ガイドライン

(旧版)有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン

書誌情報
要旨

証拠のレベル

1) 胃X線検査には死亡率減少効果を示す直接的証拠を認めた。
2) 胃内視鏡検査及びペプシノゲン法には検査精度に関する間接的証拠を認めたが、死亡率減少効果を示す直接的証拠として、評価判定が可能な研究はなかった。
3) ヘリコバクターピロリ抗体については、検診としての有効性評価を行うための根拠となる研究はなく、また間接的証拠も、検査精度や除菌の効果など限定的であった。

 

書誌情報