドライン

(旧版)有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン

書誌情報
III.方法

 
3. 文献検索

MEDLINE、CINHAL、医学中央雑誌を中心に、1985年1月から2005年2月に至る関連文献を抽出した。この他、日本消化器集団検診学会誌、日本消化器内視鏡学会誌についてはハンド・サーチを行った。
胃がん検診による死亡率減少効果の判定には直接的、あるいは間接的証拠となりうる論文を採用し、臨床上の診断や治療の効果に関する論文は対象外とした。文献の採用・除外条件は以下のとおりである。ただし、ある検診方法について、除外条件に相当した論文であっても、他に根拠となる文献がない場合などは、採用することもありうる。その判断は、ガイドライン作成委員会やレビュー委員会で協議の上、採否を決定した。


1) 原著のみを対象とし、総説、その他の報告や資料などは除外する。ただし、メタ・アナリシスを含む系統的総括は検討対象とする。
2) 学会等のガイドライン関連の論文、国家機関・学会などの年報、統計集等は除外する。
3) 原則として無症状者を対象として検討したものに限定し、有症状者(外来受診者など)は除外する。
4) 発見率(数)に関する論文は除外する。特定の検診の実施及び未実施群の発見率(数)の比較検討も該当する。
5) 抄録のないものは除外する。ただし、日本消化器集団検診学会誌1985〜1997年発行35巻3号については学会誌の投稿条件として抄録(要旨)がなかったことから、各論文の「まとめ」あるいは「結論」を代用とした。

 

書誌情報